page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オランダ 自転車 アムステルダム」の見どころ情報

オランダ 自転車 アムステルダムに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オランダ 自転車 アムステルダム」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果22

1 2 3 末尾 次へ


ミッフィーはオランダ語で「小さなうさぎ」を表す「ナインチェ」と呼ばれています。絵本の販売は全世界で8500万部に達する人気です。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムで子ども向けのお土産を選ぶなら、まずは『ミッフィーショップ (De Winkel van Nijntje)』がお勧めです。ディック・ブルーナの描くミッフィーは、1955年にオランダで最初の絵本が出版されて以来、世界中の子供たちに愛されてきました。ブルーナの故郷ユトレヒトには『ミッフィーミュージアム(Nijntje Museum)』があり、日本人観光客に人気のスポットです。ユトレヒトまで足を伸ばすことができなくても、アムステルダムの『ミッフィーショップ』で沢山のグッズを購入できます。ぬいぐるみや玩具はもちろん、ベビー・キッズ向けの小物や衣類、家具も充実しています。オランダ語版のミッフィーの絵本や、サッカーオランダ代表のユニフォームを着たミッフィーのぬいぐるみなど、ショップ限定のグッズもあります。オランダ生まれのミッフィーに、ぜひ会いに行ってみてください。

この記事の続きを見る


タリスやICEなど高速国際列車の切符も購入できます。切符購入の際はチャット・電話サポートも利用できます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
『NS Reisplanner』はオランダ鉄道(NS)が運営する、オランダとヨーロッパ圏の鉄道ルート検索サイトです。出発駅と到着駅、日付、希望の時間帯を入力すると、発着時刻、所要時間、乗換回数、運賃を確認できます。電車の種類(特急/普通)や車両数、Wifiやトイレ、サイレンス・ゾーン(お喋り禁止車両)の有無、座席予約が必要かどうかも調べられます。車両の外観や乗換のプラットホーム、途中駅を事前に確認できるので、乗換の際の不安も軽減されます。オプションで「座席予約不要」や「アクセシブル・トリップ」も指定できます。国内線・国際線ともに「Book now」からeチケットを購入できるのも便利です。◆NS Reisplanner https://www.ns.nl/en/journeyplanner◆iPhoneアプリhttps://apps.apple.com/nl/app/ns-reisplanner-xtra/id370362301◆Androidアプリhttps://play.google.com/store/apps/details?id=nl.ns.android.activity

この記事の続きを見る


チケットを使い切るだけで元がとれます。割引を利用すればさらにお買い得です。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダ全国の美術館やアトラクションの無料チケットと、レストランやショップで利用できるディスカウントカードを合わせた観光パスです。ガイドブックとシティマップが付いています。有効期間は1ヶ月間で、スモール(40ユーロ)/ミディアム(55ユーロ)/ラージ(75ユーロ)の3種類から選べます。80以上の美術館やアトラクションが「ゴールド」と「シルバー」にランク分けされ、パスの種類に応じて無料チケットの枚数が決まります(右図参照)。例えばスモールの場合、ゴールドの『アムステルダム国立美術館』と、シルバーの『レンブラントの家』を鑑賞し、さらにシルバーの運河クルーズを無料で楽しめます。アトラクションの選択肢は、『キューケンホフ公園』の散策、アムステルダム飾り窓地区のツアー、オランダ民族衣装を着ての記念撮影、レンタサイクルなどバラエティーに富んでいます。オランダパスは公式サイトから購入し、スキポール空港やアムステルダムのチケットオフィスで受け取ります。パスと併せて、オランダ国内の電車が乗り放題の1日乗車券(19ユーロ)や、アムステルダム中央駅からスキポール空港までの切符(4.2ユーロ)も購入できます。

この記事の続きを見る


暗くて寒い冬の街をカラフルに明るくする光のアート作品。2017-2018年のフェスティバルには、ドイツ、イギリス、コソボ、ロシア、カナダ、アメリカ、オーストラリア、日本、中国など世界各国からの作品が展示されている。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムでは年に一度、年をまたいでアムステルダム・ライトフェスティバルが開催されています。2017年で6回目を数え、近年は年末年始の風物詩になりました。中心街のあちらこちらに光のアート作品が設置され、クリスマスや新年のイルミネーションとともに冬の街を明るく彩ります。作品はオランダ国内外のアーティストやデザイナー、建築家から募集され、フェスティバルの審査員により選定されます。2017-2018年のテーマは 'Existential' 。世界93カ国から1800点の応募があり、40点が選ばれました。作品は全て屋外に設置されているので、無料で鑑賞することができます。

この記事の続きを見る


Photo:
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダム国立美術館は、中世から現代にわたる8000点の芸術品を収蔵するオランダ最大の美術館です。レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など黄金時代の絵画が充実しています。赤レンガの美しいネオルネサンス様式の建物は、オランダを代表する建築家ピエール・コイペルス(1827-1921)によって1876年に設計されました。2004年から行われた大規模な改修工事では、コイペルス建築が創建当時の姿に蘇ったほか、インテリアの壁や床、天井の装飾も見事に復元されています。かつて迷路のように入り組んでいた展示室もシンプルになり、歴史の流れに沿って鑑賞ができるようになりました。

この記事の続きを見る


オランダの有名シェフがプロデュースしたサンドイッチ
  • テーマ:
  • 世界のカフェ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
突然ですが、日本を訪れる外国人観光客に人気のスポットが「渋谷の交差点」というのはご存知でしょうか。彼らによると「交差点を行き交う人々の群れを見るのが大変興味深い」とのことです。日本人旅行者の場合も海外旅行先で「現地の人々の往来が見えるスポット」というのは興味深い場所ですよね。ユトレヒトの場合そのような場所はバイエンコルフの最上階にある「ザ・キッチン」でしょう。

この記事の続きを見る


アイントホーフェンで2012年に開通した世界初の自転車専用ラウンドアバウト『ホーフェンリング(Hovenring)』
  • テーマ:
  • ツーリング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダの自転車事情をテーマにした前回の記事に続いて、自転車大国オランダの環境への取り組みについてご紹介します。EUは2020年までに域内の最終エネルギー消費の20%を再生可能エネルギーで供給するという目標を設定しています。エネルギーの安全保障や経済効果だけではなく、CO2排出削減という観点からも、再生可能エネルギーへのシフトが推進されています。オランダ政府も1960年代より、自動車から自転車へのモーダルシフトを推し進めてきました。自転車専用レーンや駐輪場などのインフラ整備が大規模に行われ、自動車の増加を抑制する輸送構造計画(1988年)や、自転車通勤者の優遇税制(2001年)も打ち出されました。

この記事の続きを見る


バックフィーツ(Bakfiets)の直訳は「かご自転車」。子供や物の運搬に便利で都市部では人気が高い。
  • テーマ:
  • ツーリング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダは世界屈指の自転車大国です。総人口1600万人に対して自転車の総数が1800万台と、国民一人当たりの自転車保有率は世界一と言われています。平坦な地形や温暖な気候、充実したインフラなど好条件のもとで、昔から自転車は人々の重要な移動・運搬手段として用いられてきました。九州ほどの大きさの国土に張り巡らされた自転車専用道路は35,000km(日本では3,000km)で、国民の半数が毎日の通勤・通学に自転車を利用しています。自転車専用の信号機や道路標識、ラウンドアバウトも整備され、街中に駐輪スタンドが設置されています。電車にも自転車を持ち込むための専用車両があり、折りたたむ必要はありません。休日には長距離用ルートで本格的なツーリングを楽しむこともできます。

この記事の続きを見る


若者に人気のヨルダン地区
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダのアムステルダムは、川や運河の美しい町です。元は湿地だった土地に堤防を築いて、風車で川の水を汲みあげ、干拓地を作り、水路を掘って水をコントロールすると同時に、その土で埋立地をこさえていったのです。13世紀から連綿と続けられてきました。まさにオランダは、神に与えられた土地ではなく、オランダ人が自ら創った土地なのでした。17世紀のオランダ黄金時代には、貿易でアムステルダムの町が急速に発達します。今でもそんな時代の建物が肩を寄せ合うようにひしめいています。間口が狭いのは節税のため、やや前のめりに倒れているのは、上部の滑車で荷物を上の階に持ち上げるためだそうです。軟弱な地盤に立っているため、左右に傾いた建物も見かけますね。しかしそれらがミニチュアのように愛らしく、町を歩いているだけで楽しくなります。

この記事の続きを見る


芝生でくつろぐアムステルダムの人々
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムに数ある公園のなかで最も人気が高いフォンデルパーク。繁華街のライツェ広場やミュージアム広場のすぐ傍にあり、年間およそ一千万人の来園者が訪れます。百種類以上の樹々が生い茂り、緑のトンネルやバラ園、池に浮かぶ小島など訪れる度に新しい風景に出会えます。小動物や昆虫の生息地も保護されていて、春先になると日本では珍しいエジプトガンやバンの子育ても眺められます。住みよい環境のせいか、野生化したオウムが樹洞に住み着いたり、都会で探すのが難しいはずのコウノトリまで営巣しています。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オランダ 自転車 アムステルダムに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介