page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オランダ」の見どころ情報

オランダに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オランダ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果478

1 2 3 4 5 末尾 次へ


アムステルダムお墨付きのクラフトビール
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダといえばビール!と思い浮かぶ方も結構いるでしょう。アムステルダムではハイネケンのツアーが有名ですね。しかしハイネケンだけではなく、様々なクラフトビールの醸造所があるのもアムステルダム。そのうちの一つで有名なのがデ・プラエル(Brouwerij de Prael)でしょうか。デ・プラエルはアムステルダムでは老舗のクラフトビールで、17世紀のカナルハウス沿いにビアパブ&カフェ、醸造所、ショップを構えています。14世紀頃この地域には埠頭があり、ドイツからビールが輸入されていました。後にこの地域からアムステルダム初のビール醸造所が出来たとのことです。

この記事の続きを見る


オランダのお土産店にはカラフルな木靴が並び、キーホルダーや小物入れなど木靴型のグッズも人気です。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デルフト 
木靴 (klompen) はオランダの代表的な伝統工芸品です。最古の木靴は13世紀に遡り、19世紀に機械が導入されるまで職人が手作りしていました。農民や漁師たちに重宝され、重労働でも安全靴として使われました。手入れをしながら大切に履かれ、使い古した木靴は飼葉桶や巣箱、薪として再利用されます。数百年にわたり愛用されてきた木靴ですが、1950年代に革靴やゴム長靴が普及すると生産が急減し、現在ではわずか15軒ほどの工房が残るのみとなりました。かつて300人以上の木靴職人を擁したトゥエンテ地方のエンテルには『Skopke木靴博物館』があります。木靴や職人の道具が展示され、木靴製作の実演も行われています。ドレンテ州のエールデには『国際木靴博物館』があり、世界43カ国の木靴2200足や、欧州7カ国の木靴製作の道具数百点など、世界最大の履き物のコレクションを鑑賞できます。アムステルダム近郊の風車村ザーンセスカンスには『ザーンセスカンス木靴工房』があります。アムステルダム中央駅から約40分とアクセスが良く、木靴製作の実演を見学できるほか、木靴博物館やショップも楽しめます。ショップ前に置いてある巨大な木靴との写真撮影も人気です。

この記事の続きを見る


羽田にて。手前の日本航空機は移動中だが、奥の機体はお休み中
  • テーマ:
  • エアライン・空港
コロナ禍によって航空会社はどこも青息吐息である。国内需要は戻りつつあるが、国際線は壊滅状態である。日本の外務省は現在、世界の159の国と地域を渡航中止勧告のレべル3としているので(2020年10月現在)、海外旅行需要は皆無となっている。 現在日本の空を飛んでいるのは、コロナ以前の約70%の国内線とごく一部の国際線である。国際線に観光需要はほとんどなく、多くが海外駐在員の交代、日本で働く労働者の往来、配偶者など家族が外国人であるための往来で、留学需要すら大幅減となっている。 日本への国際定期便を少ない便数ながら運航しているのは、韓国、中国、香港、台湾、フィリピン、マレーシア、シンガポール、ニュージーランド、カタール、アラブ首長国連邦、オランダ、アメリカの航空会社程度で(2020年10月現在)、オーストラリアの航空会社すら日本へ飛んできていないのである。

この記事の続きを見る


ポツダムの夏は花盛り!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ポツダム 
ベルリンから電車で約30分の都市ポツダムは歴史を動かした「ポツダム会談」が行われた場所として世界的に有名です。また、旧市街のまわりには歴史的建造物のほかにも宮殿がある広大な庭園や湖があり、「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」としてユネスコの世界遺産にも登録されています。ポツダムのハイライトはやはりこの庭園で、夏は緑で生いしげり、綺麗に手入れされた花壇を花が埋め尽くします。美しい景観を楽しむ観光客だけでなく住民がピクニックをしたり、ひなたぼっこをしたりと思い思い過ごしている様子もみられ、人々の憩いの場になっています。

この記事の続きを見る


テイクアウトも充実
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
外食がちょっぴり高めのオランダ。長期旅行や学生旅行の場合、節約のためにポテトやハンバーガー、サンドイッチばかりでは飽きてしまいますよね。海外の和食は高いし、手ごろな中華はないかな?、と思う方も結構いると思います。しかしこちらの中華レストランは一皿の量が多く、個人旅行や少人数なので軽くいきたい、という方もいるでしょう。デンハーグにはそんな方にうってつけの中華食堂があります。

この記事の続きを見る


『真珠の耳飾りの少女』で描かれた耳飾りは、フェルメールの他の作品にも登場しています。左上から時計回りに『リュートを調弦する女』,
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
ヨハネス・フェルメール (1632 - 1675) はオランダの17世紀黄金時代を代表する画家です。麗しい光の描写と、巧みな構図で描かれた情景は、今なお観る者を魅了します。『真珠の耳飾りの少女』は1665年頃に制作された作品で、オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館 (Mauritshuis) に所蔵されています。少女がつける耳飾りは輪郭をもたず、光と陰影でその存在が示唆されています。透明感のある輝きはまるで本物の真珠のようですが、実はこの耳飾りは真珠ではありません。マウリッツハイス美術館は、17世紀に流行していたヴェニス製のガラスで作られた「真珠風」耳飾りだと説明しています。フェルメールの描いた耳飾りが天然真珠にしては大きすぎることや、当時の天然真珠がフェルメールの手には届かないほど高価だったことが理由に挙げられています。

この記事の続きを見る


オランダといえば自転車。「ホワイトバイク・ルーム」で旅の思い出をさらに印象深いものにできるでしょう。洗面台が窓際にあるのも新鮮です
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムにオランダの全国紙「de Volkskrant」本社があります。その元の本社ビルが改装されてホテル「Volkshotel」になり、人気です。比較的新しく、2014年夏にオープンしました。白いタイルの外観のため市民には「白鳥」と呼ばれ、一時は全国一モダンな新聞社ビルでしたが、40年以上を経て解体を予定するほどまでに老朽化しました。解体を待つまでの間、ここにクリエーターたちが入りオフィスとして使ったことがきっかけで解体は取り止めに。そして改装されました。大きい建物で、客室数は172です。デザイナーたちが特別にデザインした8種類のスペシャルルーム(定員2名)もあります。映画が見られる「シネマ・ブドワール」、白樺やハンモックがあり、浴室に植物が置かれていてキャンプの気分が味わえる「キャビン・イン・ザ・ウッズ」、自転車がコンセプトの「ホワイトバイク・ルーム」(壁にはバイク柄、ベッドはカーゴバイク(運搬用バイク)で車輪あり。市内散策のための白い自転車付き)など、どれも楽しい雰囲気が漂います。スタンダードタイプのダブルルームよりも値が張るものの、旅の思い出に変わったデザインの部屋もよいかもしれません。

この記事の続きを見る


コリアングッズも買える店内
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
2020年の日本では「愛の不時着」「梨泰院クラス」「ザ・キング:永遠の君主」「サイコだけど大丈夫」などの韓国ドラマが大流行。欧州のネットフリックスでも、多くの韓国ドラマが視聴できます。筆者の知人のオランダ人の中にも、母娘で「愛の不時着」にハマった人達がいました。ヒョンビン沼は年齢・国籍・人種を問わないようです。現在の韓流は、日本やアジアに限らず世界的なブームなのが大きな特徴です。そしてK-POPの代表格では、言わずと知れたBTSでしょう。2018年のBTSのワールドツアー(Love Yourself World Tour)、ヨーロッパではイギリス、ドイツ、フランス、オランダで行われました。オランダでは、10月13日にアムステルダムのZiggo Dome(ジッゴドーム)で開催。ジッゴドームはロンドンのウェンブリーなどと同様、ライブ会場としてはヨーロッパで有数の規模を誇ります。

この記事の続きを見る


『アンネの日記』はアウシュヴィッツ強制収容所を生き延びた父親オットーの尽力によって1947年に出版されました。およそ70の言語に翻訳され世界中で読み継がれています。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アンネ・フランク(1929-1945)はドイツのフランクフルト生まれのユダヤ人の少女です。ナチスのユダヤ人迫害から逃れるためにオランダへ一家で亡命し、さらに第二次世界大戦中にドイツ軍がオランダを占領すると、ユダヤ人狩りを避けて隠れ家に身を潜めました。狭い隠れ家で8人のユダヤ人が、日々ナチスの影に怯えながら、実に2年間にわたる共同生活を送りました。多感なアンネは日常の出来事から反戦平和の理想まで、隠れ家での悲喜こもごもを日記に綴っています。「私は、混乱、悲惨さ、死、を礎にして希望を築くことはできません。私は…平和と平穏が再び訪れると思います」アンネは絶望の中に希望を見出し、平和な日常が戻ると信じていました。また、自分がユダヤ人というだけで差別されるとに心を痛め、切実な訴えを書き残しています。「私が私として生きることを、許してほしい」寛容の精神で知られていたオランダですら、ユダヤ人を守ってはくれませんでした。隠れ家は密告され、アンネは姉のマルゴーとともに移送されたベルゲン・ベルゼン強制収容所で、チフスに罹患し15歳で命を落としました。1945年2月、ドイツ降伏の3ヶ月前のことでした。

この記事の続きを見る


発想力豊かなダッチデザインの雑貨は見ているだけでも楽しまめす。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダ人デザイナーが手がけるプロダクトや建築は「ダッチデザイン」と呼ばれ、国際的にも高く評価されています。革新的なコンセプトに基づいた、シンプルで斬新、ユーモラスなデザインが特徴です。『I amsterdam webshop(アイ・アムステルダム・ウェブショップ)』では、ダッチデザインの雑貨やアムステルダム発のプロダクトを、日本にいながら購入できます。シャンプーの空容器で使るボートの玩具(写真01)、ピート・モンドリアンの『コンポジション』柄の紙製花瓶(02)、持ち運びに便利な組み立て式のボール(03)、バイオプラスチックを材料に3Dプリンターで作られた花瓶(04)、壁にドリルで穴を開ける必要がない吸盤フック(05)、保温性に優れた羊革のシャンパンクーラー(06)など、ウイットの効いた商品が揃っています。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オランダに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介