page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オランダ」の見どころ情報

オランダに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オランダ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果432

1 2 3 4 5 末尾 次へ


「アンネの日記」は1947年にオランダ語で出版され、60以上の言語に翻訳されています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムにある隠れ家といえば、世界的にも有名な『アンネ・フランクの家 (Anne Frank Huis)』です。第二次世界大戦中の1942年から約2年間、ナチスの迫害を逃れるために、アンネの家族や知人ら8人が暮らしていた隠れ家が、博物館として公開されています。回転式の本棚で隠された入口の向こうには、当時の生活が偲ばれる家具や調度品がそのまま残り、「アンネの日記」が綴られた屋根裏部屋も保存されています。穏やかな光が降りそそぐ室内に佇むと、ある日突然ゲシュタポに踏み込まれ、強制収容所に送られたアンネの不運に胸が締め付けられます。オランダには『アンネ・フランクの家』の他にも、数々の隠れ家がありました。ナチスのユダヤ人迫害に抗議したオランダ人が、ユダヤ人をかくまっていたのです。『アンネ・フランクの家』では、ユダヤ人迫害の歴史や人種差別に関する展示も行っています。

この記事の続きを見る


クールなインテリアデザインの児童室
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダの首都であり、旅行者にとっては観光のハイライトでお馴染みのアムステルダム。有名な観光スポットは世界遺産でもある環状運河内に多々ありますが、新興開発地区にも意外な穴場が結構あるのはご存じでしたか?アムステルダム中央駅の東側、NEMOこと科学技術博物館の対岸にあるオーステルドク地区。オランダらしい大胆でモダンな建築が並ぶエリアです。オーステルドクの一端にそびえる威風堂々とした高層建築。ファッションビルのような趣ですが、実は公立図書館「アムステルダム中央図書館」なのです。

この記事の続きを見る


ミッフィーはオランダ語で「小さなうさぎ」を表す「ナインチェ」と呼ばれています。絵本の販売は全世界で8500万部に達する人気です。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムで子ども向けのお土産を選ぶなら、まずは『ミッフィーショップ (De Winkel van Nijntje)』がお勧めです。ディック・ブルーナの描くミッフィーは、1955年にオランダで最初の絵本が出版されて以来、世界中の子供たちに愛されてきました。ブルーナの故郷ユトレヒトには『ミッフィーミュージアム(Nijntje Museum)』があり、日本人観光客に人気のスポットです。ユトレヒトまで足を伸ばすことができなくても、アムステルダムの『ミッフィーショップ』で沢山のグッズを購入できます。ぬいぐるみや玩具はもちろん、ベビー・キッズ向けの小物や衣類、家具も充実しています。オランダ語版のミッフィーの絵本や、サッカーオランダ代表のユニフォームを着たミッフィーのぬいぐるみなど、ショップ限定のグッズもあります。オランダ生まれのミッフィーに、ぜひ会いに行ってみてください。

この記事の続きを見る


巨匠の名を抱くポテト
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
オランダやベルギーを旅した人なら必ず目にするスナックがありますよね。それはフライドポテト。現地ではフリッツと呼ばれています。必ず付くのがマヨネーズ。しかしやはり現地ではフリッツソースと呼びます。このソースをディップにフリッツを食べるのです。フライドポテトにマヨネーズを出すお店は日本でも最近増えてきましたが、こちらでは昔からの一種の伝統です。ちなみに食事で出されるフリッツことフライドポテトは付け合わせではなく主食です。オランダやベルギーのレストランのディナーなどで「あれ?ポテトはあるけどパンやご飯はどこに?」と戸惑う旅行者もいますが、この場合フライドポテトがご飯やパンの役割を担っているのです。立ち食いフリッツもスナック感覚で食べる他に「今日のお昼はフリッツ」という具合に現地の人は昼食感覚で食べることもあります。日本でいえば、おにぎりや焼き芋を食べるようなものでしょう。

この記事の続きを見る


タリスやICEなど高速国際列車の切符も購入できます。切符購入の際はチャット・電話サポートも利用できます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
『NS Reisplanner』はオランダ鉄道(NS)が運営する、オランダとヨーロッパ圏の鉄道ルート検索サイトです。出発駅と到着駅、日付、希望の時間帯を入力すると、発着時刻、所要時間、乗換回数、運賃を確認できます。電車の種類(特急/普通)や車両数、Wifiやトイレ、サイレンス・ゾーン(お喋り禁止車両)の有無、座席予約が必要かどうかも調べられます。車両の外観や乗換のプラットホーム、途中駅を事前に確認できるので、乗換の際の不安も軽減されます。オプションで「座席予約不要」や「アクセシブル・トリップ」も指定できます。国内線・国際線ともに「Book now」からeチケットを購入できるのも便利です。◆NS Reisplanner https://www.ns.nl/en/journeyplanner◆iPhoneアプリhttps://apps.apple.com/nl/app/ns-reisplanner-xtra/id370362301◆Androidアプリhttps://play.google.com/store/apps/details?id=nl.ns.android.activity

この記事の続きを見る


アムステルダムの運河に映える壮麗な建築
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
2016年にオープンした西モスク(Westermoskee)は、アムステルダムの西地区にあるトルコ様式のモスクです。シンケル運河の水面に映える壮麗で印象的な外観は、モスクでありながら実に見事にアムステルダムの風景に溶け込んでます。こちらのオランダ最大級のモスクは、オスマントルコの伝統建築様式で建てられましたが、設計者はフランス人建築家夫婦です。そして特筆すべきは外壁。オランダの光景にフィットするのは、オランダのレンガを使用しているためです。

この記事の続きを見る


ビネンホフ近くのハッピートスティ
  • テーマ:
  • 世界のカフェ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
オランダ王室の所在地であり、行政の中心であるデン・ハーグ。官庁でもあるビネンホフ近辺には、気取ったショップやカフェ、レストランなどをよく見かけます。 さて最近のオランダでは素材にこだわり、地球に優しいコンセプトのレストランやカフェが脚光を浴びています。ビネンホフの近くにあるハッピー・トスティ(Happy Tosti)もそんなお店のうちの一つでしょう。

この記事の続きを見る


オランダのドロップは日本語のドロップの語源とされています。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
【前編】の続きです。オランダのスイーツのうち、最もユニークな見た目と味を持つのがドロップ (drop) です。リコリスと塩化アンモニウムで味付けされ、北欧ではサルミアッキと呼ばれます。生薬としても使われるリコリスには抗炎症作用等があり、ドロップには咳を鎮める効果もあります。オランダでは子供から大人まで幅広く愛されているスイーツですが、外国人の間では「世界一まずい」と話題になることもしばしばです。カーボンブラックで着色された真っ黒な見た目、強い塩味とアンモニア臭、タイヤのような食感は、美味しい!といただくことが難しいです。ただし、色々な種類を食べ比べているうちに、美味しいと思えるドロップが見つかったり、次第にそのクセのある味にはまったり、ドロップには奥深い魅力があります。とりあえずは「世界一まずいキャンディー」として日本に持ち帰り、「やっぱりまずい!」と皆で笑ってお土産話に花を咲かせるのも楽しいかもしれません。

この記事の続きを見る


EUへの入国には、あらかじめ手続きが必要に
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
日本のパスポートを持っていると、多くの国々へビザなし渡航ができます。とても便利ですね。ところが、基本的にビザは必要ないのだけど、事前に渡航申請が必要な国があります。一番有名なのは、アメリカですね。アメリカの渡航認証システム、ESTA(エスタ)はよく知られています。渡航前に、パスポート情報などをオンラインで訪問国に送っておく必要があります。その他には、カナダのeTA(イータ、イーティーエー)があります。こういったシステムがある国に行くには、日本出発までに、渡航認証システム経由で申請をしておかないと、飛行機にすら乗れません。それと似たものが、EUにも導入されることになりました。予定では、2021年に導入とのことです。まだ時間がありますが、あらかじめ知っておいて、来たるときに備えましょう!

この記事の続きを見る


程よい硬さのワッフルと香ばしいキャラメルがクセになる美味しさです。食べやすい一口サイズのパッケージも人気です。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
ストロープワッフル (stroopwafel) は、薄焼きにしたワッフルの間にキャラメルシロップを挟んだオランダ発祥のお菓子です。昔懐かしい美味しさで、日本人の口にも良く合うことから、オランダ在住日本人がお勧めするお土産に必ずランクインする逸品です。19世紀初頭のゴーダの街で、とあるパン職人が残り物でお菓子を作ったのがストロープワッフルの始まりです。当初「貧乏人のクッキー」と呼ばれたストロープワッフルは、やがてゴーダ以外の街にも広がり、20世紀には工場で大量生産されるようになりました。スーパーに並ぶストロープワッフルには、チョコレートやハチミツ、イチゴ、マンゴー、ラベンダーなど様々なフレーバーがあります。温かいコーヒーカップにのせて、キャラメルを柔らかくしてから食べるのがアムステルダム流です。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オランダに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介