page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オリンピア ギリシャ 観光」の見どころ情報

オリンピア ギリシャ 観光に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オリンピア ギリシャ 観光」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果15

1 2 末尾 次へ


古代ギリシャの大理石採石場
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
パロス島で古代ギリシャの歴史に触れたい方にお勧めの重要な遺跡となると、有名なパロス島の大理石の採石場の遺跡が唯一のものとなります。この大理石採石場の遺跡はマラシ(Marathi)村にあります。管理している地元の村の方が、大理石でお土産物を作って販売しているのですが、その方から聞いた話では、地下に掘られた採石場では透明度が高く光を通す大理石が採れ、地上の採石場の方で採れる大理石は透明度のあまりない白い大理石で、品質に違いがあるということです。せっかく採石場に行ったら、地下に続く採石場の入り口まで下りていってみたくなると思うので、歩きやすい靴とそしてなるべく明るい懐中電灯を用意して行ってください。

この記事の続きを見る


Arachova(アラホヴァ村)。冬の観光地として人気のある山間部の村々では、こういった石造りの家並みが魅力的です。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
ギリシャ人にとっての冬のバカンスの定番とは、山間部の村で、美味しい山の幸を食べたり、暖炉で暖まりながらゆったり過ごすものです。あるギリシャのサイトで冬期のギリシャ観光地ベスト100というのが取り上げられていたので、そこからトップ10を紹介したいと思います。1位はスキー場で知られるパルナソス山!ギリシャ人に大人気の冬の観光地です。2位はペロポネソス半島のモネンヴァシア。ビザンチン時代の家並みを残し、美しい海に囲まれた大変印象深い場所で、夏も冬も人気があります。3位はペロポネソス半島の真ん中あたり、伝統的な石造りの家並みが美しい標高950mのDimitsana(ディミチャーナ)村。4位は有名な古代遺跡のあるデルフィ。5位は1位のパルナソス山にいく人々がよく滞在するアラホヴァ村となっています。

この記事の続きを見る


ハルキディキ、カサンドラ半島のカリテア(Kallithea)・ビーチ。 見渡す限り、真っ白な美しい砂浜が広がります。
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/テサロニキ 
ハルキディキといえば、ギリシャでは美しい海で知られる有名な夏のリゾート地の一つです。フォークのように先が3つに分かれた半島は、下からカサンドラ、シトニア、アトスと呼ばれています。ビーチに観光客が集まるのが、カサンドラとシトニア。5月後半から、ロシア人を中心に外国人が大勢訪れ始めるハルキディキのビーチでは、リゾートホテルや大きなナイトクラブなどが並び、ナイトライフが充実していることでも知られています。なんといっても、白い砂浜に映える海の色と透明感が魅力的で、一度は訪れてみたいビーチです。そしてこの二つの半島と全く違う趣きのアトス半島は、世界遺産に指定されている、ギリシャ正教の聖地です。絶対に女人禁制で事前許可をとった男性しか入ることができません。歴史のある修道院に泊まりながら周ることができ、男性であれば必見の地です。

この記事の続きを見る


サントリーニ島の断崖上から眺める景色。
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
先日、2016年の復活祭(2016年のギリシャの復活祭は5月1日です。)から夏にかけて、ギリシャ全土の主要遺跡と博物館に、WI-FIを設置して、観光客が無料でインターネットを使えるようになると発表されました。まず、サントリーニのアクロティリ遺跡、ミコノスからアクセスできるディロス島、ロードス島の騎士団長の館、アテネのビザンチン&クリスチャン博物館に設置されます。その後、アテネのアクロポリス、ロードス島のリンドスのアクロポリス、クレタ島のクノッソス遺跡やイラクリオンの考古学博物館、古代デルフォイの遺跡、エピダウロスの考古遺跡、ミケーネの古代遺跡、古代コリントス遺跡、古代オリンピア遺跡などに設置される予定となっています。

この記事の続きを見る


前方はマケドニアのフィリッポス2世が建て始め、アレクサンダー大王が完成させたといわれるフィリピオン跡。後方は近年オリンピックの聖火をともす式典が行われている、ヘーラーの神殿跡。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/オリンピア 
オリンピアは、紀元前3000年代にも遡って人が住んでいた跡が見つかっているそうですが、広く知られるようになったのは、オリンピックが始まる以前、ゼウス信仰の聖地として各地から巡礼者が訪れるようになったころです。残念ながら現存していませんが、古代ギリシャの有名な彫刻・建築家、ペイディアス作の巨大なゼウス像は、当時の世界の七不思議のひとつとして知られていました。今も遺跡に残る、このゼウス像が飾られていたゼウス神殿跡は、崩れ落ちた柱の石の巨大さからも、当時の様子を彷彿させてくれる見所のひとつです。もちろんオリンピックを思い起こさせる競技場跡や、ペイディアスの仕事場跡など、見所はいろいろあるので、ぜひゆっくりと遺跡内を散策して、かつての古代オリンピアの町を想像してみてください。

この記事の続きを見る


オリンピア国古学博物館所蔵の傑作、「赤子のディオニソスをあやすヘルメス像」の美しさは、誰をも魅了します。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/オリンピア 
古代オリンピアの遺跡の正面に位置する、考古学博物館。遺跡から発見された、それは素晴らしい大理石の彫像や銅製の像、鎧兜、ガラス製品などが、驚くほどたくさん展示されています。博物館の中は真夏もエアコンが効いているので、遺跡見学で疲れた後でもゆったりと見学することができます。まず、古代オリンピアの遺跡を訪れたい方は、絶対に博物館を見学する時間を確保できるよう、スケジュールを組むことをお勧めします。ここを見て初めて、古代オリンピアの町の様子を想像することもできるので、遺跡を見る前に博物館に行くとよいかもしれません。また、動物の像や鎧など、子供でもわかりやすいものがたくさんあって、小学生以上のお子様連れの旅行でも楽しめると思います。

この記事の続きを見る


ミケーネ遺跡の獅子の門。
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
2014年春・夏シーズンはギリシャを訪問する観光客の大幅な増加が見込まれています。それにあわせて、4月より、主要博物館や、33箇所の遺跡において、月曜日から日曜日の週7日すべて、朝8時から夜8時まで(最終入場時間は7時半まで)を開館時間とする、という観光客にとっては大変便利な新スケジュールが発表されました。ちなみに、2013年にギリシャを訪れた観光客1780万人のうち、遺跡や博物館を訪れた総数は約1200万人だったそうですが、この2014年はそれを超えて記録的な数になる予想です。

この記事の続きを見る


大型クルーズ船と海を眺めるだけでも素敵な雰囲気を味わえる、カタコロンの港
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/オリンピア 
ギリシャをクルーズで訪れる場合、イタリアから南下してまず訪れるのがこのカタコロン港です。ここからは古代オリンピアの遺跡が35kmほどの距離にあり、大型のクルーズ船が毎日のように停泊しています。クルーズでは遺跡を訪れるバスツアーに参加できます。カタコロンからバスで40分ほどのオリンピア遺跡でも、近くの村で食事やお土産もののショッピングは楽しめますが、内陸部のオリンピアに比べ、カタコロンは新鮮な魚が採れるのでギリシャらしいシーフードを食べたい方はカタコロンでのお食事がお勧めです。海沿いにカフェやレストランが立ち並んでいて、海とクルーズ船を眺めながらおいしい食事を楽しむことができます。

この記事の続きを見る


グレコテル・ラコーペトラのプライベートビーチ
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
英語のALL INCLUSIVE、つまり、「全部含まれています」、という意味で使われるギリシャ各地の観光地のホテルのパッケージについて、今回はご紹介したいと思います。お値段には、ホテルのお部屋代、1日3食のお食事代、そしてその他の飲み物などの料金も含まれています。ホテル内では、滞在客である証にブレスレットをしたり、カードなどを携帯して、一日中ホテルの中のそういったサービスを無料で受けることができます。ギリシャの外食は、観光地では結構高くつくので、これだと最初に決めた旅費以外はほとんど節約できるということもあり、特に子供連れの家族などにも人気です。ただし、空きがあれば1泊、2泊などでも受け入れてもらえることもありますが、これは当日電話などで交渉するしかありません。普通、先の予約は最低1週間前後の宿泊と決められていて、一箇所滞在型の旅行に向いたシステムとなっています。

この記事の続きを見る


2011年のパトラ・カー二バルの山車より
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
イタリアからの玄関港であるパトラは、ギリシャとイタリアを合わせた旅行でもよく通る街です。冬のギリシャで一番のイベントといえば、なんと言ってもカーニバル!ギリシャ最大のカーニバルが開かれるのが、この港町パトラです。見所はカーニバル最終日のパレード。この日を予定に組み込んで、車で一時間くらいの距離にある、古代オリンピア遺跡の観光などと組み合わせたり、イタリアから移動する日にちを調整してみてはいかがでしょうか?毎年日にちの変わるカーニバルですが、2012年のギリシャのカーニバル最終日は、2月26日日曜日です。イタリアではカーニバル最終日がその前の2月21日火曜日となるため、先にイタリアから周って、カーニバル見学と観光を組みあわせることができます。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オリンピア ギリシャ 観光に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介