page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オーストラリア旅費」の見どころ情報

オーストラリア旅費に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オーストラリア旅費」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果430

1 2 3 4 5 末尾 次へ


ケアンズが一望できるレストランはココだけ!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
270度のパノラマビューを誇る、展望バー&レストラン「ロッコ」は、ケアンズの最新オシャレスポットです。スマートカジュアルのドレスコードが設定されていますので、男性はサンダル履きではなく靴で、また、袖のある洋服で行くようにしましょう。

この記事の続きを見る


北クイーンズランド州をテーマにしたプロジェクションマッピング
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
ケアンズフェスティバルの一環として2005年以来毎年行われているプロジェクションマッピング。毎年オーストラリア、そして地元のアーチストによる北クイーンズランド州のトロピカルな文化や歴史、ライフスタイルを表現するイベントとなっています。上の画像は、ケアンズのサトウキビ畑ですね!空からキャンディが降ってくるというアイデアがかわいらしいですね♪

この記事の続きを見る


その名も「リーフ・アイ」
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
ケアンズワーフから発着する船や、人工の海水プール・ラグーンから空港の方面に続く海岸線、グレートバリアリーフの海が一望できるこの観覧車は、リーフ・アイと名づけられました。高さ35m、24のゴンドラで、1時間に700人乗ることができるそうです。オーストラリア各地のイベントで活躍しているというこの観覧車は、2日間で組み立てられたとのこと。1つのゴンドラは6人乗りで、ゴンドラ自体を横回転させることができるので、文字通り360度の眺めが楽しめます。

この記事の続きを見る


メルボルンから車で1時間
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/メルボルン 
メルボルンから車で1時間。遠出するにはちょうどいい距離にあるのがこのWerribee George State Park(ウェリビー・ジョージ州公園)。メルボルン近郊には他にもグランピアンズといった有名な山もありますが、メルボルン市内からさほど遠くなく、絶景まで楽しめるのがこの州公園のポイント。

この記事の続きを見る


食事代は心のままに
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/メルボルン 
約20年前にメルボルンで誕生したLentil As Anything(レンティル・アズ・エニシング)は現在メルボルンに3店舗、シドニーに1店舗を構える大人気のベジタリアンレストラン。各店内にはこのように、募金箱が設置されており、注文した料理に対して自分で決めた金額を支払うという仕組みです。

この記事の続きを見る


路面電車を改装して作られた本格カフェ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/メルボルン 
見てください! この外観。とても素敵ですよね。オーストラリアの国旗のデザインをしたこの路面電車は遠くからでもかなり目立ちます。一見、路面電車が置いてあるだけかな? と思っていたのですが、近くまでいってみると、カフェの看板が。ベンディゴ に5店舗を構える「Get Naled Espresso Bar」という地元カフェがコーヒーを提供しているようです。

この記事の続きを見る


地味な外見、中は賑わい
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/アデレード 
アデレードで最も有名な観光場所のうちの一つといえばセントラルマーケット。その一角にあるのが、こちらのはちみつ専門店。一見、少し古びたような外見なので通り過ぎてしまわないよう注意です。店内ははちみつを求めにやってきた観光客などで賑わいを見せていました。はちみつはもちろん、お土産に最適な手作り石鹸やアロマなどもおいてあるのでオーストラリアのお土産探しをしている方は是非一度立ち寄ってみてください。

この記事の続きを見る


寺院に入る前にスタッフの方から「寺院建物内部の写真撮影は禁止」「水池にコインを投げないでください」などのいくつか注意事項など伝えられます。
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/サンチアゴ 
まるでチリじゃないみたい!?写真を見ると、どこの国の建築物か少し首をかしげたくなるような不思議で、でもとても美しい作りが特徴な「バハイ教」のお寺へ先週末行ってきました。場所はサンティアゴの中心部から約40分ほど車を走らせたペニャロレン地区にある山の斜面の広い敷地に建っていました。お寺が立つ山の敷地からはサンティアゴ市内の街並みを見渡すことが出来、巷では人気の観光スポットとなっています。信者か信者でないかは関係なく、素敵な寺院を見学するために日々多くの人が訪れています。

この記事の続きを見る


オーストラリアの人はチェリー味がお好き♪
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
こちらチェリーライプというチョコレートバーは、やわらかいチェリーのフィリングをチョコレートでコーティングしたバーなのですが、オーストラリアで1番古いチョコレートバーでもあるのですよ!日本では、お菓子やアイスクリームのフレーバーの定番と言えば苺、のような気がしませんか?オーストラリアでは、苺よりチェリー味のほうが先に来るくらいチェリー味がお菓子のフレーバーの定番ですので、オーストラリアの定番の味をお楽しみ下さい!

この記事の続きを見る


NYで人気急上昇中のコーヒーチェーン
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回ご紹介するカフェスポットは、ここ数年間でニューヨーカーからの人気急上昇中のBLUESTONE LANE (ブルーストーン・レーン)です。BLUESTONE LANEは、オーストラリア・メルボルン出身のオーナーがニューヨークで2013年に1号店をオープンして以来、現在はNYを中心に22店舗を展開している人気急上昇コーヒーチェーン店です。メルボルン・スタイルのカフェとは、上質なコーヒーと人々の交流の場を提供してくれるライフスタイル空間を兼ね備えたスタイルの事を指すそうです。NYでもメルボルン・カフェスタイルを基盤にどの店舗デザインにもどこか暖かい国を感じることのできる色合いに統一されているのが印象的です。BLUESTONE LANEは、タイルメーカーとコラボもしているそうで、各店舗で使用されているタイルやデザインが違うのを見つけていくのも面白い発見ですね。NYの新名所ハドソンヤードのモールにもBLUESTONE LANEの店舗があったので、そこへ行ってきました。ここでは深緑で長方形のタイルが使用されていました。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オーストラリア旅費に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介