page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「オーロラ」の見どころ情報

オーロラに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「オーロラ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果33

1 2 3 4 末尾 次へ


ゆっくりここで読書でもしたくなるラウンジ。
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
今年の秋から冬、北欧デザインの旅や冬のオーロラ鑑賞など、ヘルシンキを拠点にした旅を考えている方もいらっしゃるでしょう。プランを組むときに頭を悩ますのが北欧の物価の高さ、とくにホテル代です。そこで、リーズナブルに泊まれて、なおかつオシャレ、北欧らしい気分を味わえるとっておきのユースホステルをご紹介します。「ヘルシンキ・ユーロホステル」は、とくに夏と冬のラップランドの旅の際、日本人女子がよく利用するという超穴場のユースホステルです。場所は町の東側、フェリー乗り場からほど近い住宅街に位置し、中心街へも歩いて15分ほどで行ける、立地も最高なのです。

この記事の続きを見る


イエローナイフで見るオーロラ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/イエローナイフ 
オーロラの聖地ともいえるカナダのイエローナイフ。一度は行ってみたいと思う方も多いのでは。ですが、たどり着くまでがなかなか大変。添乗員つきのパッケージツアーでしたら、親切な添乗員さんが連れて行ってくれますが、個人旅行ではハードルが高かったことは事実です。今までは、エアカナダを利用してカルガリーまで飛び、そこでイエローナイフ便に乗り継ぎをするのがベストな方法でした。ただし、このイエローナイフ便、機材が小さいので、繁忙期には席がないことも。もしかしたら、席がなくてイエローナイフ行きを諦めた方もいらっしゃるかもしれませんね。

この記事の続きを見る


車でフィンランド横断計画
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/イバロ 
今回の旅のプランは車で真冬のフィンランドを横断!南のポルボー(Porvoo)からスタートし、ミッケリ(Mikkeli)やイバロ(Ivalo)、イナリ(Inari)を通ってヌオルガム(Nuorgam)までを10日間ほどかけて移動しました。11月のフィンランド、北部ではもう雪が積もっていました。自然に溢れるフィンランドは広範囲を自由に回れるドライブ旅行がとってもおすすめです。車での移動は好きな時間に動けるので、オーロラを探すのにもとても便利でした。

この記事の続きを見る


ゴールデンクラウンレビイグルー
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/キッティラ 
イグルーのチェックインは16:00からで、一泊一部屋約65,000円からでした。時期によって値段は異なります。繁忙期の宿泊だったので、値段も高かったのですがオーロラが見られる絶頂期だったので期待もあり思い切って予約をしました。

この記事の続きを見る


オーロラツアーは一人一万円ほど!
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/キッティラ 
ラップランドに滞在中は、何度かオーロラを観ることはできたものの空に雲がかかったような感じでくっきりと見ることが出来ませんでした。スキー場がすぐそばなので、明るくてみることがとても難しいです。写真を撮ったものの、くっきりと緑色の光は写りませんでした。オーロラ鑑賞ツアーもあるのですが、一人当たり1万円以上するのが普通でしょう!ちなみにこちらの写真、実際私がおすすめスポットで撮ったものです。

この記事の続きを見る


マイナスの世界
  • テーマ:
  • ファッション
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
オーロラ鑑賞の際、たいていの場合が外で長時間じっとして撮影する為服装がかなり重要となってきます。夜には-20℃近くなった時もあるので、楽しくオーロラを撮影する為の実際私が着てよかったおすすめの服装をご紹介したいと思います。ちなみにこちらの写真、実際にフィンランドで撮影したものです。

この記事の続きを見る


自分のお気に入りのウィスキーの色合い、香りと味わいを堪能するには、炎がゆらめく暖炉の前ほどおあつらえ向きの場所はないのでは?
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
ウィスキー大国といえば、スコットランド。とはいえスコットランドがヨーロッパで唯一無二のウィスキー生産国とは限らない。「えっ? まさか」、と思われるかもしれないけれど、実はスウェーデンにもウィスキーのディスティラリーがあるのだ。1999年に最初のひとしずくが誕生して以来、マックミューラはスウェーデン初のウィスキー蒸留所として着実にステップアップを重ねている。同じ材料を使ったとしてもスコットランドウィスキーの味はスコットランドでしか作りだせないように、北欧の空気、氷河期から地中でろ過されてきた天然水、そしてほんのりと甘い風味が感じられるスウェーデンの麦材料の魅力を最大限に引き出し、スウェーデンでしか創造することのできない金色の液体が彼らのフラスコの中できらめいている。

この記事の続きを見る


素晴らしい星空!ニュージーランドのテカポ湖へ、個人旅行で行くには?
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • オセアニア/ニュージーランド/テカポ 
テレビなどで、すっかりお馴染みになった世界でも有数の美しい星空が見える場所……それがニュージーランドのテカポ湖です。ニュージーランドは大きく北島と南島に分かれており、テカポ湖は南島にあります。日本からですと、まず到着するのは2011年大震災に見舞われたクライストチャーチです。復興途上ですが、際立った不便さはありません。町のインターシティーバス乗り場からクイーンズタウン行きのバスに乗りましょう。テカポ湖行きは朝発になりますし、飛行機移動の疲れを取るためにも、クライストチャーチで一泊することをおすすめします。テカポ湖まではバスで4時間弱。テカポ湖ヴィレッジセンターで下車します。少し歩けば、ミルキーブルーと言われる美しいテカポ湖と背後に山々が連なっているのが見えてきます。このヴィレッジセンターが食事や買い物ができる唯一の場所です。日本レストラン「湖畔」でのサーモン丼が人気です。

この記事の続きを見る


冬の北欧フィンランドでは、クロスカントリースキーが最高!
  • テーマ:
  • スキー・スノーボード
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/サーリセルカ 
フィンランド北部のサーリセルカという村をご存知でしょうか。最寄りのイヴァロ空港から南に30キロほど行ったところにある村です。真冬でも針葉樹の林の中を、車は猛スピードで、時に軽くタイヤをスピンさせながら走ります。大丈夫かなと思いますが、地元の人は慣れたものです。凍った道での運転の仕方を知っているのですね。気をつけるのは、トナカイが横切ることくらいだそうです。この極寒の地には、元より人も車も少ないのです。しかし冬ともなれば、世界中からスキーヤーたちがやってきます。固いゲレンデは日本と違って、転ぶと痛いですが、リフト待ちなどなく、思う存分スキーを楽しめるのです。そして何よりオーロラを見られるチャンスの多い町です。ウィンタースポーツとオーロラ。冬の二大イベントが、この小さな村を一大リゾートにさせているのでした。日本人の旅行者もかなり来ています。

この記事の続きを見る


これぞ絶景! 真冬のノルウェー。世界でもっとも美しい船旅へ
  • テーマ:
  • オーロラ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ノルウェー/ソグネフィヨルド 
ノルウェーの西海岸は、複雑なリアス式の地形と、数カ所にあるフィヨルドでできています。フィヨルドは、氷河がえぐりとった大地の爪痕と言ってもよく、最大のものは南部にある世界遺産の町ベルゲン近くのソグネフィヨルドです。長さが200キロ、高低差が1000キロになる場所もあり、自然の威容をいかんなく見せつけられます。そこから400キロほど北には世界遺産に登録された西ノルウェーのフィヨルド群があるほか、ノルウェー最初の首都だったトロンハイムは、フィヨルドの中に位置した町です。その昔天然の要害に守られたこの町から、バイキングが出港していたと言われています。今でこそ道が通りましたが、19世紀後半に、海岸沿いの町と町を結んだのが、沿岸急行船の「フッティルーテン」です。物資輸送が格段に楽になり、今ではその航海ルートを使って、クルージングも行っているのです。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。オーロラに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介