page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「カトリック 巡礼」の見どころ情報

カトリック 巡礼に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「カトリック 巡礼」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果13

1 2 末尾 次へ


プラハのフラッチャニ地区にあるロレッタ教会の正面
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコの首都、プラハの旧市街から川を挟んだ反対側にあるフラッチャニ地区。その高台には、ロレッタ教会とストラホフ修道院という2つの見所がありますが、今回はロレッタ教会を紹介します。訪れる人はプラハ城のようには多くはありませんが、その分落ち着いて見学でき、おすすめの教会ですよ。17世紀に建てられたこの教会は、私たちが見慣れた十字形の教会とは造りが大きく異なります。中庭を口の字型に建物が回廊のように囲む教会ですが、重要なのはむしろ中庭にある建物「聖なる家」の方なのです。

この記事の続きを見る


「アンネの日記」は1947年にオランダ語で出版され、60以上の言語に翻訳されています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムにある隠れ家といえば、世界的にも有名な『アンネ・フランクの家 (Anne Frank Huis)』です。第二次世界大戦中の1942年から約2年間、ナチスの迫害を逃れるために、アンネの家族や知人ら8人が暮らしていた隠れ家が、博物館として公開されています。回転式の本棚で隠された入口の向こうには、当時の生活が偲ばれる家具や調度品がそのまま残り、「アンネの日記」が綴られた屋根裏部屋も保存されています。穏やかな光が降りそそぐ室内に佇むと、ある日突然ゲシュタポに踏み込まれ、強制収容所に送られたアンネの不運に胸が締め付けられます。オランダには『アンネ・フランクの家』の他にも、数々の隠れ家がありました。ナチスのユダヤ人迫害に抗議したオランダ人が、ユダヤ人をかくまっていたのです。『アンネ・フランクの家』では、ユダヤ人迫害の歴史や人種差別に関する展示も行っています。

この記事の続きを見る


シャファルニアで見かけたサンティアゴ巡礼の道しるべ
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/グダニスク 
サンティアゴ巡礼をご存じですか? スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラには、立派なカテドラルがあり聖ヤコブがお祀りされています。そのカテドラルまでゆく巡礼のことです。最近は、日本でも知られるようになり、日本人の巡礼者も増えてきました。そのサンティアゴ巡礼の道は、いくつもあり、一番有名なものは「フランス人の道」と呼ばれているレオンなどといったスペイン北部の町を通るルートです。巡礼は、馬や自転車でも認められていますが、基本は徒歩です。わかりやすい道ならいいのですが、そうでないところも。そんなときは、各地に設置されている道しるべが頼りになります。

この記事の続きを見る


美しい装飾を見上げていると、時間の経つのを忘れそう……
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
「カルヴァリア・ゼブジトフスカ 前編」からの続きです。まずはメインの建物である、大修道院に入ってみましょう。門の前には、第264代ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の像が立っています。ヨハネ・パウロ2世の出身地ヴァドヴィツェに近いこともあり、教皇は生前、この地を頻繁に訪れていたそうです。右手を天に向けた教皇の銅像と大修道院はとても美しい取り合わせで、格好の撮影ポイントですよ。

この記事の続きを見る


大修道院と元ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の像
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
ポーランドのクラクフは、市内を歩くだけでもすばらしい景観を堪能できますが、もう一足延ばして、「カルヴァリア・ゼブジトフスカ」へ行ってみませんか。クラクフからおよそ33kmのところにある小さな町です。この町にある修道院を中心とした敷地一帯は、世界遺産に登録されています。その名も「カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園」。一度聞いたら忘れられない(でも一度ではまず覚えられない)世界遺産ですよ!

この記事の続きを見る


2016年世界のイベント 〜
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/セビリア 
イースターのことをスペインでは、セマナサンタ(聖週間)と言います。キリストの復活を祝う宗教行事で、カトリック信者の多いスペインでは盛大に行われ、世界中からその様子を一目見ようと観光客が多く訪れる時期でもあります。セマナサンタにスペインを訪れるなら、知っておきたいのが、毎年変動するその日程。来年のカレンダーによると、2016年は3月20日(日)から3月27日(日)まで。木曜日から日曜日が祝日になり、一番の盛り上がりをみせます。今年は、この時期を狙って旅行計画してみてはいかがですか。

この記事の続きを見る


修道院教会の開館時間は、毎日6:00〜20:30(夏季は〜21:00)。教会後方に掲げられている1,000年以上に渡る修道院の歴史にもご注目!
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
チューリッヒから電車を乗り継ぎ約50分。小さな町アインジーデルン。しかしこの地はスペインの巡礼路「聖ヤコブの道」の重要なポイントのひとつとして、今尚世界各国から多くの巡礼者がやって来ます。当初はロマネスク様式、ゴシック様式、そして後にバロック様式へと建てかえられた修道院は度重なる火災や規模拡大を繰り返し、1704年に現在の形を成しました。修道院の東側にある教会では、現在も毎日修道僧らによるミサが行われています。また反対側の建物は彼ら修道僧の住居兼執務室、また学校があります。

この記事の続きを見る


アッシジの町の頂上に位置するロッカマッジョーレからは、美しい中世の町と緑溢れる田園風景が一望できます。夕暮れ時は燃え上がるように赤く染まった街並みに感動します。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/オルヴィエート 
イタリア半島の中心、緑のハートと呼ばれるウンブリア州にアッシジの町はあります。ローマから電車で2時間弱、美しい田園風景を眺めながら北に向かうとアッシジ駅に到着です。中部イタリアの他の町と同様に、アッシジもまた小高い丘の上に位置しています。国鉄駅前からバスに乗に乗り換えて、昔の人たちも歩いたであろう道を徐々に登っていくと、気分も高ぶってきます。前方の丘上に要塞のように広がるのがアッシジの旧市街。町の西端には巨大な聖フランチェスコ大聖堂がそびえています。

この記事の続きを見る


アルカンタラ橋を東から望む。この辺は、住民のランニングコースとなっているようで、ランニングをしている人も多い。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/トレド 
トレド市を回りこむようにして囲むタホ川。そこに2つの歴史深い石橋がかかっている。1つ目は、PUENTE DE ALCANTARA(アルカンタラ橋)、2つ目は、PUENTE DE SAN MARTIN(サン・マルティン橋)だ。アルカンタラ橋は、ローマ時代の788年から建設が開始されたと考えられている橋であるが、その後、もちろん数度に渡り改装されている。レコンキスタの際には、幾度とない攻撃にさらされているという。中世期の間、巡礼者は必ずここを通ってトレドに入らなければならなかったそうだ。

この記事の続きを見る


広い敷地には、いろんな水浴施設がいっぱいで楽しめる。平日だったので人が少なく貸切状態
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/メキシコシティ 
メキシコの温泉は温泉テーマパークになっていて、温泉で療養目的兼リゾートの意味あり、家族みんなが思う存分楽しめる。イスタパン・デ・ラ・サルは、ラテンアメリカ最大級の温泉テーマパークで、で子供から大人、お年寄りまで家族みんながそれぞれの目的で楽しめる。メキシコシティからバスでも2時間、日帰りも可能。でも時間の余裕があったら宿泊してゆっくりしたいものだ。公園内にはホテルはないが、まわりと街中に予算にあったホテルがたくさんある。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。カトリック 巡礼に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介