page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「カプリ お土産」の見どころ情報

カプリ お土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「カプリ お土産」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アナカプリから山に登るリフトはスリル満点。見てください、この絶景を!一人乗りリフトなのでみんな「自分撮り」をしています。くれぐれもカメラは落とさないように!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/カプリ島 
南イタリアの島といえばカプリ島、カプリ島といえば青の洞窟。毎日のように多数の日本人が訪れ、みなさん天候によって一喜一憂しています。青の洞窟は入り口が小さく、海が少しでも荒れると洞窟内に入れません。3回訪れて、3回とも残念な思いをした方もいます。青の洞窟だけを目的に来ると、その天気のように落ち込んでしまうこともありますが、カプリ島は見どころたくさん。冬の時期でもたっぷり島内を楽しめます。島をしっかり把握して天気に左右されない観光を満喫しましょう。

この記事の続きを見る


「カプリ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

見よ、この青さを!メイス島の「青の洞窟」内は冴え渡るライトブルー一色で、ため息が出るほど幻想的だ。
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/カシュ 
「青の洞窟」と言えば、誰もが一様に頭に思い浮かべるのはイタリアのカプリ島ですね。しかしあまりに有名であるため、世界中から押し寄せる観光客が小船に乗ったまま洞窟前で延々と順番待ちをしなければならないのもご存知でしたか?筆者もその一人で、軽く1時間は海上の小船で順番を待たされたので、その間に酷い船酔いをしてしまい、その後観た「青の洞窟」は確かに美しかったけれど、あんな辛い思いをしたことの方が強く印象に残っています。そこで、待たずに行ける「青の洞窟」はないものか?とお考えの皆さんに、トルコから僅か30分弱でアクセス出来る、ギリシャのメイス島をご紹介しましょう!

この記事の続きを見る


港のあるマリーナ・グランデからの景色
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/カプリ島 
夏。あなたは山派?海派? 私は断然後者なんですけれど、贅沢をいえば“青と緑”両方の自然を一緒に楽しめる場所だと最高ですよね! となればイタリアの“島”は魅力いっぱい。その魅力ある避暑島の中でもとびっきり有名なのが、南伊ナポリ沖約27kmに位置するカプリ島です。この島での夏のバカンスはブランド化してると言ってもいいくらい、その人気たるや天井知らず。北イタリアではコモ湖、南イタリアはカプリ島がイタリアの2大高級別荘地で、島は避暑地&観光地でもあり、わずか10km2の島の夏期の昼間の人口は平均2万人に膨れ上がると言われます。

この記事の続きを見る


アマルフィの中心地。写真中央は陸・海路共に玄関口となるフラヴィオ・ジョイア広場
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アマルフィ海岸 
“アマルフィ”―と聞くと、行ってみたくてなんだかムズムズしてきません? 某映画の影響もあってか近年日本に於いて空前の知名度UPを記録したと思える、南イタリア有数のリゾート地。町は1997年に世界遺産に登録された「アマルフィ海岸」の中心地であり、毎夏世界中からの避暑&観光客で足の踏み場もないくらいの賑いです。それもそのはず。町の面積5,7km2は関西空港を少し大きくしたくらいの広さながら、そのほとんどが岩山で平地はごくごくわずかなんですよね。

この記事の続きを見る


アルゼンチン南部、あのアウトドアブランドのシンボルマークになっている尖った山へ!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
パタゴニア地方と呼ばれるアルゼンチン南部地域。ここでは北部と南部で気候が大きく異なり、北部は草原地帯、南部は強い風が年中吹きすさぶ不毛の地になっています。北部のチリとの国境付近には3000m級の山々が連なり、多くの国立公園が存在します。一方、南部は冬季に積雪があり、スキーや山々の雪化粧を楽しむ事もできます。その山々のひとつ「フィッツ・ロイ山」は、あるアウトドアブランドのシンボルマークになっています。

この記事の続きを見る


クロアチアのビシェヴォ島にもある「青の洞窟」は、こんなにキレイだった! その1
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/クロアチア/スプリット 
クロアチアのスプリットから日帰りで行けるビーチを探して時に見つけたのが「青の洞窟」でした。他のスポットと比較しながらも、写真や映像を見ているとますます行きたくなってきたので、同行する友人に聞いてみることにしました。すると「カプリ島で高確率で入れると言われた日に入れなかったから、今度こそは入りたい!」と激のある返事が返ってきたので、早速詳しく調べてみることにしたのです。なんとここの青の洞窟は、8月に行けば入れる確立は90%との情報が! 最近は、イタリア、カプリ島の「青の洞窟」よりずっと確率が高いのです。

この記事の続きを見る


クロアチアにある「愛の島」と「青の洞窟」なら、あなたはどちらを選ぶ?
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/クロアチア/スプリット 
クロアチアが西に面するのがアドリア海。その美しさに、昔からセレブ達は魅了されてきました。近年では一般の欧州観光客も増加し、スロベニアの国境からモンネテグロの方まで縦長に続くビーチが人気です。そんなに人気なら行ってみようと、計画を変更してアドリア海まで行くことにしました。その際に、行こうか迷ったスポットが、ハートの島と青の洞窟。両方へ行くには時間がないので、どちらへ行こうか、2つの島を検証してみることにしました。あなたなら、どちらを選びますか。

この記事の続きを見る


「エメラルドの洞窟」。洞窟内の明かりを消すと、ターコイズブルーが浮き上がる。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/アマルフィ海岸 
海の水はなぜ青いの? きっと皆さんも幼い頃、お父さんお母さんにそんな質問しましたよね!? もともと虹の七色を持つ太陽の光は、海に差し込むと青色以外の色は吸収されてしまうらしく、青色だけが力強く(!)水中で屈折を続けながらどこまでも広がっていくようです。強い日差しに照らされる海はそれだけで充分綺麗なものですが、そんな青色がとびっきり美しく光り輝く光景は一度目にすると脳裏に焼きついて離れません。私はそれを見たとき、まず大きく歓声を上げ、そして息を呑み、それからしばらく開いた口が塞がらなかったような気がします。

この記事の続きを見る


海岸にある天然公共浴場の「チターラ(Citara)」
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/イスキア島 
寒い寒いと言ってはいても、初春を祝ったあとは、春夏のバカンス計画を立てるのに待ったナシ! 春から夏にかけて筆者一押しのエリアが、南伊のティレニア海に浮かぶイスキア島です。カプリ島やシチリア島、サルデーニャ島のように知名度は高くありませんが、それはなぜか我が国にだけ。ヨーロッパ各地やアメリカ人などには既に広く知られる、イタリア屈指の観光、バカンス、そして長期保養地です。それも長期保養地としては、イタリアNo.1と言えるかも。というのはここが温泉の島だから。湯治客も多いんですね。日本と同じ火山国のイタリアでもごくごく珍しい火山島で、周囲34kmの島内に温泉が散らばっているのです。

この記事の続きを見る


もちろん新鮮な魚もたくさんあります。イタリアのレストランで魚料理は高いですが、好きな方は贅沢に試してみてください。グリル焼きなどシンプルな調理法が多いです。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/カプリ島 
今回紹介するレストランは、カプリ島内の西側、アナカプリに位置するレストラン「ジョルジョ・アル・クッチョロ」です。このレストランの最大の魅力はテラスから見える景色。ランチもディナーも両方食べてみましたが、どちらの時間帯も素晴らしいの一言です!昼は涼しい海風がそよぎ、色鮮やかな海が一望できますし、夜は満天の星のもと、遠くにはナポリの町の光が輝いています。おそらくカプリにあるレストランの中でも、有数の美しい景色を提供してくれるお店でしょう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。カプリ お土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介