page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「カンボジア お土産 コーヒーカップ」の見どころ情報

カンボジア お土産 コーヒーカップに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「カンボジア お土産 コーヒーカップ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


トゥオルトンプーン市場は多くの外国人観光客で賑わう
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
首都プノンペンでお土産を買い求めるのなら、プノンペン南部のトゥオルトンプーン市場がおすすめです。旅行ガイドブックを開くと、トゥオルトンプーン市場は「ロシアンマーケット」という名で紹介されていることがありますが、その理由は、ソ連(当時)やベトナムなどの支援を受けたヘンサムリン政権がカンボジアを実行支配していた1980年代、多くのロシア人がこの市場で買い物をしていたことによります。現在では、プノンペンの定番観光地のひとつとして、人気を集めている市場です。

この記事の続きを見る


「カンボジア お土産」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

村で多く生産されている壺や動物型の貯金箱など。土本来の色・質感を生かした素焼き土器が中心。
  • テーマ:
  • 癒し
プノンペンから車で国道5号線を北上すること約2時間。カンボジア中部に位置するコンポンチュナンは、近隣の山で良質な陶土が採れることから、焼き物生産で有名な町。庶民が日常使いする素焼きの壺、鍋、貯金箱などの多くはここで生産され、全国各地に運ばれ販売されます。コンポンチュナンとは、現地のクメール語で“鍋の港”を意味する言葉。トンレサップ川に面したこの地域が、古くから土鍋の生産・流通元であったことがうかがえます。のどかな自然に囲まれた村の工房を訪ね、味わい深い焼き物の世界に触れてみませんか。

この記事の続きを見る


人気のリゾートもいいけれど……。静かな環境とベトナムの原風景といった味わい深い滞在を望むのなら、ムイネーが断然おすすめ
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ファンティエット(ベトナム) 
ここ数年、世界的な流行となっているのがベトナム中部のダナン。ビーチサイドには大型リゾートも建設され、日本から直行便もあることからリピーターも多く定番の旅先のひとつになったといってもいいでしょう。 とても洗練されたダナンのようなリゾートもいいですが、もうちょっとベトナムらしい素朴さを……と思う方におすすめなのが、ムイネー。サイゴン(ホーチミン市)から200kmほどの距離にあるビーチリゾートで、車で約5時間で行くことができます。鉄道でも行けることは行けるそうですが、鉄道駅(ファンティエット)に着いてからリゾートまでの交通の確保などを考えると、サイゴンで車を手配するほうが楽かもしれません。 ムイネーは1990年代に開発が始まったリゾート地ですが、やはり飛行機でぴゅ〜っと行けるわけではないせいか、大型ホテルが立ち並ぶといったことはなく、今ものんびりした雰囲気が魅力です。

この記事の続きを見る


かぼちゃ型をした銀のケースは、王が国賓に贈呈したこともあったとか。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
光沢と重厚感のある表面に、手作業で刻み込まれたきめ細やかな模様。カンボジアにおける銀・銅細工品の生産起源は定かではありませんが、アンコール王朝時代(802〜1431年頃)には頂点に達していたと言われています。かつては宮廷に献上するために作られていましたが、現在では冠婚葬祭などでも使用されるほか、お土産物としても販売されています。蔓、葉、花びらなどのモチーフで構成されるカンボジアの装飾様式「Kbach」をあしらった製品は、芸術作品としても見応え十分。美しい銀・銅細工製品はどのように生み出されているのでしょうか。熟練の職人達が集まる村を訪ねてみましょう。

この記事の続きを見る


シンプルながら、日々のコーディネートに一味加えてくれるオリジナルデザイン。ネックレス、ピアス、ブレスレッド、アンクレットまで揃います。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
ワンポイントでファッションを格上げしてくれるアクセサリーは、旅先でもつい手に取ってみたくなるアイテム。ただ、海外旅行中に購入したアクセサリーを帰国後に着けようとすると、なぜかしっくりこないという経験はありませんか?リゾート気分で購入したアクセサリーは、普段着に合わせると少し浮いてしまうことも。今回ご紹介するのは、日常的に使えるアクセサリーをお探しの方におすすめのブランド「Penh Lenh」。ゴールドを基調とした上品なデザインは、大人の女性にぴったり。色とりどりのタッセルやビーズで遊び心を演出した製品も充実しています。

この記事の続きを見る


芸術学校の若者たちによるサーカス団
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/シェムリアプ 
カンボジアサーカス・ファーは、タイとの国境近くにあるバッタンバンという街にある、芸術学校の若者たちから構成されるサーカス団です。この芸術学校はカンボジア内戦の難民だった9人の青年たちがフランスの支援を受けて始めたもので、地元の社会的に恵まれない若者たちに演劇や音楽、アートを学ぶ場を提供しています。この学校の在校生や卒業生たちが学校で学んだことを生かし、さらなるスキルを磨くことが出来る場所、さらには自立のための収入を得る場所として、今回ご紹介するファーが生まれました。

この記事の続きを見る


手織機で複雑な模様を刻みながら布を形づくっていく女性。母から子へと代々技が受け継がれていきます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
大切な人へのお土産にしたいカンボジアの伝統工芸品、シルク。生産の起源はクメール王朝頃までさかのぼると言われています。かつては周辺国に輸出されるほど盛んだったシルク産業ですが、1970年から約20年に渡って繰り広げられた内戦により、一時は途絶えかけてしまいました。近年では、残された人々の記憶をもとに産業復興の動きが進み、シルクは再びカンボジアの特産品として認識されるようになっています。シルクの織物は、ローカル市場、お土産物屋、シルク専門店など、至るところで入手が可能ですが、 せっかくならお土産を買うだけでなく、生産現場ものぞいてみませんか? 旅の思い出を彩ってくれる、プノンペン近郊の機織り村をご紹介します。

この記事の続きを見る


ご紹介するエシカルグッズはいずれも、女性を中心としたカンボジア人職人によって手作業で作られています。以前は性労働や劣悪な条件下での工場労働で搾取されていた女性達も、今では安全な労働環境、適正賃金を得ることができ、生き生きと働いています。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
誰が、どこで、どのような想いを込めて作ったものなのか。贈り物をもらった時、作り手の顔をイメージできるような話を聞くと、ほっこり心が温まりませんか?人・環境・社会に配慮された製品として近年注目を浴びるエシカルグッズは、お土産にもぴったり。現地で作られる素材を適正価格で仕入れ、現地の職人を雇用するなど細部にまでこだわって作られているからこそ、製品には心を動かすストーリーが詰まっているのです。今回は、デザイン性にも優れ、お土産にしたくなるアイテムが盛りだくさんの、カンボジアのエシカルグッズブランドをご紹介します。

この記事の続きを見る


食品系から雑貨・小物系のお土産までセンスよく並べられた店内。一部の食品系商品は試食も可能なので、日本語を話せるスタッフさんにぜひ一声掛けてみて。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
海外観光中に真っ先に押さえておきたいのが、お土産の購入場所。お世話になっている職場の人などに配れる個数充実のアイテムだけでなく、大切な人には気の利いた一品を探したいという方も多いのではないでしょうか。そんな方々に、あらゆるお土産が一度に揃うお店、「Souvenir Select」をご紹介します。プノンペンのシンボルである独立記念塔から徒歩5分という、アクセス抜群の場所にあるこちらのお店。日本人夫妻が運営しており、日本語を話せるスタッフさんもいるので、安心してお買い物ができます。

この記事の続きを見る


ボーサーンの伝統傘も手に入ります!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/チェンマイ 
タイ北部最大の都チェンマイは、大都市バンコクからやってくると物価も安く人も穏やかで、心安らぐ町であることはタイ好きな方ならご存知でしょう。筆者ものんびりとしたチェンマイの雰囲気が大好きでプライベートでもよく遊びにいきますが、必ず日曜を挟むスケジュールにします。それは、毎週日曜に開かれるサンデーマーケットで買い物をしたいからです。日曜の午後3時頃から夜10時頃まで、旧市街の目抜き通りラーチャダムヌーン通りで開かれるこの市には、チェンマイとその周辺から様々な土産ものや美術工芸品、衣類、大道芸人、似顔絵師、マッサージ師、食べ物等が集まります。もちろん、新市街のメインストリート、チャンクラン通りでは毎晩ナイトバザールが開かれていますが、サンデーマーケットは地元の人のための市です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。カンボジア お土産 コーヒーカップに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介