page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ギリシャ」の見どころ情報

ギリシャに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ギリシャ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果420

1 2 3 4 5 末尾 次へ


アウグスティンと書かれた金文字が目立つファサードの装飾
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンの旧市街に、中世ウィーンの街並みをイメージさせる場所がある。シュテファン大聖堂の裏手にあるモーツァルトが住んでいた家の辺りから北へ、ドナウ運河へ向かう一区画だ。有名なケルントナー通りがシュテファン大聖堂広場を通り抜けるとローテントゥルム通りが始まる。通りから一歩東へ入ると、そこかしこに比較的古い家屋が現れ、戦前からの家並が保存されている道もある。その一つがフライシュマルクトと呼ばれる通りだ。フライシュは肉でマルクトは市場なので、かつてここに肉の市が立っていたのだろう。通りでひときわ目立っている建物がグリーヒェンバイスルという名のレストラン。創業は1447年、と驚くほど古い。双頭の鷲の突き出し看板も出ているのですぐ分かる。有名なので通常ならば観光客でいっぱい。満席で座れないこともあるほどだ。

この記事の続きを見る


11世紀、地震で壊れた後に再建された聖ソフィア聖堂
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ブルサ 
「三位一体」という言葉をよく耳にするであろう。ヨーロッパへ行けば色々な町の広場で三位一体柱を目にする。大きくて立派な柱で神とイエス・キリスト、そして聖霊の3つを現した彫像があり、ヨーロッパの多くの町でペストが終焉したとき神に感謝を捧げるために建柱されている。三位一体とは、父なる神とその子イエス・キリスト、そして聖霊の3つが一体である、というキリスト教の教えである。何だか解りにくいけれど、難しいことはさておき、これはニカイアという所に宗教関係者が集まって決めたことであり、「ニカイア信条」と呼ばれているキリスト教の基本的教義なのだ。この重要な町ニカイアは現在どこにあるかというと、トルコの西北、ブルサ県にある。町の名前は現在イズニック。あのイズニックタイルで有名な町なのである。

この記事の続きを見る


「鎌」の形の岬、ドレパノの海の道を歩く人々
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
引き潮になると海の中に道が出現する地形のドレパノ。その岬の形が農具のドレパノ(ギリシャ語で「鎌」のこと)に似ていることからこの呼び名となった、と古代ギリシャのパウサニアスが記しています。パウサニアスは、この地形と地名についての古代ギリシャ神話にも触れています。クロノスが、鎌を海に放り投げると、父であるウラノスの腕か足がちぎれてしまった。それがこの地がアクロティリオ・ドレパノと呼ばれるきっかけになったというものです。アクロティリは地理では岬の意味で使われるギリシャ語ですが、同時に腕や足が切り離されるという意味でも使われるためです。海が穏やかなら、海の中の道を歩くのもお勧めです。ただ時々波が来たりするとサンダルだと流されてしまいかねないので、水着とウォーターシューズの装備があるとよいでしょう。

この記事の続きを見る


英雄広場に面して建つ、ギリシャ神殿風の建物
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ハンガリーの首都ブダペストには大小合わせ、数多くの美術館や博物館があります。代表的なものには、中世からモダンアートにいたるハンガリー美術の代表作を収めた「ハンガリー国立美術館」、現代美術や企画展が中心の「現代美術館」がありますが、今回は「ブダペスト国立西洋美術館」を紹介します。ここはおもにハンガリー国外の作品を展示しており、西洋美術史に名があがるような有名作家の作品もあるので、ハンガリー国立美術館よりも楽しめるかもしれません。場所はドナウ東岸のペスト地区、アンドラーシ通りの突き当たりの「英雄広場」北側です。

この記事の続きを見る


リージェンツ・パークのアヴェニュー・ガーデンズ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
イギリスでも、新型コロナウイルス感染症による不要不急の外出禁止/ロックダウンの緩和策が少しずつ取られてきています。しかし通常通りになるまでにはまだ時間がかかりそうです。春から夏にかけて様々な花が咲き乱れる時期になり、通常であればロンドン市内にある8つのロイヤル・パークも賑わう季節。ロイヤル・パークの1つであるリージェンツ・パークは395エーカーに及び、クイーン・メアリーズ・ガーデンズ、アヴェニュー・ガーデンズ、ロンドン動物園、オープン・エア・シアター/野外劇場などがある公園です。

この記事の続きを見る


ペロポネソス半島南部マニの風景
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
ギリシャでは、2月末から3月初頭に近隣諸国へ旅行したギリシャ人の感染者が初めて見つかり、死者が出る前の3月初旬に休校措置が始まり、外出禁止令も発令されました。対応が早かったのと、大半の市民が規則を守って行動したおかげで、感染者数は、5月初旬時点で2710人、死者が151人。毎日の新たな感染者数は一桁以下、それも感染経路が明白なものに収まっています。そのため、ヨーロッパの中でも特に死者の数を増やさず抑え込みに成功した国として、今年も人気のある旅行先となりそうです。5月4日から段階的に規制が緩和され始め、5月11日には大半の店舗が開店しました。カフェやレストランはまだテイクアウトかデリバリーのみでの営業から5月26日に屋外の席の利用、6月6日からは屋内の席の利用も許可されました。6月8日からはインターネットカフェやナイトクラブなどの夜のお店の営業も再開しています。ただし、テーブルとテーブルの距離を一定間隔空けることや、店員のマスク着用が義務となっています。そして店の広さに応じて入場制限があります。

この記事の続きを見る


トラムの停留所からすぐにある公園の入り口。閉まっているように見えてもドアが開閉しますので、押してみて下さい。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンはオーストリアの首都でありながら、緑地や公園もたくさんあり、生活の場所と自然がとても近い都市です。今回ピックアップするこの公園もその1つ、1935年まで私有地だったお城とその敷地が一般開放されて、今では市民の憩いの場となっているPoetzleinsdorfer Schlossparkです。お城の建物自体は今は音楽学校になっているので、外観のみ楽しむ事が出来ますが、公園の入り口はお城の入口の佇まいを今も残しています。

この記事の続きを見る


趣のある古い建物が並ぶ旧市街
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/モンテネグロ/ブドヴァ 
ブドヴァは、モンテネグロのアドリア海沿岸に位置するリゾートタウン。有名観光地・コトルに行こうと付近を調べているうちに、初めてその地名を知る場合が多いかも?ブドヴァはおよそ2500年の歴史をもち、古代ローマと古代ギリシャの痕跡が残されているという古い都市。見どころである旧市街には、約400年にわたってつづいたヴェネチア共和国時代の建築物が多く建ち並びます。まわりは城壁に囲まれており、中に入ると可愛らしい路地が広がっていて、写真映えもバッチリ。土産物店やレストランがたくさんの観光客を集めていました。

この記事の続きを見る


古都トリーアの誇る世界遺産のひとつ「ホルタ・ニグラ」は必見スポット
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/コブレンツ 
ドイツ南西部、ルクセンブルクとの国境近くに位置する2000年の歴史を誇る街トリーア。この街のローマ時代の数々の遺跡と、中世の建造物計8件は、「ローマ遺跡群、聖ペトロ大聖堂及ぶ聖母マリア教会」として1986年、世界遺産に登録されました。その中でもこの街のシンボル的な観光スポットは、中心街に建つ「ポルタ・ニグラ(ラテン語で黒い門の意)」です。2020年はこの門が建立されてから1850年を迎えました。門の内部も見学可能で、上部からトリーアの広大な街並みを見下ろすこともできます。

この記事の続きを見る


黒海に面したアマスラの海を彩る夕日
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/サフランボル 
トルコは南の西半分が地中海に面し、ギリシャの対岸にあたる西端はエーゲ海に面している。素晴らしい2つの海を持っているというのに、トルコにはさらにもう一つ、大きな海がある。トルコの北側をほとんど占めている北海だ。トルコの東方で5か国に取り囲まれたカスピ海は湖である。地図で見ると、黒海も同じように陸に取り囲まれた湖のように見えるが、こちらはれっきとした海。ボスポラス海峡によってエーゲ海と繋がっているのだ。トルコの人たちはエーゲ海の方が近いと思われるイスタンブールに住んでいても、海に沈む夕日を眺めるため黒海までやって来る。海に沈む夕日。それは格別な趣がある。恋人と眺めたら殊のほかロマンティック。たった一人、旅先で眺めるのも感慨深い。刻々と変わる空の色。その空を映し出す海も刻々と色を変える。海に沈んでいく太陽が、最後の顔を隠す瞬間はなんともはかない気持ちになる。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ギリシャに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介