page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「クアラルンプール 屋台 おすすめ」の見どころ情報

クアラルンプール 屋台 おすすめに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「クアラルンプール 屋台 おすすめ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


海外旅行でおすすめなのは、トロピカル・フルーツ 「果物の女王」マンゴスチン(前篇)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
トロピカル・フルーツにもいろいろありますが、東南アジアで食べたいのは、このあたりが原産地の果物。本場だけに種類も豊富で。新鮮なものが日本よりもずっと安く手に入ります。わたしは、旅に出るときにはいつも、預ける方のスーツケースに果物ナイフと薄型のまな板を入れていきます。スプーンやフォークもあれば、食べるときにさらに便利です。果物は、切って売っているものもありますが、すでに空気に触れている分、鮮度や味の落ちるのも早く、氷づめにされていると、氷の水質が心配なこともあります。ナイフとまな板を準備するだけで、旅先での楽しみ方はずいぶん広がります。

この記事の続きを見る


手前がバクテー。ほかに何品かを数人とシェアして食べるのが平均的な食べ方
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
「ニクホネチャ??」 中国語で「肉骨茶」と店舗に書かれた文字をはじめて見たときに、一体これは何かしら、と興味をそそられたものです。 バクテーと呼ばれる、ポークリブの香辛料煮込みスープは、中国本土からマレー半島にわたって来た移民労働者が、安くて滋養によい朝食 として考案したものと言われています。マレーシア・クアラルンプール郊外のクラン港エリアが本場として有名で、私も始めてバクテーを食べたのはクアラルンプールでした。現地の友人に案内された目抜き通りの裏にある庶民的な屋台が並ぶ一角で、八角やクローブなど何種類も混ざったハーブの香りが強いスープに、東南アジアのスパイス交易に思いを馳せ、異国情緒たっぷりな熱帯の朝として記憶に残りました。

この記事の続きを見る


「クアラルンプール 屋台」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

南国の空気感と調理される食材の匂いが立ち込める中、マレーシアの夜はふけていく。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ペナン島(マレーシア) 
東洋の真珠とも称されるペナン島。首都クアラルンプールから飛行機で1時間半、マレー半島側とは橋でつながっているため長距離バスなども運行していてアクセスがよいのも魅力。マレーシアのリゾートアイランドとしてだけではなく、近年は長期滞在者にも人気のエリアとなっています。そのペナン島でぜひ訪れてみたいのがホーカーと呼ばれる屋台街。島内にはいくつものホーカーがありますが、今回ご紹介するのは屈指の繁華街ガーニードライブ(Gurney Drive)と呼ばれる海岸線に沿ってホテルやショッピングモールなどが並ぶエリア近くのガーニー・ドライブ・ホーカー・センター(gurney Drive Hawker Centres)。

この記事の続きを見る


熱帯のマレーシアでは米は三期作のため、年に3回ほどこのような青稲が水田にたなびく風景を見ることができる
  • テーマ:
  • 癒し
クアラルンプールから北へ車で1時間半、100kmほどの距離に位置するセキンチャン(Sekinchan)。地名の由来は中国語の方言の一つ潮州語で「農業に適した土地」を意味するのだそう。その名が示すように華人も多く住むマラッカ海峡に面した村でのんびりとした雰囲気が漂います。マレーシア随一の米どころでもあり、時期によっては果てしなく続く青稲の絶景をのぞむことができます。眺めているとここはまぎれもなくマレーシアなのにどこか日本の原風景を見ているような感覚になります。

この記事の続きを見る


昔ながらの看板が伝統と世代を経たノスタルジーを感じさせるフートンフードコート
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
マレー系、中華系、インド系を中心にさまざまな人種や文化が重なりあう多民族国家マレーシア。その魅力の一つはなんといってもフードカルチャー。安いローカル屋台から世界の名だたる高級レストラン、国内のみならず遠くヨーロッパやタイ、シンガポール、インドネシアなど近隣諸国の味をも楽しむことができます。そして今回ご紹介するのは、クアラルンプールの中心部ブキッ・ビンタン(bukit Bintang)に位置するフートン・フードコート(十號胡同/Hutong Food Court)。約30店ものマレーシア各地の有名ローカルグルメが集められています。

この記事の続きを見る


第5位はクアラルンプールの中心のあの場所
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
マレーシアの首都クアラルンプールの観光地トップ5をご紹介します。地元の人には「KL(ケーエル)」の名で呼ばれているクアラルンプールには、見どころがたくさんあります。その中からジャンルがかぶらないように、トップ5を選びました。まずは、このトップ5を訪れると各ジャンルがカバーできます。また、ステキな写真が撮れるスポットというのも考慮してありますよ。それでは、早速見ていきましょう!

この記事の続きを見る


時間帯によっては人に埋め尽くされなかなか前に進めないほど活気あふれる夜市
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/マラッカ 
ペナン島のジョージタウン(George Town)とともに2008年にマレーシア初の世界遺産として登録されたマラッカ(Melaka)。クアラルンプールから南へ約150km、長距離バスやタクシーで2時間半ほどの距離にあります。その魅力は東西の歴史が交差して織り成された異国情緒あふれる街並み。主な見所は旧市街オランダ広場を中心にコンパクトにまとまっています。そして週末は日が暮れるとともにもう一つのマラッカの魅力に出会うことができます。それが旧市街の中心ジョンカー・ストリートで毎週金土日に夜市(ナイトマーケット)。夕方6時すぎ、道路の両側には屋台や夜店がびっしりと立ち並び、人で埋め尽くされる光景と食べ物の匂いにアジアの夜といったワクワク感が漂います。

この記事の続きを見る


マレーシアンフードストリートのロゴに使われているのは本物の自転車
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/ゲンティンハイランド 
クアラルンプールからバスや車で約1時間。標高1600mに位置するゲンティンハイランドはカジノやホテル、テーマパークやショッピングモールなどを有する高原リゾートとして知られています。数年前まではレトロな印象もあったのですが近年再開発が進み、アウトレットモールができたり、アクセスと観光を兼ねたロープウェイも新設さました。さらにテナント数100以上もあるショッピングセンターのスカイアベニュー(SkyAvenue)やインドアテーマパーク新たな魅力で話題となっています。

この記事の続きを見る


マレー系料理にもぜひチャレンジを
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
(「集合屋台『ホーカーセンター』」へ!」その2からの続きです。)マレー系の料理はインドネシア料理と似ていて、こってりと甘いか、辛いものが多く、全体に脂っこい印象があります。マレー系の朝ごはんメニューで人気なのはナシ・ルマで、ココナッツミルクで炊いたごはんに、小魚やゆで卵をのせ、サンバルという辛いソースをからめて食べます。また、ラクサという辛いスープ麺もよく見かけるメニューで、ペナンやサラワクなど、地域によっていろいろな味付けがあります。昼ときには、ナシ・カンダ―といって、作り置きのおかずをいくつか選んでごはんにのせるメニューも登場します。自分で見て選べるので、慣れないうちは頼みやすいセットです。料金はおかずの種類で決まり、肉や魚のおかずが多いと値段も上がるようです。

この記事の続きを見る


いよいよ注文。写真を指差しても大丈夫
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
(「集合屋台『ホーカーセンター』」へ!」その3からの続きです。)食べたいものが決まったら、その料理があるお店に行って注文します。持ち帰りにするかどうか聞かれることもありますが、その場で食べることを伝えます。旧英領のマレーシアではイギリス英語なので、「持ち帰り」は take away がよく使われます。料理ができたら席まで届けてくれるので、席を示して「あの辺りに座っています」と伝えることを忘れずに。テーブルに番号札が貼ってあるようなホーカーセンターだと、お店の人にテーブル番号を聞かれることもあるので、先に席を決めてから注文します。人の集まるところでは、置き引きがあります。席を確保するために手荷物をテーブルを置くのは、避けた方が無難です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。クアラルンプール 屋台 おすすめに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介