page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「クリストファー」の見どころ情報

クリストファーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「クリストファー」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果20

1 2 末尾 次へ


2013年にオープンしたガーデナ店
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
台北市で2004年にオープンしてから、世界で900店舗以上を出すベーカリーカフェ「85°C Bakery Cafe(85ディグリー・ベーカリー・カフェ)」。コンセプトは、グルメなコーヒー、パン、ケーキを、手の届く価格で提供すること。店舗名は、品質の高いコーヒーを出すために、コーヒーの香りが一番引き立つのが摂氏85度だから、ということから。「アメリカには24店舗あり、今年中に55店舗にする予定です」と話すのは、広報担当のクリストファー・ジャクソンさん。

この記事の続きを見る


この日はバイカーたちの集会があったのか、バイクが大集合!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/メンフィス 
メンフィスのビール・ストリート、その2からの続きです。このビール・ストリート、アメリカでは珍しく、通りでのビールや酒の持ち歩き飲みがOKなんですよ。なので、観光客の皆さん、店から漏れる音楽を聴きながら、ビールを片手にふらふら歩いていています。人が多いのは週末の19〜24時ぐらいでしょうか。歩行者天国となっている通りの両端にはパトカーが停まり、ポリスが巡回しています。そしてお客年齢層はけっこう高いです。きっと50代が平均でしょうか(笑)。3日間通ったのですが、うち1日、バイカーたちが集まっている日がありました。アメリカ映画に出てくるような、大きなバイクがゾロリと通りに停められている姿は壮観でしたよ。

この記事の続きを見る


カーネギーホールでのソロコンサートの経験もある、実力派Vladan
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
お洒落な夜を演出したいなら「ドミニク・ビストロ(Dominique bistro)」がおススメ!ニューヨークに来客があると、いつも連れて行く私のお気に入りのお店です。ツーリスト色が薄く、ニューヨーカーに人気のレストラン。パリの優雅さを漂わせた、フランスの伝統的料理や、田舎料理が専門です。お料理は本格的なのに、堅苦しいさは全くなく、カジュアル・エレガントな雰囲気の中でリラックスしてお食事できるのも、このお店の魅力です。

この記事の続きを見る


カリブ海の小さな島国、セントクリストファー&ネイビスを知ろう!(その3)
  • テーマ:
  • 観光地・名所
その2からの続きです。個人的にも乗ってみたいのが、セントクリストファー島内を走る2階建て観光列車です。カリブのこんな小さな島に鉄道があるなんて知っていましたか? この鉄道は以前はサトウキビを運ぶために使われていましたが、今はその代わりに観光客を乗せて走っています。2階部分は屋根があるものの両脇はオープンになっていて、島の風景を眺めることができます。正式名称は「St. Kitts Scenic Railway」で、ホームページもあるのでチェックしてみてください。

この記事の続きを見る


カリブ海の小さな島国、セントクリストファー&ネイビスを知ろう!(その1)
  • テーマ:
  • ビーチ
カリブ海には多くの小さな国々や島々があります。とくに私たち日本人にはわかりにくいのが、カリブ海の東側に点々と続く、小アンティル諸島。ここはまさに「島ごとに」というほど、細かくミニ国家や自治領、植民地に分かれています。今回紹介するのはそのうちのひとつ、セントクリストファー&ネイビスです。その名のように、ここはセントクリストファー島とネイビス島という2つの島からなるミニ国家で、独立国家としては南北アメリカ大陸では面積、人口ともに最少だとか(面積は両島合わせても西表島よりやや小さいくらい。人口は約5万5000人)。世界でも8番めに小さい国だそうです。もとイギリス領で、1983年に独立を果しました。

この記事の続きを見る


カリブ海の小さな島国、セントクリストファー&ネイビスを知ろう!(その2)
  • テーマ:
  • 世界遺産
その1からの続きです。さて、この国の住民のほとんどは、アフリカ系黒人です。植民地時代、イギリスはここで大規模なサトウキビのプランテーション農業をしていました。先住民は死滅してしまったので、奴隷としてアフリカから多くの黒人が連れて来られました。現在の国民はその子孫です。その砂糖産業ですが、20世紀末になると他国に押され、2005年にはその生産も中止。現在のおもな産業は、「観光」となっています。セントクリストファー島とネイビス島の両島にはリゾート施設が次々と作られ、首都パセテールにはカリブ海を行く大型クルーズ船が次々と寄港するようになりました。

この記事の続きを見る


独立国より植民地のほうがいい? 独立を取り消したという珍しいミニ国家、アンギラ
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/アンギラ 
カリブ海の東側に、点々と小さな島々が続く小アンティル諸島。8つの独立国と欧米の10以上の海外領土からなりますが、その中のリーワード諸島にあるアンギラ(島)はイギリスの海外領土です。面積は猪苗代湖よりやや小さいぐらいで、すぐ南にはフランス領とオランダ領からなるセント・マーチン島があります(ビーチすれすれに大型旅客機が飛ぶ、あの島ですね)。「アンギラ」とはスペイン語で「うなぎ」の意味で、島が「東西に長い」ことから。島はコロンブスの2度目の航海の時に発見されましたが、入植が始まったのは17世紀のこと。1967年2月には、150km南にあるセントクリストファー島とそのすぐ近くのネイビス島と共に「セントクリストファー=ネイビス=アンギラ」とまとめてイギリスの自治領になります。

この記事の続きを見る


趣のある小さなエントランス
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
ニューヨークは、ジャズのメッカ。星の数ほどジャズクラブがあります。本場のジャズを楽しみたいと期待に胸が膨らみますね。とは言え、敷居が高くて行きづらい、チャージが高すぎるなど、せっかくの興味心が躊躇してしまっては本末転倒。ここでは、ジャズ好きにはもちろん、普段あまりジャズに親しみのない人、今夜はどこへ出かけようかなと迷っている人、全ての人に楽しんでもらえる、気さくな雰囲気のジャズクラブをご紹介します。

この記事の続きを見る


大きなツリーの電飾が様々な姿を見せてくれます。動画でお伝えできないのが残念!
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ボストン 
クリスマス時期の名物となり始めた、光と音楽のショー「Blink!」が今年(2014年)もかえってきます!2012年からファニュエルホール・マーケットプレイス(通称クインシーマーケット)にて始まった「Blink!」は、音楽にのせて、大きなクリスマスツリーや周りの木々に飾られたライトが点灯するというイベント。まだ今年で3年目という新しいイベントですが、開始当時から好評なので、今後の冬の定番イベントとなっていきそう。

この記事の続きを見る


ユニオンスクウェアのヨガスタジオのポスター
  • テーマ:
  • ヨガ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
NYでは10年以上前にヨガが始まり、今やすっかりニューヨーカーのライフスタイルに溶け込んでいます。NYでは競争が激しく、ストレスが溜まりやすいため、リフレッシュしたい、また、美容と健康にも気を付けたい、という人々のニーズがヨガを定着させているよう。近年では、ランナーがコアマッスルを鍛えるためにヨガをトレーニングの一環に取り入れたりしています。その他に、責任のあるポジションにある方が、精神安定にヨガの瞑想を取り入れるというケースもあります。このようにNYでヨガは男女問わず、親しまれているんですよ。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。クリストファーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介