page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「クルージング 服装 海外」の見どころ情報

クルージング 服装 海外に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「クルージング 服装 海外」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


宝石を散りばめたかのような夜景も丸ごと独占!
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
澄み切った青空・空からさんさんと降り注ぐ陽光・頬をくすぐる爽やかな風。若葉が芽吹き、涼やかな季節へと突入したモスクワを楽しむなら、モスクワ川を遊覧するクルージングに繰り出すのはいかが?今回ご紹介するのはスターリン建築で有名なラディソンホテル・ロイヤルから発着するモスクワ リバー クルーズ。お食事やアルコールも愉しめる大型レストランシップで、ゆったりとくつろぎながら救世主キリスト教会・クレムリン・ワーシリー寺院・スターリン建築など、とっておきの景観を船上から楽しむことができます。

この記事の続きを見る


「クルージング 海外」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ホアンキエム湖の湖畔で休憩するのも
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
北部ハノイはベトナムの首都であり、南部ホーチミンに続き第2の観光都市として知られています。ベトナムと言えば南国の気候をイメージしがちですが、ハノイは温暖な気候で、1年を通して若干の四季があります。旅行に最適なシーズンは10月と11月。ハノイではこの時期は「秋」と呼ばれていて、降水量も少なく、また過ごしやすい気温が続きます。ハノイはホアンキエム湖を中心に散歩道や教会、博物館といった観光名所が市内各地に点在していて、老若男女楽しむことができます。

この記事の続きを見る


インドシナ号客船内
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
ホーチミン市内中心を流れるサイゴン川は、古くからベトナム人と歴史をともにしてきました。そのサイゴン川に毎夜定時出航しているディナークルーズ船が「インドシナ号」です。現在ではホーチミン観光の定番ナイトスポットにもなっています。かつて100年フランスに統治されていた植民地時代、フランス人が名付けた「フランス領インドシナ」の古き良き趣を持ったジャンク船で、木造の温かみある内装はベトナムらしさを感じることができます。完全予約制なので、ツアーデスクもしくは旅行会社を通して参加しましょう。

この記事の続きを見る


南米のウスアイアから国境をボートで行く、ビーグル水道周遊クルージング
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • 中南米/アルゼンチン/ウスワイア 
南アメリカの南部には、チリとアルゼンチンの国境が、狭い海峡を入り組むようにしてあります。この海峡は「ビーグル水道」と呼ばれ、広い場所では幅10km、狭い場所では幅1kmほどです。ここへはアルゼンチンのウスアイアから船に乗り、クルージングで訪れることができます。夏の暖かい季節には、たくさんのペンギンが出産、子育てに訪れ、冬の寒い季節は、オタリア、アシカそして海鳥などを見る事ができる場所です。

この記事の続きを見る


「クック諸島」の日帰りめぐりツアー
  • テーマ:
  • ビーチ
南国の島国「クック諸島」の「アイツタキ環礁」への日帰りツアーの紹介をしています。ついにクルージングがスタートしました。アイツタキ環礁の島々を巡る「アイランドホッピング」です。大小の島いくつあるのかわかりませんが、飲める水が湧き出るのはたったの3つだそうです。そこには人が住めることもあり、ホテルが設けられているそうです。船での移動中は、生演奏を聞いたり、ココナッツの割り方を伝授してもらったりと、飽きる時間はありません。

この記事の続きを見る


今話題のフリースタイル
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
クルーズ旅行のイメージをガラリと変えた、アジア発の”フリースタイル クルージング”を提唱する「スーパースター アクエリアス」。このコンセプトは、厳しいドレスコードや面倒なチップなど、客船クルーズの堅苦しいお約束を取り払い、自由気ままに自分らしく船上ライフを楽しむもの。今回乗船したコタキナバル発プエルトプリンセサは3泊4日と短期間、かつ週末を組み込んだスケジュール。アクセスがひと苦労な世界遺産のプエルトプリンセサ地底河川国立公園へもラクラク! 一度体験すればクセになる、洋上ホテルの魅力をお届けします。

この記事の続きを見る


小さな橋をたくさん渡って、水の都ブルージュへ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブルージュ 
首都ブリュッセルから電車で約1時間ほどで、ブルージュという町に到着します。そこは「水の都」とか、「北のベネチア」という別名を持つ、多くの運河が張り巡らされた町です。私が訪れたのは春先の快晴の日だったので、駅から町の中心地まで歩くことにしました。その道沿いにも運河が流れ、それに架かる小さないくつか橋を渡って町の中心へと入っていきました。町中に中世の建物が残っていて、とても美しい景観でした。小さな町ながら多くの観光客が訪れるのも納得です。

この記事の続きを見る


スタークルーズはTTGアジアによる「アジア太平洋ベスト・クルーズ・オペレーター」を10年連続受賞、”トラベル・ホール・オブ・フェイム”として殿堂入り5年目
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
”客船クルーズ”や”船旅”と聞くと、どこか縁遠く感じている方もいるかもしれません。かつては世界一周など老後の楽しみ的なイメージがありましたが、昨今はクルーズタイプもバラエティ豊かになり、2泊3日や一週間など、気軽に参加できるプランもあります。船旅の魅力は、「移動するホテル」であり、「美食を味わうレストラン」であり、そして豊富なエンターテイメントを楽しむ「テーマパーク」。この夏公開の、櫻井翔さん主演映画『謎解きはディナーのあとで』も、クルーズ船が舞台。この機会に挑戦してみませんか?

この記事の続きを見る


被り物をした優しいНЯНЯさんと夢中で遊ぶキッズたち
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
朝の9時、やっとお日様が闇から顔を出してくれる真冬のモスクワ。気温は連日マイナス20℃に下がり、少しの間外を歩くだけで凍えてしまうほど。公園には屋外のアイススケートリンクが次々とオープンし、冬のアクティビティを楽しみながらホットワインをいただく―――なんて乙な楽しみ方もありますが、この時期、たくさんの方にお勧めしたいのが、凍りつめた川面を砕きながら前進する、モスクワリバークルージング!今回は≪氷の都≫ならではのアクティビティへと繰り出しましょう。

この記事の続きを見る


丘の高さは30〜40mと低め。ひたすら続く不思議な丘の風景に、自然の偉大さを感じる。
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボホール島(フィリピン) 
ボホール島を代表する風景といえば、広い大地からポコポコ隆起する円錐形の丘「チョコレートヒル」。ボホール島の中央に約1000個ほど小さな丘が果てしなく続く風景は幻想的に映るでしょう。季節によって深緑だったり、4月〜6月はまさに茶色(チョコレート色)へと木の葉が色を変えるのもいい。大昔は海底だったといわれるこの大地、丘の周辺からは貝殻なども多く見つかっているそう。フィリピン各地に自然にまつわる伝説が沢山ありますが、ここには、“愛する女性が死に、悲しみに泣いた男性の涙が小丘になった”というロマンチックな逸話もあります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。クルージング 服装 海外に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介