page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「クロアチアの冬」の見どころ情報

クロアチアの冬に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「クロアチアの」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


直行便が飛んでいるポーランドの首都ワルシャワ。しかしそれ以外の都市へも乗り継ぎがいい
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
成田からデイリーで(冬期は減便)、ワルシャワへ直行便を飛ばしているLOTポーランド航空。日本からポーランドに行く場合、最も早くて便利な航空会社ですね。なので私たちは乗客のほとんどはポーランドを最終目的地としていると思いがちですが、実はワルシャワで乗り継いで他国へ行く日本の乗客の方も多いのだそうです。周辺の中欧諸国は日本からの直行便がない国も多く、ワルシャワでの乗り継ぎ時間が短ければ他社便より早く着く場合もあります。また、所要時間があまり変わらなければ、運賃が比較的安いLOTポーランド航空に乗ろうという人もいます。今回は「乗り継ぎでLOTポーランド航空を使うには」という点で考えてみました。

この記事の続きを見る


スプリットの住宅地。写真右の建物がソベ
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/クロアチア/スプリット 
クロアチアには、「ソベ」と呼ばれている民泊施設があります。ソベはクロアチア語で「部屋」の意味。クロアチア国内のいたるところにあり、外国人観光客だけでなくクロアチアの人々も利用しています。さて、このソベなのですが、約20年の歴史があります。かつてクロアチアは旧ユーゴスラビアに属していたのですが、そこからの分離独立の際に大きな紛争がありました。たくさんの建物が爆撃を受けボロボロになり、ホテルも大きな被害を受けました。紛争前から、クロアチアはリゾート地としてヨーロッパのツーリストに人気だったのですが、宿泊するところがなければどうしようもありません。ホテル不足は深刻でした。そこで、立ち上がったのが地元のオバサマ方です。「ウチに空いている部屋があるから、そこにツーリストに泊まってもらおう!」と。

この記事の続きを見る


レストラン“ゼンフシュトゥーベ(辛子の部屋)”があるバウツェンの町並み
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドレスデン 
ドレスデンから電車で北東へ50分ほど。ラウジッツ地方と呼ばれるこの辺り一帯の中に、バウツェンという大変可愛らしい町がある。数あるドイツの歴史的な町の中で決して知名度は高くはないが、知る人ぞ知る興味深い町なのだ。地元では辛子の町として知られている。ラウジッツ地方では古くからカラシナの栽培が盛んで、良質の辛子が大量に生産されている。もちろん辛子はドイツ各地のみならず世界中で造られているのでバウツェンだけ特別、というわけではない。しかし、これほど辛子を大切に、誇りに思っている町はないであろう。町には辛子だけを売る専門店や、辛子博物館もある。博物館ではカラシナの説明から始まり、収穫した種子を挽いて粉末にし、酢などを加えてマスタードにする過程が解説されている。辛子はドイツ語でゼンフSenfと言う。

この記事の続きを見る


ビーゴのジェラート、ラズベリーの練乳がけ。1玉なのに山盛り!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スロベニア/リュブリャナ 
古くから文化の要衝として栄えたスロベニアの首都リュブリャナ。お隣クロアチアの首都ザグレブや、ボスニア=ヘルツェゴビナの首都サラエボと比べると、旅行先としてはやや印象が薄い方もいるかと思いますが、市の街並みは非常に洗練され、歴史的な趣を残す建物も可愛らしいショップも数多くあり、実はとても魅力がつまった町です。ほとんどの観光スポットも徒歩圏内のため、街歩きが好きな方には特におすすめの旅行先と言えます。そんなリュブリャナを観光して感動したのが、ジェラートのクオリティの高さ! アイス好きの私は各滞在先でいつもジェラートを食べてきましたが、リュブリャナのジェラートの美味しさは特に強く印象に残っています。そのうえ、西欧の人気都市と比べて物価も高すぎないリュブリャナでは、お得に食べ歩きをすることも可能。今回はそんな隠れたジェラート激戦区から3つのお店をご紹介します。

この記事の続きを見る


中庭を利用したラ・シュトゥルクのテラス席
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/クロアチア/ザグレブ 
クロアチアの首都サグレブのイェラチッチ広場は、多くの人々が集まり、絶え間なくトラムが発着する、町の中心的なスポットです。ザグレブを観光すると、何度もこの広場を通ることになるでしょう。そのイェラチッチ広場から北側のドラツ市場の方へ進み北西に抜けると、「トカルチチェバ通り」という北へ伸びる道があります。この通りの両側にはレストランやカフェ、バーなどが並んでいて、日中も夜間もとてもにぎわっています。またどの店も通りにテラス席を設け、見た目にも鮮やかな風景をしているので、写真を撮りながら歩いてみるだけでも楽しいでしょう。今回はこのエリアで人気の店舗を2つご紹介します。

この記事の続きを見る


公園とB&B密集エリアをむすぶ舗装路
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/クロアチア/ブリトビッツェ国立公園 
クロアチアを代表する世界遺産のプリトヴィッツェ湖群国立公園は、文化遺産が多いヨーロッパにおいてとりわけ人気のある自然遺産となっています。鮮やかな緑が見られる広大な敷地の中には16の湖と92の滝があると言われ、観光するには最低でも半日、じっくりまわるなら数日かける必要があるほどの観光地です。クロアチアの首都ザグレブ、または港町のスプリットからバスで行くことができますが、数時間の移動時間を要するため、公園内にあるホテルを利用する観光客も多くいます。ただし、公園内にあるホテルはわずか3軒。観光シーズンだとかなり前から予約していないと埋まってしまいますし、立地が良いので料金も高めです(クロアチアは物価の安い国ではありません)。「予約ができなかった」または「節約したい!」という方におすすめしたいのが、公園の南側にあるB&B密集エリアです。

この記事の続きを見る


整備された石段を登って丘の頂上のめざす
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/クロアチア/スプリット 
クロアチア第2の都市にして、ザグレブやドブロブニークと並ぶ観光都市でもあるスプリット。旧市街の大部分を成す世界遺産のディオクレティアヌス宮殿は見ごたえたっぷりですし、海岸通りに建ち並ぶカフェやレストランは開放的な店ばかりで、晴れた日には気持ち良くすごせます。近年クロアチアはハネムーナーの旅行先としても人気ですが(実際に私も旅行中に何組か日本人カップルを見かけました)、訪れてみるとその理由がよくわかります。今回はそんなカップル旅行にもおすすめの、スプリットのイチ押しスポットをご紹介します。

この記事の続きを見る


モスタル観光の主要エリアとなる旧市街
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ボスニア・ヘルツェゴビナ/モスタル 
日本では紛争のイメージが強いボスニア・ヘルツェゴビナですが、民族の多様性が感じられる独特な文化をもっており、首都のサラエボをはじめとした観光地には世界中から観光客が集まります。世界遺産の橋「スタリ・モスト」で有名な古都モスタルは、ボスニア・ヘルツェゴビナの中でも特に人気のある観光地。お隣クロアチアの人気観光地ドブロブニークから日帰りで観光することもできるため、ある程度ご存知の方も多いと思いますが、今回はモスタル近郊の観光地も含めじっくりご紹介したいと思います。魅力的なスポットが多いモスタルは非常におすすめの観光地なのです!

この記事の続きを見る


スルジ山登山道からのドブロブニーク旧市街の眺め
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/クロアチア/ドブロブニーク 
世界遺産にも登録されている、クロアチアの大人気観光スポットであるドブログニク旧市街。アドリア海の景色が魅力の港町のイメージが強いですが、海の反対側すぐのところには小高い山があります。この小高い山、標高412mのスルジ山はその立地から、19世紀初頭のナポレオン戦争の際は要塞が作られたり、20世紀末のクロアチア独立戦争の際は主戦場になったりと争いの絶えいないエリアでしたが、現在ではロープウェイが運行され旧市街を一望できる観光スポットとして人気を集めています。スルジ山に登るためのロープウェイは旧市街の東端プロ−チェ門から歩いてすぐのところにあり、ほとんどの観光客はこれを利用するのですが、実はちゃんと整備された登山道も用意されています。こちらの登山道、利用するのは現実的なのでしょうか?

この記事の続きを見る


湖の上に渡された、木の橋が多い散策コースが人気
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/クロアチア/ブリトビッツェ国立公園 
この夏(2015)、クロアチアにある世界遺産のプリトヴィッツェ湖群国立公園に行ってきました。公園自体の説明や宿泊については別項に書いているので、今回はそのハイキングコースを具体的に紹介してみましょう。この国立公園は、クロアチアの首都ザグレブから南へ約110キロ(バスで2時間半)の渓谷の間に点々とある湖です。大小16の湖がありますが、石灰岩のカルスト地形にあるため、湖水に含まれるミネラルがあちこちで流れをせき止めて、小さな滝を作っています。透明度が高い湖には、石灰が付着した倒木が沈んで絶景を生み出しています。この湖にはいくつも散策路が作られており、ハイキングコースとしても有名なことから、週末や夏休みには多くの人がやってきます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。クロアチアの冬に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介