page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「グリーン島 グルメ」の見どころ情報

グリーン島 グルメに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「グリーン島 グルメ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


昔から地元に愛されるTiny's
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
グラフトンストリートにあるジュースバーTiny's on Graftonは、フレッシュジュースやスムージーだけでなく、キッシュやラップ、サラダなどのヘルシーな軽食がリーズナブルな価格で買えるので、昔から地元の人に愛されています。私もかれこれ10年ほど前もお昼ご飯に来ていたのを覚えています。朝7時からオープンしているので、朝ごはんにも便利です♪

この記事の続きを見る


「グリーン島」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ケアンズの世界遺産を再現!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
ケアンズ・アクアリウムは、町の中心部の、フローレンス・ストリートとアボット・ストリートの角にあります。ケアンズ市内のホテルなら、どこからでも徒歩圏内という便利な立地です。真っ白な壁に、大きなお魚の絵が描かれていて、入り口には、サンゴ礁のオブジェがそびえ、どこからどう見ても、水族館!という外観なので、すぐに見つけられるはず。二つの世界遺産、熱帯雨林とグレートバリアリーフの自然をギュッと凝縮した、ケアンズならではの水族館です。

この記事の続きを見る


自然にあふれた島でのんびり過ごそう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
日本から直通便のあるオーストラリア・ケアンズ。この都市は、世界自然遺産である「グレートバリアリーフ」への玄関口として、年中観光客でにぎわっています。家族で楽しむならば、グレートバリアリーフの浮かぶ島の一つ「グリーン島」に行くのははいかがでしょうか。ケアンズの港から船で40分で到着の距離ですが、島には観光客がいてもほどほどの人数のため、きれいな海とビーチでのんびりと過ごすことができます。

この記事の続きを見る


まるで夢のよう! 世界遺産のグレートバリアリーフにあるマリンリゾート
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/グレートバリアリーフ 
オーストラリアには複数の世界遺産がありますが、そのひとつが「グレート・バリアリーフ」です。サンゴによって作られた大環礁群は約2300kmもあり、日本の本州よりも長いというからビックリですよね。生物であるサンゴによって形成されていることから、「地球最大の生命体」と言われているんですよ。およそ200万年前に誕生し、以降、波と風によってサンゴが堆積と浸食を繰り返してできた奇跡的な場所です。海は淡いブルーから濃いブルーへと変化する非常に美しいグラデーションで、目の当たりにすると夢を見ているような不思議な気分になります。

この記事の続きを見る


「グルメ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

桂林米粉を代表する鹵菜米粉。トッピングなしなら、薄味で美味しい。独特のコシは、一度乾燥させた米粉を水でもどして使うことから出るのではないだろうか
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/桂林 
中国の西南部に位置する広西壮族自治区桂林は、水と山が生み出す風景が美しい世界的な景勝地です。桂林の穏やかな風景を求めて訪れる日本人も多く、中国西南部の人気都市の一つです。桂林の朝昼は、やはり名物の桂林米粉を食べましょう。中国では「米粉(ミーフェン)」と呼びますが、ビーフンのことです。とはいっても日本人がイメージするビーフンは、台湾風の極細ビーフンではないでしょうか。中国の米粉は、かなり太目。幅5ミリぐらいの平たいものもあります。中国南部では、米粉を麺と同じように日常的に食べます。桂林米粉とほかの地方の米粉との違いは、コシがあることではないかと思っています。このコシがたまらなく美味しいのです。

この記事の続きを見る


工場ではビール製造の様々な工程を見学できる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/チェスキー ブジョヴィツェ 
「チェコはビールの国」と言われるように、チェコ人は一人当たりのビール消費量が世界一と言われています。別記事でも紹介したようにチェコの2大ビールブランドというとピルスナー・ウルケルとブドヴァイゼル・ブドヴァルですが、今回紹介するのは、その後者の工場見学ツアーです。このブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所があるのは、チェコ南部の都市チェスケー・ブディェヨヴィツェ。約1時間の見学ツアーは、基本的には毎日14時からの一回のみなのでご注意を。

この記事の続きを見る


チェコではポビュラーなブランドのビール
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/チェスキー ブジョヴィツェ 
チェコ南部、南ボヘミア地方の最大都市のチェスケー・ブディェヨヴィツェは、人気の世界遺産都市チェスキー・クルムロフへのアクセス都市として通過するだけではもったいない、なかなか居心地が良い都市です。見どころはいろいろありますが、ビール好きにはチェコビールの二大ブランドのひとつ、ブディェヨヴィツキー・ブドヴァルの生産地として知られているところ。この町にビールの王立醸造所が作られたのは13世紀のこと。以降、この町ではビール造りが盛んになり、19世紀末には近代的な工場でビールが大量生産されるようになります。冷蔵保存や安価なガラス製造技術が開発される以前は、ビールの多くは生産地で飲まれる地ビールでした。しかし大量生産と瓶詰めが可能になり、このブドヴァルのビールが広く世界で飲まれるようになったのです。

この記事の続きを見る


HISSHOU
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
シドニー在住の私が、日本食が恋しくなりやってきたのは鉄板焼のお店「Hisshou」です。シドニーの中心街CBDにロケーション。パフォーマンスが面白くて思い出に残る店。

この記事の続きを見る


セントーサ島
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/セントーサ島(シンガポール) 
マレーシアンフードストリートまでのアクセスは簡単。最寄りは、ウォーターフロント駅。Vivo City駅よりセントーサ島行のモノレールに乗ります。

この記事の続きを見る


お花が食べられるカフェ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
日本でも人気のあるエディブルフラワー。今回は香港でぜひ立ち寄りたいインスタ映えカフェで、色鮮やかで美しい食べられるお花を使ったケーキをいただいてきました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。グリーン島 グルメに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介