page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ケベック州 豆スープ」の見どころ情報

ケベック州 豆スープに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ケベック州 豆スープ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


広大な自然から獲れる食材で作るケベック料理。料理もダイナミックなものが多い!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
フランスの影響を強く受けているケベック州の文化。料理の面でもフランス料理と共通する部分が多く見られますが、気候や食材に合ったケベック独自の料理を生み出してきました。お肉やオイル、バターなどをたっぷりと使った料理が多いケベックの家庭料理。パイやキャセロールなどオーブンを使ったあたたかい料理が多いのも特徴で、寒い地方ならではの知恵が詰まった料理がたくさんあります。今回はケベック州の家庭で食べられる郷土料理をご紹介します!

この記事の続きを見る


「ケベック州」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

朝から夜まで営業の本格フレンチベーカリー
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/ケベック 
日本では比較的本当のクロワッサンやバゲッドが手に入るので分かりにくいかも知れませんが、フランスと日本以外ではそれがなかなか難しかったりもするんです。でもケベック州はフランス系カナダ人が多く住み、本格的なバゲッドやクロワッサンが楽しめる場所でもあります。このカフェも例外ではなく、本格的なクロワッサンやバゲッドを売っています。とてもサクサクでバターもたっぷりのクロワッサンと、周りがパリパリの本格バゲッド!その種類も多くドライフルーツやナッツ類、フルーツの入ったペストリーなど多くの美味しいパンが並んでいます。

この記事の続きを見る


かわいい家が多いウエストアイランド。モントリオールの人たちの生活が見られます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
カナダの公用語は英語とフランス語ですが、ケベック州の公用語はフランス語のみ!その州都、モントリオールでは、教育、仕事、交通機関など、ありとあらゆる場所でフランス語が使用されています。そんなフランス色が強いモントリオールで、英語が公用語のように使われている珍しい町があります。そこは「ウエストアイランド(West Island)」。ケベック州の中でも英語を母国語として使う人が最も多い町なのです。

この記事の続きを見る


モントリオール市内の地下鉄やバスで行ける、便利なアクセスが魅力。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
カナダには広い敷地を使った、大型ショッピングモールがたくさんありますが、ケベック州など冬の寒さが厳しい地域では、屋内でショッピングができるショッピングモールが大助かり!今回はモントリオールのダウンタウン内にある、カジュアルなショップが豊富なショッピングモール「Carrefour Angrignon」をご紹介します。

この記事の続きを見る


モントリオールの冬のショッピングは屋内のショッピングモールがおすすめ!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
ケベック州の南西に位置する町、Laval(ラバル)はモントリオールから北へ車で30分から1時間で行ける、モントリオールの隣の島。ここは近年急速に発展している今注目の町で、住宅やショッピングモールがどんどん拡大しています。そして、モントリオールから近いこともあり、ダウンタウンからLavalへ移り住む人も増えています。また住民の60%以上がフランス語を母国語とするフランス語圏の町です。そのLavalの中心には大きなショッピングモール「Carrefour Laval」があります。

この記事の続きを見る


カラフルな家がかわいいモン・トランブランの村。たくさんのお店が並んでいます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/ケベック 
カナダの一年で一番暑い時期は、7月から8月。モントリオールの夏の気温は平均20℃前後と日本の夏ほど暑くはありませんが、涼しい場所を求めて、多くの人がケベック州のロレンシャンエリアにある、モン・トランブラン(Mont Tremblant)に行きます。ここは、夏は避暑地として、秋はメープルの紅葉、冬はスキーリゾート地として有名で、一年を通して世界各国からたくさんの人が訪れる、ロレンシャン観光の中でも人気のエリアです。

この記事の続きを見る


歩き始める前にまずは街の基本的な作りを理解してみましょう
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
旧市街と呼ばれる地域はセント・ローレンス川沿いに細長く位置し、川沿いには旧港(Old Port / Vieux-Port)があります。そして長い道が南北に3通り通っています。川沿いからRue de la Commune O, Rue St-Paul O, Rue Nortre-Dame Oです。旧市街の北の端にはノートルダム・ド・ボンスクール教会があり、その隣にボンスクール・マーケットが、続けて南下すると街の中心とも言えるジャック・カルティエ広場があり、その横にはモントリオール市庁舎が建っています。更にRue Nortre-Dame Oを南下するとノートルダム大聖堂が建ち、その先にはポワンタ・キャリエール考古学歴史博物館やモントリオール歴史センターなどモントリールの歴史を学べる博物館があります。

この記事の続きを見る


冬でも活気溢れるマーケット!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
どこの国でもマーケットはその国の人達の生活の様子や、食生活などが垣間見えて色々と見て歩くのが好きなのですが、モントリオールにいいマーケットがあるというので行ってみました。1933年にOpenしたモントリオールで最も古く大きなマーケットの1つです。冬なので屋内部分しか営業していないのですが、春〜秋には屋外部分にもたくさんのお店が出て更に活気溢れるマーケットになるそうです。今回は屋内部分を見て回りましたが、春になって屋外スペースが出たら・・・というかモントリオールに行ったら毎回立ち寄りたいマーケットです。

この記事の続きを見る


モントリオール空港はそれほど大きな空港ではないので移動は比較的簡単です。ショッピングはあまりおすすめできませんが・・
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
春から秋にかけて、観光ベストシーズンのカナダ。西部にある都市、バンクーバーやビクトリアは日本から近いこともあり、行ったことがあるという方は多いのでは?でも、もうちょっと足を延ばすと、カナダ西部とはまた違った文化や風土を持つ、ケベック州が広がります。今回は北米の中でも独特な文化を持つ、ケベック州の都市、モントリオールへの個人旅行、または留学などを考えている方に便利な空港情報をお届けしたいと思います。

この記事の続きを見る


海外の山が美しい季節〜カナダのメープル街道を行く
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/ケベック 
カナダの東部、ケベック州では9月中旬くらいから、日本より一足早く紅葉が訪れます。最大の見どころは、オンタリオ湖畔のナイアガラの滝周辺からケベックまでの800キロにもわたるメープル街道です。途中に大都市トロント、落ち着いた首都オタワ、北米のパリと称されるモントリオール、そしてヨーロッパの都市を思わせる世界遺産のケベックと、大自然と町の魅力も味わえます。高速道路ではなく、ゆっくりと一般道を、小さな町も一緒に巡りつつ、旅をしてみたいものですね。まずはナイアガラの瀑布がその自然の威容で迎えてくれます。晩秋を迎えつつあるカナダは、その澄んだ空気の清々しさに驚かれることでしょう。パキッと乾いた冷えた空気感が、日本との違いを感じさせてくれます。トロントから車を東に向かって走らせていくと、徐々に紅葉が深まってきます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ケベック州 豆スープに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介