page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「コタキナバル 直行便」の見どころ情報

コタキナバル 直行便に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「コタキナバル 直行便」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


子供連れに人気のビーチリゾート〜マレーシア・カリマンタン島
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
日本から直行便でわずか6時間、マレーシアのカリマンタン島にあるコタキナバル(通称KK)は、盲点のようなリゾート地です。まず飛行時間が短く、現地は安全、物価も高くなく、海のリゾートだけでなく、オランウータンやテングザルも見られるのです。飛行機移動があまり長いと難儀する子供連れの海外旅行で、冬でも常夏のKKは、もってこいのビーチリゾートなのでした。できればKK滞在は、日曜日を挟むといいでしょう。市内中心のガヤ通りで、朝6時頃から昼過ぎまでサンデーマーケットが開かれるのです。観光客のお目当ては、新鮮なフルーツでしょうか。民芸品などお土産類もそろっています。そしてKKがいいのは、とくに海鮮中華がおいしいことです。美食の国マレーシアの中でも、素材が新鮮なためか、びっくりするほどのおいしさです。もちろんサテ(焼鳥)などマレー料理やインド料理も食べられますので、飽きることはありません。

この記事の続きを見る


家族旅行におすすめの海外旅行先〜コタキナバルなら大人も子供も満足な旅を保証します!
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
「家族旅行におすすめできる行き先は?」。私の頭に真っ先に浮かんだ答えは「コタキナバル」。マレーシア、ボルネオ島サバ州の州都です。私も経験がありますが、家族旅行というのは、どうしても“最大公約数”的な行き先を選ぶことになりますよね。誰かの好みに偏ることなく、みんなが心から満足できる旅を作るには、行き先選びが最大の難関なのです。コタキナバルなら、楽しい家族旅行を実現するための最高の条件が揃っているんですよ!

この記事の続きを見る


パンタイ
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
2013年10月28日からマレーシア航空の成田‐コタキナバル直行便が復活! コタキナバルが再び、グンと行きやすくなります。今回はコタキナバルでおすすめしたいビーチリゾート、シャングリ・ラ ラサリアリゾートをご紹介しましょう。小高い丘に囲まれた自然保護区内、約3km続くパンタイ ダリット ビーチに面し、オランウータンが暮らすリハビリセンターも併設。ビーチでのんびりするにも、野生動物と出会いにトレッキングに出かけることもできる、大自然を満喫できる豪華リゾートです。

この記事の続きを見る


サラワク川に面して建ち並ぶカラフルなショップハウス。19世紀後半に建造された中国の伝統的な建物です。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/クチン(マレーシア) 
羽田からダイレクトに行ける海外の選択肢がグッと増えました。中でも気になる存在といえば、名前にあまり馴染みのない(!?)マレーシアのクチンではないでしょうか。羽田と関空から直行便(便名は同じで、コタキナバル経由)で、約9時間で行けるクチン。ボルネオ島にある、サラワク州の州都です。オランウータンをはじめとする珍しい動植物、伝統的な暮らしを守る少数民族、かつて英国人が統治していた歴史……。そのユニークな魅力をお伝えしましょう。ちなみに5月21日以降からコタキナバル乗り継ぎになるので、お早目に!

この記事の続きを見る


雨の多いマレーシアでは、川の流れが急なので、スリルたっぷりのラフティングが楽しめます
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
太古の森が今も手付かずで残る、マレーシアのボルネオ半島。そのボルネオ半島の中心地となっているのが、コタキナバルという街。成田から直行便が出ているので、行きも帰りも乗り換えなしでラクチン♪そのコタキナバルでのアクティビティの代表ともいえるのが、ラフティング。初心者から家族連れでも安心して楽しめるパダス川と、少しスリルを求める上級者向けのキウラ川とレベルに合わせて、2つのコースからチョイスすることができます。ぜひ迫力満点のアクティビティでボルネオの自然と触れ合おう!

この記事の続きを見る


シパダン島といえば、いわずと知れた回遊天国!!
  • テーマ:
  • ダイビング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/シパダン島(マレーシア) マタキング島 
「海外の海に潜りたい!」ダイバーなら誰もが憧れますね。海外のダイビングスポットと言えば、パラオ、モルジブ、オーストラリアのグレートバリアリーフ等…誰もが耳にしたことがある人気スポットが挙げられます。でもダイバーが選ぶ世界No,1スポットに選ばれたことがある場所が、マレーシアにもあるのはご存知ですか? その名は「シパダン島」。東マレーシアのボルネオ島に浮かび、抜群の透明度を誇ります。シパダン島の特徴はバラクーダー、ギンガメアジ、ツンブリなど回遊魚の大群が見られること。ドラマティックな海中シーンが楽しめます。

この記事の続きを見る


「コタキナバル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

日本から近い常夏のリゾート地
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
日本から、距離的に近く、真冬でも常夏のビーチリゾートを楽しめるのはどこでしょうか? まず挙げられるのが、グアムとサイパンでしょう。いずれも東京から3時間半ほどのフライトです。次がフィリピンのセブ島で約5時間。そしてベトナムのダナンと続きます。ただ、ダナンには北風が入るので、冬は肌寒くて、海で泳ぐ気にはなれないですね。6時間あれば行けるのが、マレーシア・カリマンタン島のコタキナバルです。ここまでくればもう十分に暖かく、子供でもシュノーケリングを楽しめます。マレーシア航空が成田から月と木の週2便飛んでいますので、木曜日出発で月曜日帰着なら、4泊5日で遊べます。成田空港9時30分発コタキナバル着14時40分と、その日の内に泳げます。帰りは深夜便ですので、無理をすれば、パパはそのまま月曜日、会社に行くことだって可能です。週末を少し長めに休暇をとって、行ってみたくなるところです。

この記事の続きを見る


コタキナバルの大規模なシーフードレストラン
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
海外旅行に行ったら、その土地の特産品を食べてみたいと思う人は多いことでしょう。とりわけ、「この国の中でも、この地方にしかない!」と言われるほど、好奇心もありがたみも増すものです。ボルネオ島、サバ州のコタキナバルへ行ったとき、私もいろいろな特産品を積極的に試してみました。南国フルーツもめずらしいものが多くて感動しましたが、現地ガイドさんが「ぜひ、これを食べてくださいね!」と力説してくれたのは、「サバベジ」という名前の野菜でした。

この記事の続きを見る


緑あふれる車窓が楽しめる、サバ州立鉄道
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
「あっ、サバ鉄道です! 走ってます、走ってます!」ガイドさんは、運転している車のハンドルから両手を離す勢いで、私に教えてくれました。マレーシア、ボルネオ島西北部の都市コタキナバルから近郊へ向かうツアーの途中のことです。世界の鉄道にそんなに詳しくない私の目には、ごくふつうの鉄道にしか見えませんでしたが、ガイドさんはとても誇らしげ。あとでよく聞いてみると、サバ鉄道というのは正式名称を「サバ州立鉄道」といい、ボルネオ島で唯一の鉄道路線だそうです。「次回の旅行では、ぜひ乗ってみてください!」

この記事の続きを見る


ボルネオ島、コタキナバル近郊で見た「ツバメの巣」ビジネスとは?
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
広東料理の高級食材のひとつに数えられる「ツバメの巣」。あなたは食べたことがありますか? 普通はそうたびたび口にするチャンスがない食材ですよね。これはアナツバメという種類のツバメが作る巣のことです。アナツバメは東南アジアに多く生息している鳥であり、洞窟内に巣を作ります。その巣の材料は、日本で巣作りをするツバメの仲間とはまるでちがいます。唾液腺から出る分泌物でできているのです。古来から美容と健康にいい漢方食材として珍重され、スープやデザートに用いられてきました。巣そのものにはほとんど味はなく、歯ざわりを楽しみます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。コタキナバル 直行便に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介