page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「コルマール 名物」の見どころ情報

コルマール 名物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「コルマール 名物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


そびえ立つオー・クニクスブール城。眺めはもちろん絶景
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
フランスを旅すると、地方色の豊かさや特徴を感じます。首都パリはもちろんですが、可能であれば、皆さんにはぜひ地方を訪れていただきたいと思いつつガイド記事を書いています。さて今回ご紹介するのはドイツに隣接するアルザス地方です。フランスの地域圏はしばしば合併され、その都度名前も改められるので、正確に言えば、現在はグランテスト地域圏と言います。地域圏の中心都市はストラスブールです。大聖堂やクリスマスのマルシェが有名なのできっと耳にしたことがあるでしょう。パリからこの街にはTGVで2時間で行けてしまいます。聞こえてくる言語も独特で、童話に出てくるような村や街の建築物。そんなアルザスをちょこっと覗き見してみましょう。

この記事の続きを見る


町も美術館も素晴らしい〜フランスのコルマールで怪獣の絵を見る
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
フランスのアルザス地方をご存知ですか? フランス北東部、ライン川をはさんでドイツと国境を接する一帯です。面白いもので、建物や食文化、雰囲気がどことなくドイツに似てくるのです。大陸を旅していると、民族や文化のグラデーションのような移り変わりが楽しいですね。ライン川の西側南北にそびえるのがヴォージュ山脈、その麓で栽培されているのがアルザスワインとなるブドウです。もっとも大きな町は、欧州議会のあるストラスブール。ドイツのシュツットガルトやフランクフルトもさほど遠くありません。ストラスブールが「街道の町」と呼ばれる所以です。ドイツの主要都市と、パリとの中継地になるのです。パリまで高速鉄道TGVで2時間半の距離です。

この記事の続きを見る


フランス・アルザス地方のおとぎの国のようなロマンチックな村めぐり(後編)
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
アルザス地方では、クリスマスの4週間前の待降節を迎えると、町や村がみんなお祭りムードでいっぱいになります。文化的にドイツの影響の強いアルザス地方では、コルマールをはじめ40以上の村でクスリマスマーケットが開かれ、沢山の観光客が訪れます。ただでさえかわいらしいアルザスの村の家々が、玄関や窓辺をクスリマスの飾りで飾り立て、村全体がクリスマス・デコレーションのミュージアムのようになります。イルミネーションが点る夜の村は、メルヘンチックなムード満点。ホットワインを飲みながら、ドイツらしい木工細工や職人さんの伝統工芸品、美味しいお菓子が並ぶマーケットのそぞろ歩きを楽しみましょう。マーケットの開催時期は村によって異なるので、インフォメーション等で確認することが必要です。

この記事の続きを見る


「コルマール」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

グラシエ・ボッソン付近から見るエギュイユ・ディ・ミディ界隈のアルプスの壮大な眺め
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
度々私がご紹介させていただいている相乗りシステム、http://www.covoiturage.fr。今回も私達親子は、このシステムをフル活用して日帰り弾丸旅行を決行。まずは、シャモニーを7時10分出発。片道1人8ユーロにサイト内の手数料が上乗せされ、所要1時間でアヌシーに到着。朝のアヌシー湖の美しい眺めを堪能し、旧市街を散策。お買い物を楽しんだ後、12時に駅前で待ち合わせ。アヌシーからリヨンまで約1時間半、1人7ユーロに手数料。旧市街のレストランで美味しい食事を堪能した後、旧市街を散策。2つの美術館を訪れた後、市民の憩いの場所無料で楽しめる動物公園へ移動。更に、地下鉄と路面電車を乗り換えて、近日オ-プン予定の建物が斬新な美術館へ。18時半にリヨンからアヌシーまで片道8ユーロプラス手数料で再びアヌシーへ。

この記事の続きを見る


フランス・アルザス地方のおとぎの国のようなロマンチックな村めぐり(中編)
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
アルザスのワイン街道に点在する、かわいらしい中世ドイツの家並みを残す村々。その中でもコルマールからアクセスしやすい村をいくつかご紹介しましょう。まず、厳格な審査によって認定される「フランスの美しい村」に認定されている「エギスアイム」から。11世紀のローマ教皇レオン9世が生まれたこの村は、城を囲むように円周状につくられていて、家々が城壁の役目を果たしていました。他の村の通りは直線的ですが、この村の石畳の小路はカーブを描いていて、他にはない風景を見せてくれます。この村こそが「ハウルの動く城」の舞台だという声もあります。

この記事の続きを見る


フランス・アルザス地方のおとぎの国のようなロマンチックな村めぐり(前編)
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
アルザス地方はフランスの北東に位置し、フランスで最も小さくかつ繁栄している地方です。ボージュ山脈とライン川にはさまれた南北に細長いこの地方は、ドイツ・スイスと国境を接し、戦争のたびにフランス領になったりドイツ領になったりを繰り返してきました。「最後の授業」というお話を覚えていますか?先生が子供たちに「フランス語の授業は今日が最後で、明日からはドイツ語の授業になります」と告げ、教会の鐘が鳴ると黒板に「フランス万歳」と書いて授業を終えたというお話でした。あの物語は、ここアルザス地方が舞台だったのです。アルザスには、今でもドイツの文化が色濃く残っています。

この記事の続きを見る


白ワインと中世ドイツの町並みにうっとり!!フランスのアルザス地方でワイナリー巡り
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
フランスの東部、ライン川をはさんでドイツと国境を接するアルザス地方は、歴史的・文化的にドイツの影響が非常に色濃く、中世ドイツの家並みが残る美しい村が点在しています。南北に連なるヴォージュ山脈の東の裾野にはブドウ畑が広がり、マルレンアイムからタンまでの170kmに渡って、アルザスのワイン街道が続きます。訪れるなら秋のブドウの収穫前がおすすめ。車を走らせると、ブドウがたわわに実った一面のブドウ畑と、次から次へと姿を現すかわいらしい小さな村が目を楽しませてくれます。

この記事の続きを見る


現在のシャモニ-。紅葉前に何度も雪が降り、頂上は新雪で雪化粧を繰り返し、その下は紅葉も見所になりました。この季節、晴れていれば山頂の白化粧した岩肌が夕暮れ時、燃えるようなピンク色に染まります。
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
ヨーロッパの観光名所の近くには、数多くの空港があり格安航空で少ない日程でも周遊することが可能です。しかし空港は大抵郊外にあるため、中心街までの移動に時間や費用が掛かってしまうことも。国鉄を利用する場合、出発日の3ヶ月前よりサイトでの予約が可能で、条件付ですが正規の値段の半額で買える場合もあります。しかし、放浪の旅をしたい方には向かないシステム。そこでお勧めしたいのが、車の相乗りを募集するサイト。http://www.covoiturage.fr 先日実際にこのサイトを使い子供を連れて旅行してみました。

この記事の続きを見る


「名物」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

突然始まるダンスタイムに観客は大喜び。見事な肉体美を披露しながらタイミュージックに合わせて踊る姿は必見!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
1枚目の写真に驚かれた方、ごめんなさい。こちら、バンコク名物のオカマバーではなく、れっきとした貝レストランの店員さんでございます。面積やや小さめなお衣装からのぞくのは見事に割れたシックスパック。その鍛え抜かれたボディを惜しげなく披露し、クネクネ踊るのはこの店のオーナー、ディーさんです。今、バンコクで一番の穴場と言っても過言ではないのがここ『Stanee Mee Hoi(サタニー ミー ホイ)』。バンコク郊外にあるナイトマーケットにある貝レストランです。オーナーをはじめ、ダンサーを務めるのはすべてスタッフの男性。いたってノーマルな上、お客様を喜ばせるサービスは完璧! もちろん貝の味も◎とあって連日大賑わいのお店なのです。

この記事の続きを見る


壁にあるのはアート作品
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
ソウルのホテルの中でも圧倒的にリッチで都会的なホテル「フォーシーズンズホテル ソウル」。ここは、ビジネスユーザーにはもちろんのこと、リゾートとして利用したいゲストの期待にも十分に応えてくれるホテルなんです。開放的で広々としたジム、プールやゴルフ・シミュレーター、ファミリー向けのキッズラウンジなど、ホテルから出たくなくなる設備がそろっています。その中でも、このホテル一番の名所かもしれない場所があるんです。それが、スパにある「韓国式サウナ」。せっかくの旅行、思いきって贅沢したいあなたなら、きっと気に入るはずですよ!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。コルマール 名物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介