page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「サイパン夜」の見どころ情報

サイパン夜に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「サイパン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


10番通りの白い建物が目印です。Hotel
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
カリブ海が美しいリビエラ・マヤのホットな観光地、プラヤ・デル・カルメンには一年を通して世界中から数えきれないほどの観光客が訪れます。しかし、プラヤ・デル・カルメンの道ですれ違う人全てが観光客ではありません。プラヤ・デル・カルメンはメキシコで最も外国人の移住者が多い町として知られています。ヨーロッパからはスペイン人・イタリア人・イギリス人を中心に、アメリカ人やカナダ人を含む多くの外国人がこの町で暮らしています。今回は、地元プラヤ・デル・カルメンに住むイタリア人が「このレストランは本場の味だ!」と勧めるイタリアンレストランの一つをご紹介します。

この記事の続きを見る


こぢんまりとした店内にはカラフルなアロハがズラリ! 子供服から大人まで種類豊富に揃うので家族でお揃いにしても素敵です。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
年中常夏のビーチリゾートグアム。まぶしい太陽の下ではリゾートワンピやカラフルな服がお似合いですが、気分をよりUPしてくれるものといえばアロハです! アロハといえばハワイのイメージですが、グアムにおいてもフォーマル着として定着しているワードローブには欠かせない1枚。現地の人は必ずといっていいほどお気に入りの1着を持っていて、特別な日はそれを着ておめかしするのです。グアムにもいくつかアロハシャツを取り扱うショップがありますが、今回は日本語も通じて旅行者にも便利な上、デザインが圧倒的に可愛い1軒をご紹介します!

この記事の続きを見る


家族旅行に海外へ。「サイパンだ!」も待っている
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/サイパン 
日本から比較的簡単に行けるビーチリゾートといえば、グアムでしょうか。そして、かつてはグアムと人気を二分したサイパンは、なぜかグアムよりも日本人旅行者が少ないような気がします。ステキなビーチがあるのに、なんとも寂しい限り。でも、私はサイパン押しです! 特に家族旅行にはいいと思いますよ。サイパンは、日本人旅行者ウェルカム!です。その意気込みは、1999年に登場した「サイパンだ!」という観光客誘致用のキャラクターにも見て取れます。

この記事の続きを見る


海外でダイビングのライセンスを取得してみよう
  • テーマ:
  • ダイビング
日本でダイビングのライセンスを取ると、3日間の実習で5万円ぐらいすることがあります。どうせそのぐらいかかるのなら、海外でCカード(ダイビング・ライセンス)を取得してみるのもひとつの手です。このカードがないと、「体験ダイビング」しかできませんし、ダイビングショップで機材を借りることもできません。どうせなら、ライセンスがない方、海外旅行のついでに、ダイビングライセンスを取ってみてはどうでしょう?

この記事の続きを見る


合併後の機体にはユナイテッドの名前と、コンチネンタルのロゴ。長年のユナイテッドファンにはあのU字マークのロゴが消滅したのが惜しいところだろう。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空ファンならば、驚いたのが昨年、2010年に発表されたユナイテッド航空とコンチネンタル航空の合併。両社はユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス・インクという新しい会社に吸収され、ひとつのエアラインとして生まれ変わった。今回の合併の特徴は、「両社がともに対等である」ということ。結果、ユナイテッドの名前が残り、ロゴはコンチネンタルのものが残るというユニークなものに。世界大手4位のユナイテッドと同6位のコンチネンタルがタッグを組んだことで、世界一のエアライン企業が誕生したのだ。

この記事の続きを見る


パン屋が規定よりも小さいパンを売って罰として入れられた籠と奥の方に見えるのは絞首刑台で写真を撮る少年
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ローテンブルク 
ローテンブルクの旧市街は城壁にすっかり囲まれ、あちこちに塔や門があります。その中にはガルゲン門(Galgentor)「絞首台門」という名の門もあります。表面的にはとてもかわいらしい町並みのローテンブルクも、町を守るために城壁をつくらなければならなかった時代、町の中に罪人を公開処刑する場所があった時代があったという事実を思い知らせてくれる場所があります。それが中世犯罪博物館です。博物館の入口には中に手と首を入れて記念撮影できる絞首刑用の台がありますので、是非記念に1枚撮ってみてはいかがでしょう。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/サイパン 
太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本軍に暗号が解読されないように、アメリカ先住民族の言葉を取り入れたものを使い始めた。日本軍もある程度それを想定していたが、日本軍が予測したのはスー族。ところがアメリカ軍が実際に採用したのはナバホ族の言葉だった。この映画の背景になっているのは1944年6月から7月にかけてのサイパン攻防戦。日本本土を爆撃するための重要な拠点になるサイパン島を支配下に収めようとする米軍と日本軍守備隊の間で激しい戦闘が行なわれた。映画「ウィンド・トーカーズ」はこの戦いに参加したナバホ族出身通信兵とそれを護衛するニコラス・ケイジらの行動を描いている。

この記事の続きを見る


「サイ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

何とも珍しいAntik
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/パムッカレ 
世界遺産に登録されているPamukkale パムッカレ(都市遺跡ヒエラポリスも含む)は、誰もが一度は写真などで目にしたことがある、真っ白な石灰棚が印象的なトルコの一大観光地です。パムッカレの”パムック”とはトルコ語で”綿”、”カレ”とは”城”の意味。「綿の城」とは、何ともロマンチックな名称ですね。そんなパムッカレを久しぶりに訪れました。イスタンブールからは日帰り、また周遊ツアーでも1泊だけで通過してしまうことが多いパムッカレですが、私はあえて2泊3日ののんびり旅プランを練ってみました。これがなかなか良かったので、パムッカレ行きを検討されている方々へご紹介します!

この記事の続きを見る


イーストサイドに設置された光アートのインスタレーション
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ポートランド 
「ポートランド・ウィンター・ライト・フェスティバル(Portland Winter Light Festival)」は、2月初旬の3日間に渡りポートランド市内で開催される光をテーマにしたイベントです。2020年に第5回目を迎える比較的新しいフェスティバルですが、着実に認知を獲得していて、2019年度は15万人もが会場を訪れました。非営利団体の「ウィラメット・ライト・ブリッジ(Willamette Light Brigade)」が、雨空の続くポートランドを光のアートとテクノロジーで彩り、コミュニティを強化することを目的に開催しており、誰でも無料で参加できます。この季節にポートランドを訪れるなら、気軽に会場に立ち寄ってみて下さい。

この記事の続きを見る


大人も子供も体験を通して学べます
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/バンクーバー 
このミュージアムのすごい所は、年齢に関係なく、それぞれの楽しみ方が出来ること!「サイエンス」とありますが、展示や体験できることの幅はとても広く、大人も子供も楽しめる展示がたくさん用意されています。目の錯覚やデザインで遊べる「パズルとイリュージョン」コーナー、人間の体を様々な角度から学べる「Bodyworks」などの常設展示の他に、様々な特別展示も開催されています。またセンターステージでは一日に何回も様々なテーマでライブショーも開催。子供も大人も楽しめる科学実験を間近に見られる楽しいショーです。ショーの内容や詳細スケジュールはHPで確認してください。◆センターステージのライブショー案内https://www.scienceworld.ca/centrestage行かれる前にHPでプログラムをチェックしていく事をお勧めします。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。サイパン夜に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介