page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「サウジアラビア 食べ物」の見どころ情報

サウジアラビア 食べ物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「サウジアラビア 食べ物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


まずはギリシャから開催
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
まず初めに2017年3月21日に開催されたのはギリシャ。市内にあるイベントスペースの中はギリシャ一色でした。中に入ると一瞬自分がどこにいるのか分からなくなるくらいとにかくギリシャ!食べ物や飲み物、そして数々の民芸品、民族衣装に写真パネルでギリシャをたっぷり味わえるイベント展示になっていました。商品紹介だけではなく、購入出来るものもあったり、ギリシャの味を試食出来たりするコーナーもあり来場者はそれぞれのギリシャ訪問を楽しんでいました。

この記事の続きを見る


「サウジアラビア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

イスラム世界の美術と歴史を知る マレーシアのイスラム美術館(前篇)
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
マレーシアは、総人口2995万人の約6割がムスリム(イスラムを信仰する人びと)で、イスラムが国教と位置づけられています。他の信仰の自由も認められていますが、過半数を占めるマレー系がムスリムであることから、世界最大のムスリム人口を擁するインドネシアや中東との関係も深く、このイスラム美術館は「世界的にみても、優れたイスラム美術のコレクションを所蔵している美術館」と英語圏で人気のあるガイドブック『ロンリー・プラネット』でも評されています。

この記事の続きを見る


入場無料ってホント!?ロサンゼルスの美術館『ゲッティ・センター』
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
ロサンゼルスで美術館に行くなら『ゲッティ・センター』がおすすめ。一日いても見尽くせないほどの広大なアートスポットで、なんと無料で入れちゃうのです。設立したのは石油王であるジャン・ポール・ゲッティ。彼が個人で集めたコレクションを展示していて、世界有数の美術品の数々を見ることができます。展示されているものは1600年代以降のヨーロッパの作品が多く、おおまかな年代ごとに分けられています。

この記事の続きを見る


旅でみたさまざまな宗教と女性の信仰のかたちについて (その1.イスラム教)
  • テーマ:
  • 物語のあの場所
  • 行き先:
  • アフリカ・他/イラン/イスファハン 
私自身は強い信仰心を持ちませんが、祈る人々の姿を見るのはとても好きです。神仏を信じ、まっすぐに信仰に向かう真摯な姿に心を打たれることもあります。なかでも女性が祈るかたちは、同じ宗教でも国や宗派によって異なったりして、同じ女性として心に残ったことが多くありました。そこで今回は「旅で見た信仰と女性について」いくつかのエピソードを綴ろうと思います。まずは日本ではよく知られていないイスラム教と女性について。

この記事の続きを見る


カジュアルでお洒落なインテリアで統一された店内に、ガラス張りの窓から光がたっぷり差し込みます。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/パトラ 
オープンから2年ほど経っている、パトラの海沿いレストラン「スクーフィ」。ギリシャ料理と地中海料理が融合したメニューなのですが、ギリシャ中にたくさんある他のレストランでは味わえない、ちょっと凝った、オリジナルの味付けが嬉しいレストランです。このレストランのシェフは、クリストーフォロス・コンドヨルガキス氏。ギリシャ、フランスで料理を学び、アテネではフランス料理の有名レストランで料理していました。その後、ギリシャの海運王として知られるスピロス・ラッツィス氏の元で働いて、世界に通用するレベルのシェフたちから学ぶ機会を得たのをきっかけに、その後サウジアラビアの王宮シェフとして、ギリシャの大統領だけでなく、前アメリカ大統領のブッシュ、ロシアの前首相プーティン、ロシアの大富豪アンブラモビッチなどが招かれた際の公式晩餐会で料理したというすごい経験の持ち主です。

この記事の続きを見る


所狭しと、宗教、医学、科学、コンピュータなどの専門書をはじめ、料理、小説、語学、児童書などなど、エジプトで売られるすべての本がここに集まった感があります
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/カイロ 
毎年1月末から2月の初めまで、カイロ郊外のナスルシティの展示会場にて、中近東では最大級、世界ではフランクフルトに次ぐ第2位の規模の国際ブックフェアが開かれます。1969年から始まり、第41回目にあたる次回は、2009年1月21日から2月2日の予定です。とにかく規模が大きく、前回は、18のパビリオンが開かれ、32カ国から集まった623の出版社による300万の本が集結しました! 大変広い敷地にたくさんの本が集まるので、1日ではとても見きれません。毎年数万人の来場者でにぎわう一大イベントです!

この記事の続きを見る


マスカットの町中。日中はほとんど人が歩いていない
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • アフリカ・他/オマーン/マスカット 
3月26日の2010年南アフリカワールドカップ3次予選・バーレーン戦を敵地・マナマで取材した。日本代表は当然、引き分け以上の結果を残すと楽観視していたが、相手の術中にはまり、まんまと0−1の完敗を喫してしまった。3次予選は上位2カ国が勝ち抜けるが、もしも6月2・7日に行われるホーム&アウェー2連戦でオマーンに敗れるようなことがあれば、3大会連続ワールドカップ出場どころか、最終予選進出にも黄色信号が灯る。2日の横浜・日産スタジアムでのホームゲームはもちろんのこと、7日のアウェーゲームも見逃すわけにはいかない。そこで今回はアラビア半島南東部に位置するオマーンでのサッカー観戦について紹介したい。

この記事の続きを見る


「食べ物」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

お椀に入っているのが豆汁。異常にすっぱく、最も難度が高い老北京菜と言える。ゴマパンのようなものが焼餅、その隣は糖火焼(タンフォーシャオ)と呼ばれる甘いパン
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
とにかく種類が豊富で、肉まんや甘いドーナツ風の点心を1個ずつ注文できるところは、飲茶にそっくり。しかし、飲茶のように多くの点心が好みの味付けとは限らないのです。点心とは、軽食と言う意味があります。肉まんや揚げパンなど、1食にはなりえないおやつ的な食べ物を点心と呼びます。「老北京菜(ラオベイジンツァイ)」と呼ばれる伝統的な北京料理には、多くの点心類が含まれています。糖巻果、麻豆腐、碗豆黄、麺茶、豆汁、糖火焼などなど。メジャーなものをあげるだけでこのコラムの一段落全部を使ってしまいそうぐらい種類があります。ただ、「おすすめはどれですか?」と聞かれると、答えに困ってしまいます。

この記事の続きを見る


のんびり走り、安心感があるトラム
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ボスニア・ヘルツェゴビナ/サラエボ 
バルカン半島にある国、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都、サラエボ。ヨーロッパ的な建物が建ち並び雰囲気のある街並みの、いいアクセントになっているのがトラムです。道路の曲線に沿って、縫うようにゆっくりと走る姿はとても印象的。サラエボのトラムは長い歴史をもち、地元の人たちにとって欠かせない足なのです。普通の市内バスも走っていますが、のんびり進むトラムは、町に不慣れな観光客にもやさしい乗り物ですよね。

この記事の続きを見る


たくさんの動物に出会えます!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
このミュージアムの面白い所は、本物のファームが併設されていること。そこではたくさんの動物も飼育されていて、訪れる人たちはファームでの動物の様子を見て学ぶことが出来ます。ファームにいる動物の種類は幅広く、馬、羊、豚、鶏、山羊にアルパカまで揃っています。時期によっては動物の赤ちゃんや子供たちを見ることも出来ます。動物訪問は一年中いつでも、閉館時間の30分前まで訪れることが出来ます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。サウジアラビア 食べ物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介