page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「サランコットの丘 標高」の見どころ情報

サランコットの丘 標高に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「サランコットの丘 標高」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


サランコットの丘から眺めたヒマラヤ山脈
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ポカラ 
ヒマラヤの国ネパールは、世界に14峰しかない8,000m峰のうち、8峰を有します。そのうちの3峰を同時に望むことができるのがサランコットの丘。ネパール第2の観光都市ポカラにある丘で、ヒマラヤ展望で有名です。標高約1,600mのサランコットの丘から眺められる8,000m峰は、アンナプルナ、マナスル、ダウラギリで、その標高差は6,400m以上。白い雪山が迫ってくるような迫力のある絶景が魅力です。そのため、サランコットには、世界中から多くの観光客がヒマラヤ展望を求めてやってきます。

この記事の続きを見る


山を見るなら、ネパールのポカラが最高!   11月〜3月までが絶好のシーズン
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ポカラ 
2015年4月大地震に襲われたネパールの首都カトマンドゥ。今では復興が徐々に進んでいますが、カトマンドゥから西に200キロ離れたポカラでも、地震の被害は何もなかったにもかかわらず、風評被害で観光客が激減してしました。しかしこちらもようやく観光客が戻ってきているとか。こんな風に大災害に見舞われたネパールですが、インドを長期旅行する者たちにとっては、一服の清涼剤と言うか、憧れがポカラなのです。人がよく、食べ物がうまく、日本食もあり、物価は安く、ゲストハウスのレベルが高い。山は美しく、空気は澄み、土産物も充実しています。気が向けばヒマラヤにトレッキングに行ってもいいし、その前に、ポカラからはペワ湖の向こうに、6993メートルのマチャプチャレがそびえ立っているのが見えるのです。「魚の尾」の形をした雪山は美しく、見飽きることがありません。

この記事の続きを見る


フェワ湖を見渡しながらパラグライディング
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ポカラ 
ネパールが誇るヒマラヤが見える観光地・ポカラでなんとヒマラヤやフェワ湖を見渡しながら、パラグライダーが出来るんです。ネパールでのパラグライダーは、1996年にトレッキングでポカラを訪れた外国人のパラグライダーのパイロットが、ポカラでのパラグライダーの可能性を見出し、スタートしました。今回、ご紹介するアンナプルナパラグライディングは、1998年創業の老舗のパラグライダー会社で、飛行時間700回以上の人しか取れない国際免許を持った外国人パイロット6人が所属しています。

この記事の続きを見る


「サランコットの丘」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

サランコットの丘からのアンナプルナ山脈の眺め
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ポカラ 
ネパールは、ヒマラヤ山脈の南側のふもとに位置する小さな国。ヒマラヤ山脈を眺めながら村から村へと歩くトレッキングルートが豊富で、世界中からトレッカーが訪れます。ネパール中に何十というトレッキングルートがありますが、今回は、ネパールの第2の観光都市ポカラから行ける、トレッキングビギナーでも楽しめる日帰りルートをご紹介しましょう。最近山歩きが趣味という山ガールも増えています。若い女性でも安心して歩け、全くの初心者でも歩きやすいコースばかりなので、ぜひチャレンジしてみてください。

この記事の続きを見る


屋上からはフェワ湖のこんな眺めが見えます
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/ポカラ 
以前からポカラを訪れるたびに、ロケーションの良さからいつか取材したいと気になっていたホテル・ピースプラザ。レイクサイドの北に位置する静かな環境で、屋上からはフェワ湖がずっと見渡せるんです。オーナーは日本語はあまり話せないそうですが、三年の日本滞在経験もあり、奥様のご兄弟は日本人と結婚されていて、親日家のご様子。オーナーご夫妻は、誠実で好感が持て、家族経営なので、一人旅でも安心して泊まることが出来そうです。しかも、料金はスタンダードシングル11ドルからとエコノミーなのも嬉しいですね!

この記事の続きを見る


「標高」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ご飯とカレー味のおかずがセットになったダルバート、ネパール人は、朝晩これを食べるのが基本
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
海外旅行に行く時、気になるのが、旅行先の物価。その中でも、多くのツーリストが知りたいのが食べ物の物価ではないかと思います。毎年物価上昇中のネパールでは、当然食べ物の値段も上昇しています。20年前、30年前ネパールを訪れたことがあるという人々は、物価の急激な上昇にきっと驚くことでしょう。ネパールが安かった時代は終わりつつあります。ここでは2019年現在のネパールの食べ物の値段についてご紹介したいと思います。なお、以下紹介する値段は、2019年10月現在の両替レート、1ネパールルピー=約1円で計算したものです。

この記事の続きを見る


国立公園内の峡谷を観光用のいかだで川下り
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ザコパネ 
平原が多いポーランドですが、スロバキアとの国境に近い南東部は山地になっています。ザコパネなどの山岳リゾート地もあるなど、地元観光客には人気の場所なのです。ポーランドとスロバキアにまたがるピェニンスキー国立公園もそのエリアにあり、そこを流れるドゥナジェツ川の一部が両国の国境になっています。今回紹介するのは、そのドゥナジェツ川をボートで遊覧するというもの。船頭さんが漕ぐ伝統的な木のいかだに乗り、周囲の景色を見ながらゆっくりと川を下ります。この川下りの観光は長い伝統があるものだとか。ポーランド南部の古都クラクフや山岳リゾートのザコパネからは、日帰りツアーも出ています。

この記事の続きを見る


キャメロンハイランドの中心地リングレットとタナーラタの間にあるバラート・グループのキャメロン・バレー・ティーのティーハウス入り口
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/キャメロン・ハイランド 
マレーシアの高原リゾートとして名高いエリアはいくつかあります。パハン州を中心に広がる標高約1500mの丘陵地帯が続くキャメロン・ハイランド(Cameron Highlands)もその一つ。1800年代後半にイギリス人測量士ウィリアム・キャメロン氏が最初に発見したとされており、その名の由来となっています。年間平均気温が20-25度前後と過ごしやすい気候のため、避暑地という言葉がまさにぴったり。1925年に紅茶栽培が始まり、現在ではマレーシア国内屈指の産地として知られています。マレーシアの紅茶といえばボー(Boh)ティーが知られていますが、今回ご紹介するバラート・グループ(Bharat Group)のキャメロン・バレー・ティ(Cameron Valley Tea)もキャメロンバレーを代表する紅茶製造会社です。

この記事の続きを見る


チベット高原では4000mを超える場所にも町が点在する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
旅行中にかかりやすい病気のひとつに高山病があります。高山病とは、高地で低酸素状態に置かれた時に起こる様々な症状のこと。高度の高い場所では、誰にでもなる可能性がある病気です。どの程度の高度から症状が出るかは個人差が大きく一概にはいえませんが、一般的に2500mを超える高地では、高山病の初期症状が出る可能性が高くなり、3500mを超えると深刻な症状が出る人が増えると言われています。

この記事の続きを見る


街中から見えるヒマラヤも素晴らしいが、トレッキングで見るヒマラヤはまた格別だ
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ネパールはエベレストを有するヒマラヤ山脈のある国。トレッキングを特に予定してなかったにもかかわらず、ヒマラヤを実際に見たらトレッキングに行きたくなったという人も案外多いように思います。ネパールのトレッキングコースはピンキリで、初心者向け日帰り〜数日間のコースも多いのです。その上、初心者コースの道は地元の村人の生活道、泊まる宿には食堂があり個室も用意されています。世界一周旅行中や、アジア長期周遊旅行中にネパールに立ち寄った旅行者が現地手配でトレッキングに行くのも珍しい話ではありません。ただし、トレッキングとはいえ、山を歩くことには変わりはないため、最低限の準備は必要です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。サランコットの丘 標高に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介