page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ショッピング ドイツ」の見どころ情報

ショッピング ドイツに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ショッピング ドイツ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果115

1 2 3 4 5 末尾 次へ


グリーンの花とゴールドの縁取りが華やかな「アポニー」シリーズ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ハンガリー土産の定番と言えばトカイワイン、フォアグラの缶詰、パプリカパウダー、ハンガリー刺繍のテーブルクロスやコースター、などであろうか。パプリカパウダーや刺繍のコースターなどは義理土産に丁度良い。有名なトカイワインや良質なフォアグラの缶詰などもちょっとした土産になる。そんな中、自分のために買いたい一品として是非ともお薦めしたいのがヘレンドの磁器である。食器に興味がない人でもヘレンドの名前は聞いたことあるのでは。ドイツのマイセンと並ぶ銘窯で、品質の良さはマイセンと世界で1、2を競い合うほど。日本のファンも多いが、日本で買うと高価過ぎてなかなか手が出ない。ところがハンガリーでは日本での半額以下で買い求めることができるのだ。その点では最も買う価値がある土産物ではないだろうか。

この記事の続きを見る


ドイツ風コテージの別棟では小さなパーティーも開ける
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
清潭洞は高級ブティックや高級ブランド、芸能人事務所の立ち並ぶハイソな街です。現地の人にとって清潭洞に住むのは夢のようなこと。観光や出張で来たら、一度くらいはこの街のホテルに泊まってみてもよさそう。このホテルから明洞まではバスで20分、ソウル最大のショッピングセンターCOEXモールへも歩いて20分という近さです。流行発信地の狎鴎亭ロデオ通りやカロスギルへ行くのも便利。最高の立地条件なのでソウルの街を存分に楽しめるでしょう。

この記事の続きを見る


人形が踊りだす?「ミュンヘン新市庁舎」
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ミュンヘン 
ミュンヘン旧市街で最も重要な観光スポットが「ミュンヘン新庁舎」です。この庁舎が特別なのは仕掛け時計「グロッケンシュピール(Glockenspiel)」があること。決まった時間になると庁舎の鐘楼の中につくられたの32体の人形が動き出し、市庁舎の周りにはたくさん人が集まります。ゴージャスなネオゴシック様式の建物自体も圧巻です!

この記事の続きを見る


ホテル正面玄関にて。スター滞在中は、ファンが殺到し、通りを一時通行止めにすることもあるとか。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
200年以上の歴史を誇る「ブラィデンバッハーホフ ア カペラ ホテル」は、世界のスーパースターや富豪の選ぶ滞在場所として知る人ぞ知る極上の宿。世界各地を巡り最高級ホテルを知り尽くしているスターや富豪、そしてリピーターがこのホテルを選ぶ理由はいくつもあるようです。まず最高の立地です。この街には国際航空やコンサートホールもあり、大スターの移動しやすい場所にホテルがある点です。また最高級ショッピング街「ケー二ヒスアレ-(通称ケー)」はホテルの目の前、旧市街や美術館、ライン川プロムナードへも徒歩で行けるなど、街歩きや観光の拠点としてアクセスの良さもキーポイントです。次は、優雅でゆったりした空間の客室、客の求める要望を心得たさりげないサービスです。極上ホテルとはいえ、決して奢ることのない控えめなエレガンスが多くの客の心をつかんでいる雰囲気が伝わってきました。客層は、ポール・マッカートニーやピンク、スティングなど大スターをはじめ、避暑を兼ねて数週間滞在するアラブ諸国からの家族連れやハネムーンで滞在するカップル、ちょっと優雅な週末を過ごしたいという客やビジネスマンなど様々です。

この記事の続きを見る


お店。入り口があるのは、こんな感じの建物ですが、全体的にはシンプルなグレート白の建物です。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ニュルンベルク 
エアランゲンからほど近く、何もない場所のど真ん中。大きな大きな楽器屋さんがあります。ここは、ヨーロッパ最大の楽器屋さんと言われており、なんとインターネット販売額では世界最大!?小さな町にあるこの企業は、1954年に創立。楽器の他、ライトや音響、防音施設など、舞台と音楽に関するものを販売し、現在も家族経営が続いています。ホームページによると従業員数約1500人。インターネットの対応の良さも周知のこと。各種メーカーや、独自ブランド、幅広い分野で商品を扱っています。ドイツ国内では25ユーロ以上買い物をすると送料無料ですが、マウスピース1つ買えば60ユーロ前後、メトロノームや、楽器を舞台でまたは練習会場でちょっと置いておくためのスタンドも、20ユーロ近く。譜面台も20ユーロ弱。ですから、送料無料にするのは簡単なことです。先日もマウスピース(吹奏楽器の口が触れる部分です)を買ったのですが、3日後には到着。カードで支払った後、メールが来て、その後随時、好きな時に現在の配送状況が確認できるので便利です。日本への配達も行われているようです。

この記事の続きを見る


色とりどりで形も可愛らしいジンジャーブレッドが店内に並ぶ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
レープクーヘンというお菓子をご存知だろうか。クリスマス時期にドイツへ行ったことがある人なら必ず目にするし、食べたことがある人も多いのでは。ドイツではニュルンベルクがレープクーヘンの町として知られている。ここへ来れば一年中レープクーヘンを買うことができるが、他の町ではクリスマスの時期にだけ売られることが多い。ドイツ語のレープクーヘンと同じものは英語でジンジャーブレッド、あるいはペッパークッキーなどと呼ばれている。それなら、ああ、あれか!と想像が付くかもしれない。香辛料の入った個性的な味がするクッキーだ。ここプラハでは、ジンジャーブレッドを一年中味わうことのできる店がある。場所はネルドヴァ通り。マラー・ストラナ地区から城へ上がっていく坂道の途中に、ジンジャーブレッド・ミュージアムというショップがある。

この記事の続きを見る


楽譜がカップ&ソーサーになったりナプキンになったり、まるでメルヘンのよう
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ブダペストの中心部にミュージックグッズを扱う土産物店がある。ハンガリーの土産物というと、トカイワイン、フォアグラの缶詰、パプリカパウダー、色鮮やかなハンガリー刺繍のテーブルクロスやコースターなどが定番だ。食品関係ならブダペストで一番大きな中央市場へ行くと、トカイワインやフォアグラの缶詰、パプリカパウダーなどが良心的な値段で手に入る。中2階へ上がればハンガリー刺繍の小物を扱っている店もある。その中央市場から真っすぐ北へ延び、地下鉄一号線の終点地ヴェレシュマルティー広場まで続いているのがヴァーツィ通りVaci utcaだ。歩行者専用で、両側に土産物店が並んでいる。そんな中、18番地にまるで作曲家のミュージアムショップのような店がある。

この記事の続きを見る


中央駅の外観
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーン中央駅は、旧南駅を拡張して作られたウィーンで最もモダンな駅です。拡大工事が全て終わってからはオーストリア国内だけではなく、近隣諸国への移動、またはオーストリア空港へのアクセスが出来る便利な駅として多くの利用客が行き交っています。電車だけではなく、国内外へアクセスする大きなバスターミナルもあり。陸続きのヨーロッパでは、バスは便利で快適な移動手段の1つです。ヨーロッパ中央に位置するオーストリア、ウィーンは近隣職へ移動するのに経由する事も多く、様々な都市へのアクセスがとても便利です。ドイツ語では「Hauptbahnhof」と呼ばれる中央駅ですが、略して「Hbf」と書かれている事も少なくありません。「Wien Hbf」と見たら中央駅の事ですので、頭に入れておくといいでしょう。

この記事の続きを見る


重さによる地盤沈下で少し傾いているホルステン門。右の派風屋根が連なる建物は塩の倉庫。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/リューベック 
ドイツ中部から電車で北上してくると、車窓から眺める遠くの町に、レンガの赤い家が多くなってくる。北ドイツには大きな山が無く、建材となる石や木材が不足がちだったので古くから土を焼いてレンガを造っていた。このレンガ造りの町並みが北ドイツの大きな特徴になっている。北ドイツを代表する観光都市リューベックは、立派なレンガの建物が並ぶ美しい町として知られている。中央駅から真っ直ぐ旧市街へ向かって歩いて行くと、リューベックの象徴でもある大きなホルステン門が見えてくる。かつての市門で、これが門なのか?と、その威風堂々とした姿に驚くばかり。15世紀末にデンマークに対する軍事圧力として建設され、当時は見張り兵が住んでいた。現在は歴史博物館になって中世の町の様子が展示されている。

この記事の続きを見る


オーストリア皇妃”シシー”ことエリザベートは、王の直系ではないがヴィッテルスバッハ家の出身。その美貌は後世にも語り継がれている
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ミュンヘン 
ミュンヘンを州都とするドイツ南部のバイエルン州は1918年のドイツ革命が起こるまでは王国でした。その起源は12世紀にまでさかのぼり、ずっと同じ一族――ヴィッテルスバッハ家によって統治されてきたのです。ヴィッテルスバッハ家といえばオーストリア皇帝に一目惚れされ皇妃となったエリザベートやノイシュバンシュタイン城を建設したルートヴィヒ二世で知られるとおり、美貌の一族としても有名。そのせいか、彼らは美しいものや芸術を非常に愛したといわれ、街並みや建築物にも大変こだわりを持っていたそう。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ショッピング ドイツに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介