page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「シンガポール アトラクション リバー」の見どころ情報

シンガポール アトラクション リバーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「シンガポール アトラクション リバー」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ジャングルの湿地に広がる貯水池を囲むように広がるリバーサファリ
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポール動物園は、鬱蒼とした広々とした緑の園内で、放し飼いされたように見える動物たちを見ることができる子供にも大人にも人気の動物園、そして隣接するナイトサファリは、ジャングルの真っ暗闇を夜行性の動物たちを見て廻る体験ができる最上のアトラクションとしてご存知の方も多いと思います。そして更に、動物園の横に新たに12ヘクタールのリバーサファリという野生動物公園が先日オープンして話題になっています。

この記事の続きを見る


昼間は暑いし、涼しくなる夕暮れ時の乗船がなんといってもオススメ!
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールで夜景を楽しむにはどんなスポットがいい?という質問を受けることがあります。高所にあがって眺めるーたとえばホテルの高層階のバーから360度のパノラマを見る、というのはドラマチックかつロマンティックな夜景の楽しみ方の王道ではありますが、水際の視線から見上げる夜景はとても良いものです。というわけで、観光に人気のアトラクション、シンガポール川からマリーナベイに沿ってリバークルーズに乗ってみることにしました。

この記事の続きを見る


「シンガポール アトラクション」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

地元っ子の格好のデートスポットに
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
その圧倒的な規模と活気で訪問者をいつでも驚かせてくれる、シンガポールのチャンギ国際空港。年々進化しているこの空港に、2019年4月、またも度胆を抜く施設がオープンしました。「ジュエル(Jewel)」という名前のとおり、南国の陽を受けて輝く宝石のようなガラスドーム。ショッピングモール、飲食店、トランジットホテル、アトラクションコーナーなどが集まった、巨大複合施設です。

この記事の続きを見る


夜になるとちょっぴり過ごしやすくなります
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(以下USS)」は、テーマパーク好き、映画好きな人なら一度は行ってみたいテーマパークのひとつですよね。日本のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにはないアトラクションがいろいろある上、暑い国ならではの“水濡れ多め”な楽しませ方をしており、私もリピーターなんです! USSは日本のテーマパークより全体に待ち時間が少なめなこともうれしいです。けれども、タイミングによっては意外なところで時間を食ってしまうことも。それは「レンタルロッカー」です。

この記事の続きを見る


仲良く眠っているのはイヌ科の動物リカオン
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
その1からの続きです。シンガポールは物価がだんだん上がっています。ここも例外ではなく、アーメン・レストランの朝食ビュッフェ料金は大人で25シンガポールドル(2016年現在、約1975円)だったのに、現在では大人35シンガポールドル(2016年現在、約2765円)に値上げ! その高さに尻込みし、オランウータンとの朝食はあきらめて、ばっちりランチタイムに入ってしまいました。麺料理を買うのに並び、会計に並び、飲み物を買うのにまた並び、ランチに1時間半くらいかかってしまったのです。これですっかり時間を無駄にしました。どうしてもランチに行きたい人は、混雑する時間帯を外したり、仲間と手分けするなど工夫しましょう。

この記事の続きを見る


あの大人気ロボットと写真を撮ろう!!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
前編からの続きです。各アトラクションの解説は、すでに多くの媒体に出ていますよね。ですからそれらにお任せするとして……私が注目したのは、「フードコート」と「お客さん」です。USJにも、あの恐竜映画に出てくるのとそっくりな「ディスカバリー・レストラン」がありますね。USSでは同じ内装(恐竜の骨格が真ん中にある)で「ディスカバリー・フードコート」となっています。メニューはかなりローカルフード度高し! シンガポール名物のチキンライスやラクサヌードルなど、味も分量も言うことなしです。ただし、非常に人気があり、その割に店員さんがのんびりペース。アトラクション以上の大混雑となる時間帯もありますから要注意です。

この記事の続きを見る


日本にはない「長靴をはいた猫」のアトラクションも!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポール旅行を計画中のあなた。映画好き、アトラクション好き、キャラクター好きなあなたなら、絶対に行きたいのはもちろん、「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(以下USS)」ですよね! 大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行った人も、「やっぱりこっちにも来てみて良かった」と思えるのが、ユニバーサル・スタジオのいいところ。日本にはないアトラクションもいろいろあります。東南アジア初の「ユニバーサル・スタジオ」を目指しましょう!

この記事の続きを見る


巨大なビューインパネルを前に、皆、海底の世界に引き入れられるよう。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
本島に直結したリゾート・レジャーアイランドとして知られるセントーサ島に一昨年オープンして一躍観光名所となったリゾートワールドセントーサ。この施設内にはユニバーサルスタジオ、カジノ、ハードロックホテルをはじめとする各ホテルやショッピンググルメゾーンが併設されていますが、オープン後も第2期工事がすすみ、昨年後半には高級スパブランドとして知られるESPAやヴィラタイプのビーチ沿いのホテルが完成しました。そして更にこの施設の新しい目玉であるマリンライフパークがついに昨年12月にオープン、その中のメインアトラクションである水族館、S.E.A AQUARIUM が話題です。

この記事の続きを見る


美しい日没の時間。ビーチ沿いに人が集まってきて、夕陽を眺める。
  • テーマ:
  • カジノ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/セントーサ島(シンガポール) 
昨年初めにオープンして、シンガポールの新しい一大観光スポットとなり毎日賑わいをみせる、複合レジャー施設のリゾートワールド・セントーサ。ユニバーサルスタジオ、カジノ、ショッピングゾーン、グルメゾーンに5つのホテルを擁した大規模なテーマパークです。 同じく昨年オープンしたもうひとつのカジノ付きのリゾート、マリーナベイサンズと並び、連日大繁盛を見せるカジノ、ファミリーで大賑わいのユニバーサルスタジオ、そして、ローカルフード、カジュアルなダイニングから、ファインダイニングまでよりどりみどりのレストラン、人気のハードロックホテルを筆頭にそれぞれに趣向が異なる5つのホテル、と盛りだくさんのリゾートです。

この記事の続きを見る


オープンして数日のマリーナベイ・サンズ内のカジノ。平日の昼間だが結構なにぎわい。その広さとスロットマシーンの呻る電子音が、ギャンブル意欲を駆り立てる。
  • テーマ:
  • カジノ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール セントーサ島(シンガポール) 
シンガポールとカジノ。これまでのシンガポールのイメージだとちょっとピンとこないですよね? 数年前、政府が“我が国は、カジノを解禁することに決め、カジノリゾートを誘致します!”と発表したときは、賛成派、反対派入り乱れて国民的大論争となったものでした。そして2010年は、そんなシンガポールのエンターテイメントシーンが大きく変わる一年。過日一足先にオープンした、セントサ島のリゾートワールドに引き続き、マリーナ湾岸沿いにマリーナベイ・サンズが一部開業して、ローカルっ子の話題はもっぱら“カジノ行った?” というこの頃です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。シンガポール アトラクション リバーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介