page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「シンガポール コロニアル 建築」の見どころ情報

シンガポール コロニアル 建築に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「シンガポール コロニアル 建築」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


心安らぐベッドルームのしつらえ
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ビンタン島(インドネシア) 
「ビンタン島最高級ホテル『ザ・サンチャヤ』で究極のリゾートをどうぞ」その1からの続きです。ザ・サンチャヤは、ビンタン島北部のラゴイ・ベイエリアにあります。ビンタン島は1990年代から観光開発されてきた島ですが、ラゴイ・ベイエリアはその中でも最も新しい開発地域です。このエリアの本格的デビューは2014年。ザ・サンチャヤのオープンと同じ年です。ラゴイ・ベイエリアの歴史は、まさにザ・サンチャヤの歴史でもあるわけですね。フェリーターミナルから専用車に乗って、ホテルまでの15分ほどの道のりは、ただただ緑が広がる豊かな自然の風景が広がっています。

この記事の続きを見る


時の流れ方もちょっと違うような気がする、極上空間へようこそ
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/シェムリアプ 
シェムリアップといえばアンコールワットの遺跡めぐりの拠点となる町。最近は続々と新しいホテル、レストラン、クラブやショップができており、どんどん進化しています。遺跡めぐりをしに行くところではなくて、シェムリアップに遊びに行くのが目的になる日も近そうです。そんなシェムリアップの“変わらない魅力”といえば、ラッフルズ・グランドホテル・ダンコール。設立はフランス領インドシナ時代の1932年ですが、内紛の間はクローズすることを余儀なくされていました。内紛後、再び観光客が戻ってくると、建設当時の様子を忠実に再現。その後も丁寧に丁寧に修理と改良を重ね、設備はモダンでありながらコロニアル時代にタイムスリップしたような、ノスタルジックな雰囲気を保っています。

この記事の続きを見る


シンガポールのすてきなコロニアル建築「ブラック・アンド・ホワイトハウス」へ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールでタイムスリップするのは意外と簡単です。小さな国土に高層ビルがひしめき合うというイメージの強いシンガポール。しかし大通りから1本外れてみるだけで、植民地時代の名残りを色濃く伝える歴史的建築物が点在し、その中を散策することができるのです。「歴史的建築物」といっても、大規模な教会や寺院などではありません。英領時代に住居として建てられた個人用の邸宅、それがシンガポール名物「ブラック・アンド・ホワイトハウス」です。

この記事の続きを見る


こんな斬新なデザインの新しい建築が見られるのも、景観整備に余念のないシンガポールならでは。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールを訪れる人が一様に感心するのは、街並みが整えられ、人口密度の高い小さな都市国家であるにもかからず豊かな緑に溢れて、とても快適な印象を受けることです。それはシンガポール政府が周到な都市計画にもとづいて街の景観をつくっていくことにとても積極的だからです。英国時代に建設されたいわゆるコロニアル建築と総称される建造物、前世紀初めに商人の商店兼住宅として建てられたショップハウスなどは、政府指定の保存建築として残すことが義務づけられています。

この記事の続きを見る


「シンガポール コロニアル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

チャンギ空港にはターミナルが3つ。エアラインによってターミナルが異なる。このほか、格安エアライン(LLC)専用のバジェットターミナルがある。今晩はイミグレを通らないままホテルに直行!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
「世界のベストエアポート」で常に上位を占め、数々の受賞歴を誇るシンガポールのチャンギ国際空港。使いやすさ、利便性、あそびゴコロなど広大な空間にはさまざまな施設・サービスが備わっている。今回は、深夜にチャンギに到着したので「トランジット・ホテル」に宿泊することに。名前のとおりトランジット客のためのホテルなので、利用者は入国しないまま空港内で滞在するのが特徴。実は飛行機の乗り継ぎをしない場合でも宿泊可能なので、深夜に到着して市内の高いホテルに泊まりたくないときの穴場アコモなのだ。

この記事の続きを見る


「シンガポール 建築」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

地元っ子の格好のデートスポットに
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
その圧倒的な規模と活気で訪問者をいつでも驚かせてくれる、シンガポールのチャンギ国際空港。年々進化しているこの空港に、2019年4月、またも度胆を抜く施設がオープンしました。「ジュエル(Jewel)」という名前のとおり、南国の陽を受けて輝く宝石のようなガラスドーム。ショッピングモール、飲食店、トランジットホテル、アトラクションコーナーなどが集まった、巨大複合施設です。

この記事の続きを見る


様々な世界の空港ランキングで何度も1位を受賞したことのあるシンガポール・チャンギ空港
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールのチャンギ国際空港は、世界各国の航空会社が乗り入れるアジアでも屈指のハブ空港。清潔で快適、設備も充実しており、世界的な空港ランキングで何度も受賞している空港です。ショップやレストランが充実しているのはもちろんのこと、サクサク繋がるWIFIに、いたるところにあるマルチ充電用コンセント、ゆったり座れるソファ席の多さ、各所に設置された無料の足マッサージ機や、無料映画館、キッズプレイパークなどなど、「ここまで無料で提供してくれる空港は他にないのでは?」と思わせるほどです。

この記事の続きを見る


深夜便のなかでも羽田〜北京間の海南航空は需要が高い
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
羽田発着の国際線が増加しているが、深夜に発着している航空会社にも注目したい。昼便に関しては、成田便を運航していて、なおかつ増便したい場合に限られている。つまり成田に乗り入れていない航空会社が羽田にだけ乗り入れることはできない。ところが深夜時間帯に関してはこの制限はなくなる。つまり成田便を運航していない新興の航空会社でも、深夜なら羽田に乗り入れできるのである。 この制度を利用しているのは中国の新興航空会社に多く、海南航空、上海航空、吉祥航空、LCCでは春秋航空、天津航空、奥凱航空が深夜の羽田空港に発着している。多くが中国からの訪日需要によるものであったが、利用してみると、確かにお土産を持った中国からの旅行客が目立つが、日本人がまったくいないわけではなく、意外にまとまった数の日本人渡航客を目にするのである。

この記事の続きを見る


ローカルグルメも外せない。ラクサ専門店「マリンパレードラクサ」は名店中の名店
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
日本からの旅先として、根強い人気のシンガポール。その理由は、毎日多数の直行便が運行し、公共交通機関が発達している上にタクシーも安く、お手軽なグルメから超高級リゾートステイまで、あらゆるニーズに応えられるから。ここ10年ほど毎年シンガポールに行っている私も、「飽きた」と思ったことがありません。そんな観光の宝庫シンガポールで、絶対おすすめなスポットのトップ5(ビギナー編)を選んでみました!

この記事の続きを見る


ブギスへ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールにはフードコートがいっぱい。今回は綺麗でおしゃれなおすすめフードコートがある、ブギスへやってきました。こちらでブレックファーストを。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。シンガポール コロニアル 建築に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介