page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「シンガポール 入国 拒否」の見どころ情報

シンガポール 入国 拒否に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「シンガポール 入国 拒否」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


成田空港出発ゲート
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホイアン 
アメリカのトランプ大統領が就任し、特定の国籍の人たちに対して入国禁止措置をとったので、世界中で大騒ぎとなりました。これを受けて、各航空会社でも、アメリカ政府の意向にしたがい、入国禁止に該当すると思われる乗客を、搭乗拒否することになりました。ただ、これに先立ってアメリカでは、平成21年から電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)――通称「エスタ」を導入しています。日本人は短期旅行ならアメリカ入国のビザが必要ないのですが、このエスタに登録しないと、搭乗拒否されてしまうのです。有効期間は2年間、料金はクレジットカード払いで14米ドルです。インターネットのエスタのホームページに、必要事項を記入します。すると72時間以内に「認証」、「保留」、「拒否」返答がメールで送られてくるのです。認証されればOKですが、その他の場合はアメリカ領事館に問い合わせてください。

この記事の続きを見る


「シンガポール 入国」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ニュージーランド航空は人気航空会社だが利用機会は限られる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空会社を評価する際、単にサービスの良し悪しなどを基準にするのでは意味がない。「どういった運航をしているのか」が大切である。たとえば人気の航空会社にニュージーランド航空とカタール航空があるが、この2社を比べると大きな違いがある。日本からニュージーランド航空を利用する乗客のほとんどがニュージーランド渡航を目的にするのに対し、カタール航空の利用者はほとんどがカタールを目的地にしていないという点だ。同じ人気航空会社でも、その利用目的は真逆といっていいだろう。 つまり、ニュージーランド航空は質の高いサービスが人気で「ニュージーランド渡航の際はぜひ利用してみたい」となっても、欧米などへ行く際に利用できるわけではない。いっぽう、カタール航空は日本からヨーロッパ、中近東、また遠く南米方面への足となっているので、ヨーロッパに行く際などに「直行便にするか、エミレーツ航空にするか、カタール航空にするか」などと比較対象となり、利用機会も多いのである。

この記事の続きを見る


バスルームは強気の全面ガラス張り!(もちろんブラインドがあります)
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
トランジットなど、ごく短期間の滞在のためにシンガポールに立ち寄るとしたら、どのホテルを選びますか?制限エリア内でトランジットホテルに泊まるのもいいですが、空港から出られない・設備の割に料金高め・滞在の時間制限がシビア(3時間、6時間など)等マイナスポイントもあります。時間貸しのトランジットホテルよりもう少しリッチに過ごしたいけれど、中心部まで出るほどでもないステイであれば、正解はひとつ。「クラウンプラザ・チャンギエアポート」です!

この記事の続きを見る


様々な世界の空港ランキングで何度も1位を受賞したことのあるシンガポール・チャンギ空港
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールのチャンギ国際空港は、世界各国の航空会社が乗り入れるアジアでも屈指のハブ空港。清潔で快適、設備も充実しており、世界的な空港ランキングで何度も受賞している空港です。ショップやレストランが充実しているのはもちろんのこと、サクサク繋がるWIFIに、いたるところにあるマルチ充電用コンセント、ゆったり座れるソファ席の多さ、各所に設置された無料の足マッサージ機や、無料映画館、キッズプレイパークなどなど、「ここまで無料で提供してくれる空港は他にないのでは?」と思わせるほどです。

この記事の続きを見る


深夜便のなかでも羽田〜北京間の海南航空は需要が高い
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
羽田発着の国際線が増加しているが、深夜に発着している航空会社にも注目したい。昼便に関しては、成田便を運航していて、なおかつ増便したい場合に限られている。つまり成田に乗り入れていない航空会社が羽田にだけ乗り入れることはできない。ところが深夜時間帯に関してはこの制限はなくなる。つまり成田便を運航していない新興の航空会社でも、深夜なら羽田に乗り入れできるのである。 この制度を利用しているのは中国の新興航空会社に多く、海南航空、上海航空、吉祥航空、LCCでは春秋航空、天津航空、奥凱航空が深夜の羽田空港に発着している。多くが中国からの訪日需要によるものであったが、利用してみると、確かにお土産を持った中国からの旅行客が目立つが、日本人がまったくいないわけではなく、意外にまとまった数の日本人渡航客を目にするのである。

この記事の続きを見る


eパスポートには、パスポートの文字の下にカメラのようなマークがついている
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
入国審査の自動化を進めているオーストラリアの空港では、スマートゲートというシステムが導入されています。eパスポート(ICを搭載したパスポート)を保有する日本及びアメリカ、イギリス、シンガポールなどの十数カ国の人を対象としたシステムで、入国審査を有人窓口ではなく、機械によって迅速に処理するものです。スマートゲートによって、入国審査にかかる時間は大幅に縮小されています。観光客に人気の高いシドニーのキングスフォード・スミス国際空港も、もちろんスマートゲートで入国できます。ちなみに2019年4月現在、スマートゲートが設置されている空港は、シドニー以外では、ブリスベン、キャンベラ、メルボルン、ダーウィン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、アデレードとなっています。

この記事の続きを見る


ベンガルールのケンペゴウダ国際空港のターミナルビル
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/バンガロール 
インドで2011年に行われた国勢調査で市域の人口が約840万人と発表され、インド第3の都市になった南インドの大都市ベンガルール。その人口増加率は他都市よりも著しく、現在(2018年)は1000万人を超えているといいます。かつては南インドの随一の大都市はチェンナイでしたが、現在は人口で倍ほどの差をつけ、ベンガルールの方が多くなりました。そのため、国際線やインド国内を結ぶ航空路線も急増。需要に対応するために2008年に市の北40kmに新空港が開かれます。これがベンガルール国際空港で、2013年には名称がベンガルールの町の創立者の名前を冠した「ケンペゴウダ国際空港」に変わりました。●ケンペゴウダ国際空港公式ページ www.bengaluruairport.com

この記事の続きを見る


青い空と白い砂浜が、あなたを待っていますよー!
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ビンタン島(インドネシア) 
ビンタン島だけにとどまらず、世界中のビーチリゾートでもトップクラスの支持を得ている高級リゾートホテル「THE SANCHAYA(ザ・サンチャヤ)」。2014年の開業以来、私も興味を持っていましたが、先日やっと宿泊できました。ネットにもすでに多くのプレスリリースや旅行記ブログなどが出ているので、今さら通りいっぺんの紹介をしてもつまらないですよね。連泊して、食事、アクティビティ、スパなど、すべて実体験してみてのレポートを、テーマごとに5回に分けてご紹介します!

この記事の続きを見る


タナ・メラ・フェリーターミナルの専用ラウンジは、屋外席もいい気持ち!
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
「お得かどうか? シンガポールからビンタン島への高速船、『エメラルドクラス』徹底解説」前編からの続きです。エメラルドクラスの利点は、指定席であることも挙げられます(エコノミークラスは自由席)。席取りの心配がないので、船に弱い人でも最後に乗船して最初に下船することが可能ですよね。優先的な乗船下船もポイントです。乗船時はともかく、優先的な下船は、行きのビンタン島到着時にも、帰りのシンガポール到着時にも、それぞれ効力を発揮します! ビンタン島はご存知のとおりインドネシアですから、船を降りたらすぐ入国審査に並ばなければいけません。早く下船すれば、それだけ行列する時間も減りますね。

この記事の続きを見る


ティオマン島のダイビングポイント
  • テーマ:
  • ダイビング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ティオマン島(マレーシア) 
「ティオマン島へ行こう! その1」からの続きです。今回はマレー半島東側に浮かぶ、ティオマン島への行き方を詳しく紹介したいと思います。ティオマン島には飛行場がありますが、2015年に定期便の運航が終了し、チャーター便のみの運航となったため、バスやフェリーを乗り継いで陸路で向かうのが現実的な方法となります。日本からの場合は、まずはマレーシアの首都、クアラルンプール(以下、KL)または、シンガポールへ空路で入国します。今回は、マレーシア国内のKLからの行き方でご案内します。まずは、KLからフェリーの起点となる南東部の港町「メルシン」までは、バスで約6時間。そこから、フェリーで1時間半〜2時間の移動になります。フライト、バス、フェリーのスケジュールを考慮しての移動になるのでちょっと大変かもしれませんが、移動も旅の楽しみと思い、頑張って向かいましょう!

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。シンガポール 入国 拒否に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介