page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ジュネーブ・」の見どころ情報

ジュネーブ・に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ジュネーブ・」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果11

1 2 末尾 次へ


町中からもよく見えるモンブラン
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
フランスの東部に位置するシャモニーはモンブランの麓にあり、標高はフランス一高い1036メートルにある町。2000メートル以上の山々に囲まれ、冬はスキー、夏は登山やハイキングなどのアウトドアアクティビティが盛んです。ポピュラーな行き方はスイスのジュネーブからシャモニー行きのバスに乗ると約1時間半で到着します。どこでも歩いて回れる小さな町は、レストランやカフェをはじめスーパーやウィークエンドマルシェもある家族連れも多いリゾート地。ほとんどの人がスポーツウェアとスポーツシューズを着用しているというアクティブな町。山へのアクセスもよくケーブルカーがいくつも出ています。標高が高いところに行くケーブルカーは年齢制限があり、乳児は乗れないこともあるので要確認。UTMBというトレイルランニングの大会が開催される8月末は特に人が増え、町全体がお祭りムードで盛り上がります。

この記事の続きを見る


聖地シャモニーへ
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
シャモニーは、ヨーロッパ最高峰モンブラン(4810メートル)の拠点として知られる町です。第1回冬季オリンピック開催地でもあるこの町は、世界中から、そしてとくにフランス国内では、第1級のリゾート地として知られています。多くの著名人のシャレー(三角屋根の木造家屋)があるとも言われ、冬はウインタースポーツが大好きなフランス人たちでにぎわいますし、夏でも登山者たちは雪山に挑み、ハイカーは路傍の花を楽しみながらハイキングをしています。モンブランの初登頂がされたのもこのシャモニーからでした。1786年、地元の猟師ジャック・パルマと医師のミッシェル・パーカーによって果たされ、この町の名前が世界中に轟いたのです。最寄りの都市はスイスのジュネーブ。ジュネーブ空港から直行シャトルバスが出ています。もっとも頻繁なのがALPY BUSで、1時間に1本、最低19.5ユーロ、1時間半でシャモニーと結んでいます。ただしバスで行くより、乗合タクシーで宿泊先まで運んでもらったほうが安いかもしれません。

この記事の続きを見る


フランスのアルプス山麓
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/エヴィアン 
ヨーロッパを東西に横断するアルプス山脈。夏ともなれば、北側のスイスでは、観光客で大にぎわいです。マッターホルンの麓の町、ツェルマットなど、まるで週末の原宿のようなにぎわいで、驚かされます。ところがアルプスの南側、フランスサイドに回れば、そこまでではありません。この地方は、「ローヌ・アルプ」と呼ばれ、中心地は美食の町リヨンなのですが、アルプス付近の町々は、実はスイスのジュネーブのほうが近いくらいなのです。しかし旅行者の常として、ジュネーブに立ち寄る人はレマン湖の北側に位置するローザンヌに向かうのが一般的なコースなので、レマン湖の南、アルプスの南西に位置するローヌ・アルプ地方は、フランス国外の人にとっては、ちょっとした盲点になっているのです。こんな地方で、今や日本人の誰でも知っている町があります。それがエヴィアン。日本では『エビアン』という表記で、ミネラルウォーターが売られていますよね。

この記事の続きを見る


外せない!スイスのおすすめハイキング2 マイエンフェルト
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/マイエンフェルト 
スイスらしい風景、と聞いたとき、あなたはどのようなイメージを描きますか? どこまでも青い空。遠くから聞こえる、放牧馬や牛の啼き声。チーズとパンの、シンプルな食事のひと時。そんなのどかでおだやかなイメージは、名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』のシーンによるものなのでしょうか。そう、広く愛され続けるハイジが「生きた」村が、このマイエンフェルトなのです。

この記事の続きを見る


シャモニーから、1番のレ・ズッシュ行きのバスでプラリオンへ。宿泊者に貰えるゲストカードで無料でバスに乗車が可能。プラリオンスキー場のロープウェイを降りた所からの絶景。親子連れでハイキングにお勧め。
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
ヨ-ロッパ各国を網羅する格安航空の代表と言えば、EASYJET。予約時期によっては、パリやジュネーブから何とギリシャのアテネやミコノス島まで今年の夏、片道25ユーロなんて魅惑的な料金での移動が可能になります。そんなEASYJETから、何ととってもお得なEASYBUSが登場。何と、ジュネーブ国際空港からッシャモニーまでの移動が片道5ユーロからと今までの常識を覆す破格料金での移動が可能になりました。予約時期により、料金に変動がある場合もあるので、今年の夏既に航空券を購入された方は、早期に下記のサイトをチェックしてくださいね。http://www.easybus.co.uk/fr/aeroport-de-geneve/geneve-a-de-chamonix しかも、今まではSAT社運営の直通バスが日に数本のみでした。しかし、EASYJETバスは早朝から深夜まで75分毎に運行。浮いたお金で、アウトドアスポーツを思い切りエンジョイしちゃいましょう。

この記事の続きを見る


英語もペラペラ。スイス人のおどろきの語学能力
  • テーマ:
  • 語学
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ジュネーブ 
まずはクイズです。スイス人は、何語を話すでしょうか? スイス語? 残念ながら、スイス語はありません。スイスの国語は、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語です。四つもあるのです! スイスに行ったら、スイス・フラン紙幣をよく見てください。発行元の「スイス国立銀行」と金額が四つの国語全てで表記されています。ところで、硬貨は四言語を書くにはスペースが少ないですね。ここで、英語がでてきそうな感じがしますが、そこは歴史あるスイス。四言語は一旦封印し、ラテン語を使って解決。ラテン語ならば、どのことばを話す人からも文句はでません。ちなみに、スイスはラテン語で「ヘルベティア」といいます。スイスの硬貨には、ちゃんとラテン語で書かれていますよ。

この記事の続きを見る


ロサンゼルスでの交通手段、遠出にはレンタカーがオススメ!!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
近年治安もよくなってきたといわれるロサンゼルスですが、まだまだ治安のよくないエリアも少なくありません。日が暮れてからの外出や地下鉄、バスなどは利用を控えるように、各種ガイドブックが注意喚起していることも不安をあおります。タクシーを利用するにしても、ロサンゼルスには流しのタクシーがいないため、電話で呼ぶか、ホテルやレストランなどで拾う以外の方法がありません。一方でエンターテインメント産業が盛んなロサンゼルスでは、夜になると様々なショーが開催されます。また、ロサンゼルスを拠点にカリフォルニアを満喫するのも醍醐味の1つと思います。では、どのような交通手段を使えばよいのでしょうか?

この記事の続きを見る


グラシエ・ボッソン付近から見るエギュイユ・ディ・ミディ界隈のアルプスの壮大な眺め
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
度々私がご紹介させていただいている相乗りシステム、http://www.covoiturage.fr。今回も私達親子は、このシステムをフル活用して日帰り弾丸旅行を決行。まずは、シャモニーを7時10分出発。片道1人8ユーロにサイト内の手数料が上乗せされ、所要1時間でアヌシーに到着。朝のアヌシー湖の美しい眺めを堪能し、旧市街を散策。お買い物を楽しんだ後、12時に駅前で待ち合わせ。アヌシーからリヨンまで約1時間半、1人7ユーロに手数料。旧市街のレストランで美味しい食事を堪能した後、旧市街を散策。2つの美術館を訪れた後、市民の憩いの場所無料で楽しめる動物公園へ移動。更に、地下鉄と路面電車を乗り換えて、近日オ-プン予定の建物が斬新な美術館へ。18時半にリヨンからアヌシーまで片道8ユーロプラス手数料で再びアヌシーへ。

この記事の続きを見る


スイスアルプスを眼下に日本から一直線!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
スイス インターナショナル エアラインズ(以下SWISS)はスイスのバーゼルに本社を置くスイスを代表する航空会社だ。2002年に解散したスイス航空とは別会社で、SWISSは現在ルフトハンザ ドイツ航空のグループ傘下にある。ハブとなるのはチューリッヒ、バーゼル、ジュネーブといったスイス主要都市。ここからヨーロッパを含む世界40ヶ国84都市に運航。日本からは成田〜チューリッヒ間を毎日運航する。ちなみに2014年は日本とスイスが国交樹立して150周年のアニバーサリーイヤー。両国間でさまざまなイベントが開催されるほか、お得な特典のついた記念クーポンブックなどの配布も行われている。通常では体験できないアトラクションも多いので今年はスイスが旬だといえる。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-28
美しいアルプスの山々に囲まれたスイス。永世中立国という世界的にも稀なスタンスを持つ平和を求める気持ちが強い国。この国のことをよりよく知れば、きっと旅行も安心して楽しむことができますよ。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ジュネーブ 
■治安スイスは概して非常に治安の良い国。しかしどこでもそうであるように、特に大きな街の一部は観光客がむやみやたらに近づかない方が良いとされているエリアもあります。昼間でも駅や電車内の人が多い場所での個人またはグループによるスリや引ったくり、夜の歓楽街での強盗などには注意が必要です。■トラブルに巻き込まれた時まずは最寄の警察署へ行き被害届なり紛失証明書を提出します。クレジットカードの盗難に遭った場合は、カード会社への連絡も忘れないこと。パスポートを紛失(盗難)した際は、在日本大使館への連絡も必須。旅行前にはあらかじめ緊急連絡先をメモしておくといいでしょう。■マナーや宗教スイスの宗教の大半はカトリックもしくはプロテスタントです。しかし、国民の約2割が外国人のスイスにおいては他国からの移住者も多く、よって様々な宗教が混在しています。宗教上の理由による服装をして街中を歩いている人々も決して少なくはありません。しかし、見かけたからと言って興味本位に写真を撮ったり無闇に干渉しないこと。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ジュネーブ・に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介