page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「スイスツアーズ 行ってきました」の見どころ情報

スイスツアーズ 行ってきましたに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「行ってきました」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


12月の金山嶺長城。冬のお天気の良い日は、最高の写真撮影日和!
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
パキーンとした青空の下、どこまでも続く長城は感動的に美しい!この青空は、春や夏ではお目にかかれません。私にとって長城のベストシーズンは、やはり秋か冬!2019年12月上旬、半年ぶりに北京に行ってきました。久しぶりに世界遺産の長城に登ります。今回、初めて訪れる長城は、河北省薊州にある「黄崖関長城」です。長城と言えば、八達嶺が一番有名ですが、何しろ現存している部分が約6259キロ以上もあるので、長城は何か所もあります。北京から日帰りできる長城では、慕田峪、金山嶺、司馬台長城なども知られています。黄崖関長城は、簡単に日帰りできますが、あまり知られていないマイナー長城です。

この記事の続きを見る


前門の東、大柵欄に近い胡同のニーハオトイレ。しきりもないタイプは、かなり減っている
  • テーマ:
  • テレビのあの場所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
ただ溝があるだけ、もしくは便器が並んでいるだけのトイレが日本人がイメージする中国の公衆トイレかもしれません。このスタイルのトイレは、隣でしゃがんている人と顔を並べ、おしゃべりしながら用をたすため、「ニーハオトイレ」と呼ばれることもあります。今、中国に行っても、昔なつかしのニーハオトイレには、もうほとんどお目にかかれなくなっています。2019年12月現在、北京、上海、広州のような沿岸部の大都市でなくても、内陸部でも世界遺産があるような都市では、非常に少なくなってきています。ニーハオトイレを体験してみたいと思っている旅行者には、今の状況はちょっと寂しいかもしれません。

この記事の続きを見る


安心の佇まい
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
冷え込むニューヨークの街並みで日本の提灯を目にした時ほど暖かい気持ちになれる街灯はありません。今回ご紹介するラーメン屋さんは、日本でもチェーン展開している喜多方ラーメンです。筆者は日本で幼少時から近所の喜多方ラーメンを食べて育ったので大好きなお店なのですが、アメリカではロサンゼルスを中心に西海岸で展開しており、東海岸ではニュージャージー州での展開だったのでアメリカで味わえることを諦めていたのですがついに!マンハッタンに上陸したとのことで行ってきました。店内は割と小さめですがどの時間帯も混み合っていてました。クリーンで明るく清潔感のあるのが印象的でした。

この記事の続きを見る


タイクン
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
香港のおすすめ観光スポットである「大館(タイクン)」に行ってきました。2018年5月にオープン、歴史的建造物・警察署と監獄の跡地がアート発信基地にリニューアルしたのです。170年以上の歴史があるんだそう。アート・建築・写真好きな方にもぜひぜひ立ち寄ってほしいスポット。

この記事の続きを見る


「言几又」旗艦店。高新区錦業路マイ(しんにょうに万)科商業中心1、2階。地下鉄3号線「延平門」駅下車後タクシーが便利
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
陝西省の古都西安で、ものすごく素敵な美術館みたいな書店に行ってきました。陝西省の古都西安と言えば、思い浮かぶのは世界遺産の秦始皇帝陵博物館、楊貴妃と玄宗皇帝、三蔵法師などなど。長安と呼ばれた西安は、秦、漢、隋、唐などの王朝の都として栄えたところ、市内はもちろん郊外も含め、歴史遺産の宝庫です。西安を観光しようと思ったら、できれば2泊3日ぐらいはほしいところ。1日は郊外観光にあて、兵馬俑や華清池に行きたい。残り2日で市内の鐘楼、大雁塔、陝西歴史博物館、回民街、城壁などをまわりたい。「こんなに歴史遺産がいっぱいある西安で、どうしてわざわざ書店に行く必要があるの?」と思うでしょう。

この記事の続きを見る


SHUK
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
夏のシーズンになったシドニー。今回は人気観光地であるボンダイビーチの近くにある有名なカフェ「SHUK」へブランチでやってきました。店内でもテラス席ででもお食事がいただけますよ!

この記事の続きを見る


南大街夜市は、南大街通りの左右に屋台がぎっしり並び、すごい迫力!
  • テーマ:
  • テレビのあの場所
  • 行き先:
  • アジア/中国/洛陽 
河南省の古都洛陽と言えば、世界遺産の龍門石窟、仏教が中国に伝わって初めて建てられた白馬寺、三国志の関羽の首が埋葬された関林廟など、歴史遺産の宝庫!昼間の観光で行くべきところは、充実してますが、夜は晩ごはんを食べたら、終わりって思っていませんか?後漢や三国の魏の都だった洛陽は、「九朝の古都」と呼ばれていますが、現在では地方都市の一つ。古都西安のような餃子を食べながら見る豪華なショーもないので、洛陽の夜は、ちょっと寂しいイメージがありました。それなら旧市街の中心部で開かれている南大街夜市に行ってみませんか?

この記事の続きを見る


少林寺武術館演武庁で行われる武術ショーは1日6回。ショーは少林寺風景区入場料に含まれる
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/少林寺 
世界遺産の少林寺と聞けば、風景よりも少林寺で厳しい修行を積む少年僧の姿がパッと浮かびます。人間技とは思えない技を次々と見せてくれる少林寺のショーは、少林寺観光の目玉のひとつ。2019年10月、少林寺に行ってきました。少林寺があるのは、中国の真ん中より東側に位置する河南省登封市、東西60キロにも連なる嵩山の中にあります。嵩山は少室山と太室山からなり、少林寺があるのは少室山の北麓です。厳しい修行のイメージが強すぎて、少林寺は険しい山にあると思っていましたが、行ってみると、あらっ意外。全然、険しくない。山中ですが、その中の平地にあり、路線バスで簡単に行くことができます。

この記事の続きを見る


漓江沿いに広がるカルスト地形特有の風景が桂林の魅力。写真は7月の陽朔
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/桂林 
2018年12月、中国西南部の広西壮族自治区の桂林に行ってきました。冬の青空とカルスト地形特有の山々を思い描いていたのに、どよんと暗い空。このお天気には、ちょっとがっかりです。桂林は、市内中心部を流れる漓江沿いには広がる景観は、まさに桃源郷。この風景を求めて世界中から観光客が集まってきます。桂林観光のハイライトと言える漓江下りで最も風光明媚な場所は、桂林の南70キロに位置する陽朔に近いところにあります。桂林から乗船する漓江下りのツアーは、陽朔到着で解散となるため、陽朔と合わせて観光する人がほとんどです。その陽朔で冬の青空をバックにした漓江の風景を楽しむはずが、青空がどこにもない!

この記事の続きを見る


屋台でも食堂でも路上の演奏家の足元でも必ず目にするQRコード
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
「ねえ、今、中国って現金使えないんでしょ?」。こんな質問をかつて中国に行っていた友人たちから聞くことが、2016年頃から急に増えました。中国のキャッシュレス社会がいかに進んでいるかが、日本のニュースや報道番組などで連日のように取り上げられたせいかもしれません。「今の中国では、現金はほとんど使えない」というイメージが、日本人の中にはできてしまった気がします。確かに中国のキャッシュレス社会は、日本よりずっと進んでいます。日本では、スマホを使いこなせない中高年もいますが、中国ではどの年代の人もスマホを使いこなしてします。そして、ピッとかざすだけで支払い完了。これが今の中国です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。スイスツアーズ 行ってきましたに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介