page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「スイス旅行 土産」の見どころ情報

スイス旅行 土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「スイス旅行 土産」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果28

1 2 3 末尾 次へ


Fronalpstock(1922メートル)からの眺め
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/シュピーツ 
夏のシーズン、スイスの人たちは、森の中や湖の周りを歩くだけでなく、山に上って歩くことも好きな人が多いです。1、2、3、4時間コースなど、ハイキングのルートはスイスのどこに行っても整っています。チューリヒ中央駅からたった1時間のシュヴィーツ駅(Schwyz)、そこからバスと登山鉄道(ケーブルカー)とスキーリフト(チェアリフト)を乗り継いでたどり着く2つの山、Fronalpstock(1922メートル)と、Klingenstock(1935メートル)にもハイキングコースがあり、人気です。ハイキングをしなくても、この1900メートル級の山々に行くことはおすすめです。湖が真下や遠くに見え、山々の連なりを堪能できる素晴らしい場所です。まさに、スイスらしい大自然の写真が撮れます。Fronalpstockは、展望広場があり、レストランもあり、木製の遊具がある遊び場もあってひらけています。冬は、ここでスキーができます。

この記事の続きを見る


ドイツ語ではオイロパパークと呼びます。入口でパークマスコットのネズミと記念写真を撮る人が絶えませ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/コンスタンツ 
ドイツ観光局によるアンケート「外国人が選ぶドイツの人気観光スポットのトップ100」で毎年トップ3に選出されるヨーロッパパークは欧州最大のテーマパーク(2017年は2位)。黒い森地方のフライブルク近郊の街ルストにあるこのパークの人気の秘密は、欧州の各都市がミニチュアで再現されていること、そしてその国ならではの料理やアトラクションが楽しめることだ。1日で欧州巡りが体感できるとあってドイツだけでなく国境近くのフランスをはじめ、スイスやオランダ、イタリアなどからの客も惹きつけている。パーク内で休暇を過ごす家族や週末を利用しておじいちゃんおばあちゃんと孫のプチ旅行、誕生日のプレゼントなど利用方法は様々。敷地内にはパーク付属のホテルもあるので帰宅時間を気にせず心おきなく楽しめるのもうれしい。

この記事の続きを見る


「チャップリンズ・ワールド」は、まさにチャップリン尽くし。あの軽妙な動きを見ると、つい笑顔になってしまいます
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ベベイ 
喜劇王チャーリー・チャップリンが、スイスに住んで最期をむかえたと知っているでしょうか。スイスは自然が多く、ヨーロッパの中でも安全で、著名人に対して騒ぎ立てない国民性で、有名人が静かに暮らしやすいと言われています。レマン湖に面した西部ヴヴェイの駅前から高台へ向かうと、ワイン畑が広がります。チャップリンは、そこに理想の家を見つけ、妻と8人の子ともたちと1977年に他界するまで幸せに過ごしたそうです。その自宅が博物館「チャップリンズ・ワールド」として、2016年4月から一般公開されています。構想から15年もかかった一大事業です。チャップリンに会いたい!チャップリンの家を見たい!と、すでに、世界中から多くの人たちが足を運んでいます。

この記事の続きを見る


お城の南翼。
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
ここレーゲンスブルクには、日本人の中ではまだまだ知られていない素敵なお城があります。それが、トゥルン・ウント・タクシス城です。ここは残念ながら、日本の団体旅行では取り扱ってもらえません。まだまだ日本では知名度が低いからです。500以上の部屋を持つお城と言われていますが、実際事務的な部屋を含めると609部屋あるそうです。(ちなみに、イギリスのバッキンガム宮殿は総部屋数775だそうです。)しかも現役の公爵一家が住んでいるんです!夏には、中庭でコンサートが、クリスマス前の約1ヶ月は、ロマンチック・クリスマス・マーケットが開かれます。住所は、Emmeramsplatz 5, 93047 Regensburg。インターネットでは、https://www.thurnundtaxis.de/en/(英語サイト)をご覧ください。

この記事の続きを見る


トラ柄とヒョウ柄のゴールドバニー。やっぱり、赤いリボンが可愛いですね
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
日本で店舗が増えているチョコレートのリンツは、地元スイスでも人気です。春のイースター(2018年のイースター休暇は3月30日〜4月2日)は、クリスマスに続いてチョコレートをたくさん買って食べる時期。スイスでは、リンツは直営店だけでなくスーパーでも一部を売っていて、とても身近な存在です。リンツのイースター向けのチョコレートといえば、金色の包み紙に赤いリボンがついたウサギ「ゴールドバニー」が有名です。60年以上前に、100グラムの大きさで作られたゴールドバニーは、いまでは10グラムから1キログラムまで、大小様々です。このウサギ、2015年に登場したトラ柄と2017年からのヒョウ柄も好評です。私もお店で「あ、新しい!」と気づきましたが、日本でも購入可能だそうです。

この記事の続きを見る


こちらは抹茶風味。麦類に抹茶、アプリコット、クルミ、ピスタチオ、リンゴなどを配合。牛乳やヨーグルトにふやかして、どうぞ。1本575g
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
食物繊維が豊富で低カロリーのミューズリーは、近年、日本でも知られるようになりました。ミューズリーはスイス生まれです。パッケージ入りももちろんありますし、スイスのパン屋やスーパーでは、ミューズリーがたっぷり入ったヨーグルトが売られていて食生活には欠かせません。100年以上の歴史があるこのミューズリー、スイスに専門店ができたのは最近です。それが「マイ・ミューズリー」で、現在5店舗あります。100%オーガニックで、種類が豊富、パッケージも可愛らしいと人気です。実はこのお店、お隣ドイツから逆輸入の形で入ってきました。オーストリア、スウェーデンも含めて50店舗以上あります(イギリスとオランダはオンラインで購入可)。

この記事の続きを見る


夏でも寒いので、ジャケットは必要
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ツェルマット 
子どもはもちろん、大人も大好きなスイスチョコレートのTobleroneのモデルになった山、マッターホルンをいろんなアングルから観察できるのがツエルマット。ハイキングやスキーだけでなく、観光するだけでも十分楽しめる自然に囲まれた美しい街です。標高3883メートルにあるヨーロッパで一番高い駅クライン・マッターホルンへはツエルマットからゴンドラでフーリとトロッケナーステッグで乗り換え、所要時間約45分で到着。一年中スキーができるので、ナショナルチームの練習場にもなっている他、キッズはスノーチューブで夏でも雪の世界を楽しむことができます。グレーシャー・パラダイズでは氷の彫刻やすべり台、椅子などがあり、氷の世界を満喫。展望台からはマッターホルンだけでなくスイス、イタリア、フランスの山をみることができ、大迫力!

この記事の続きを見る


所狭しと軒を連ねる我が町のマーケットの模様。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
スイスでは毎週決まった日時、またはイベント的に週末などにマーケット(市場)が開催されています。チューリッヒで代表的なフリーマーケットと言えば、以前こちらでもご紹介したビュルクリプラッツのそれですが、フリーマーケットだけでなく、様々な品物を取り扱うマーケットは都市部に限らず各地で行われています。そのため、旅行中にどこかの街で偶然マーケットに出くわす、なんてことも珍しくなく、またその地ならではの物産品などを扱っていたりもするので、名物を味わえるのはもちろんお土産探しにも最適なのです。

この記事の続きを見る


満席になるので、座りたい場合は発車の30分前には駅に到着するといいでしょう
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ユングフラウ周辺 
スイスに行ったら必ずしたいことのひとつは、世界でも有名な登山鉄道に乗って、標高3454メートルの白銀の世界を訪れることですよね。物価の高いスイスは電車代も例外ではありませんが、ちょっとした工夫で割安にできてしまいます。大人同伴の6〜15歳以下の子どもは、ジュニアパスを購入すると、スイスの鉄道の多くは無料になり、ユングフラウ鉄道も割引になるのでかなりお得。5月から10月は期間限定の「グッドモーニングチケット」はインターラーケン・オスト発6:35分、ユングフラウヨッホ発13時以前に乗車できる格安チケットがおすすめです。途中エイガーワンドとエイスミアに5分停車するので、サッと降りて写真を撮ることができます。ユングフラウのウェブサイトwww.jungfrau.ch

この記事の続きを見る


おいしい貴腐ワインで、美しきモーゼル川に乾杯
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/コブレンツ 
ドイツにはふたつの大河が流れています。ひとつはドイツに源流を持つドナウ川。これが東へと流れ、スイスアルプスのトーマ湖を源流とするライン川が北に流れています。ライン川のマインツとコブレンツ間は、名勝であるローレライの岩や、幾多の古城が見られることから、川下りで有名で、たしかに優雅にクルーズを楽しめます。そしてコブレンツで合流しているのがモーゼル川です。合流点をドイチェス・エック(ドイツの角)と呼びます。まるで軍艦の穂先のような独特の角地が伸びており、ここにはかつて、ドイツ帝国皇帝、プロイセンのヴィルヘルム1世の銅像が建てられていました。その高さは4、5階建てのビルほどもあったとか。第二次大戦で要塞と間違えた米軍に、砲撃で吹き飛ばされてしまって、今では台座だけが残されています。このあたり、眺めのいいところです。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。スイス旅行 土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介