page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「スイス旅行 安く」の見どころ情報

スイス旅行 安くに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「スイス旅行 安く」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


チューリッヒ・ユースホステルの裏側から撮影
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
「欧州周遊ユーレイルパスとユースホステルの旅2/スイス編(前編)ミュンヘンからチューリヒへ」からの続きです。ミュンヘンから出発した列車は、16時53分にチューリヒ中央駅に到着しました。そこからチューリヒYH(ユースホステル)まではトラムで約15分。停留所からは7〜8分歩きますが、中心街から少し離れた場所に滞在すると、その国の日常がよく見えます。たとえばYHそばのスーパーマーケット「ミグロス(Migros)」で買い物をすると、歯磨き粉やシャンプーなども安く、食品はセールも多くてスイスの日用品はそれほど高くないことが分かりました。トラムに乗れば地元の通勤風景も見られます。チューリヒYHは、玄関を入ってすぐスノコ状の壁が一面に広がり、フロントはコンクリートと木を生かしたモダンな造りです。部屋はシンプルで清潔、浴室は緑のタイルが美しく、シャワーの水圧も言う事はありません。朝食はチーズとミルクが新鮮で美味でした。(ドミトリー5105円、シングル1万443円、ツイン1万2300円)

この記事の続きを見る


ムッソリーニが造った世界でいちばん大きなミラノ駅で、最新の高速列車フレッチャロッサなども見られます
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
若かりし日の海外旅行は、とにかく節約第一で列車やバスを乗り継ぎ、ユースホステルを泊まり歩いたという方も多いでしょう。年を重ねるとともに、楽でちょっぴり贅沢な旅をという方向へ向かいつつあったこの頃。そんな折、あるプレスツアーのお誘いがありました。それは『ユーレイルパスを使って個性的なユースホステルに泊まる、初めてのヨーロッパ』。ドイツのミュンヘンからスタートし、スイスのチューリッヒとサンモリッツ、ミラノ、パリへ列車で移動します。途中、鉄道ファンには垂涎ものの「世界遺産レーティッシュ鉄道アルブラ線とベルニナ線」も通過。またミラノからパリは「夜行列車テロ」で国境を超えました。自分の旅スタイルの原点に戻り、列車の旅の素晴らしさを改めて感じるとともに、昨今のユースホステルの驚くべき変化に目を見張りました。これから数回にわたってこのツアーの模様をご紹介いたします。

この記事の続きを見る


絶景!ポーランドとスロバキアの国境でトレッキング(後編)
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ザコパネ 
トレッキングの穴場タトラ山地で、ポーランド・スロバキア国境の稜線を歩くために、ロープウェイで国境にそびえる1987mの大カスプロヴィ山の山頂を目指します。麓のKuznice(標高1014m)から歩く健脚なポーランド人を尻目に、私は楽して一気に1000m近くショートカット。山頂駅にはカフェテリアや土産物屋があります。体力に自信のない人でも、この周辺を散策し、カフェのテラスでのんびりビールでも飲んでからまたロープウェイで降りれば、手軽に素晴らしい絶景を満喫できるでしょう。土産物屋で絵葉書を買うと、記念スタンプを押してもらえますよ。

この記事の続きを見る


パリ、ルーブル美術館近くの骨董品やさんのディスプレー。男心をくすぐるような、壮大な夢のロマン。
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
皆さんは、もう今年の旅行の計画はお済ですか?今年フランスを旅行したい方は、鉄道パスを買う前にフランス国鉄サイト、http://www.voyages-sncf.com/ を必ずチェックしてみてくださいね。近隣の国に比べると、フランス国鉄のお値段高いように思えるのですが、実は早期割引が大変お得。現在、夏のバカンス用のTGVなどのチケットが大売出し中です。例えば、パリから25ユ-ロの最安値でいけるのは、ボルドー、マルセイユ、リヨン、スイスのロ-ザンヌ。出発日や出発時間帯により値段の変動はありますし、売り出す席は限られているので早い者勝ち。隣の席なのに予約時期が遅ければ、この倍以上軽くしてしまうのでフランス周遊を考えている方は計画を早めに立てましょう。4月11日〜5月11日までの一ヶ月間、パリ〜リヨン、パリ〜ボルドー間などTGVが何と一人分のお値段で二人分のチケットが購入できるようです。これなら断然パスを購入するより、国鉄サイトで予約してくださいね。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2014-01-16
フランスでスリなどの盗難にあった場合、すぐジョンダムメリに駆け込みましょう。建物の概要は各都市により異なりますが、このマークが目印になります。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
■治安パリなどの大都市、南フランスのマルセイユの地下鉄、蚤の市などでスリ、置き引き、引ったくりなど窃盗などの事件が多々発生します。斜め掛けなど身体にしっかりと装着できるバックにしましょう。お金なども万が一に備え、細分化して持ち歩きましょう。■トラブルに巻き込まれた時 警察の電場番号は17番です。パリにはクレジットカ-ド会社のオフィスなどもあるので、出発前に緊急時の連絡先を確認し、即悪用停止の措置を取りましょう。ジョンダムメリ(警察)では、必ず紛失・盗難届け受理証明書を発行してもらいましょう。旅行保険の請求時に必要になる用紙です。通行人に助けを求める場合、オスクー(助けて)と叫びましょう。■マナーや宗教・チップフランスを初めとするヨ-ロッパ各国にはチップの習慣があります。しかし、ここ数年経済不況の影響から欧米人でもチップを置かない人も増えてきました。

この記事の続きを見る


サンジャルベレヴァンホアイエ駅より登山電車を乗り継いでプラリオンへ。眼下に広がる町の風景に真近に迫る山の大迫力の風景。スーツケースで行くのは無理なので、この風景が見たければ荷物を最小限に。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
スイスのジョネーブやパリからモンブランのお膝元シャモニーを電車で目指した場合、必ずサンジャルベレヴァンホアイエ駅で電車を乗り換えます。モンブランエキスプレスに乗車する場合は、進行方向に向かい右側の席を確保しましょう。もし電車内がすいているなら、次の停車駅シェ−ドまでは左側の席がお勧め。しかしシェードを過ぎたら断然右側に。大迫力の風景を楽しませてくれることでしょう。サンジャルベレヴァンホアイエ駅の向かい側からは、可愛らしい登山電車を乗り継ぎ、シャモニーから6kmの街レ・ズッシュに下れる山中のホテルプラリオン当たりに一泊してモンブランを違った角度から見るのもお勧めです。

この記事の続きを見る


写真左のカリメロは1ユ−ロで購入したが、40ユーロの価値。右側のマネキンも1ユ−ロで購入したが400ユーロ以上の価値。こんなお宝物を発掘した後は、次はもっと大物を掘り当てると断然熱が入ります。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
今から春先の旅行の計画を立てる方も多いでしょう。ヨーロッパの蚤の市は、毎年春と秋が主流で、毎週末のようにどこかの町で開催されます。以前は、ガラクタにしか見えなかった品々が、今では宝物の山に見えてしまう私は、毎週末娘をたたき起こし、電車に乗ってスイスまでも出かけてしまう蚤の市中毒人間。一度はまったらやめられません。何故なら、ガラクタの中に意外な宝物がたくさん埋まっているから。いわゆる宝探しの感覚が味わえるのです。今までに私が発掘したものは、最高が400倍以上の値打ちのあるもの。

この記事の続きを見る


どんどん新しいアクセサリーや時計、バッグが入荷する、本拠地ギリシャの「フォリフォリ」。メンズの時計もお勧めです
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
日本でとっても有名な「フォリフォリ」は、1982年にアテネでスタートしたギリシャのブランドというのをご存知ですか? もちろん本拠地ギリシャでは、最新のバッグや時計がいろいろ揃っています。最近はメンズコレクションも出ましたね! ピアス、ネックレス、指輪などのアクセサリーもいろいろあって、目移りしてしまいます。ギリシャ国内には現在59の店舗があるということですが、独立した店舗だけでなく、アテネ、シンダグマ広場すぐそばにあるデパートのAtticaや、オモニア広場に近いデパートNotos Galleriesの中などに入っているお店もあるので、チェックしてみてください。

この記事の続きを見る


「スイス旅行」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

チェーン店だけど、、、
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回紹介したい筆者のおすすめコーヒーショップは、チェーン展開するLe Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)です。チェーン展開されていても各店舗ごと、フードクオリティや店舗・空間デザインがしっかりしていてどこに行ってもハズレがない印象が強いブランドカフェです。またフードに使用されているものは、塩胡椒やはちみつ、ジャムに至るまで全てオーガニックにこだわったオーガニックカフェとしても有名です。ジャムやはちみつは、店頭でも購入可能ですよ。元々はベルギーでスタートしたカフェですが、今ではイタリア、スイス、フランス、オーストラリア、カナダ、クウェート、ロシア、スペイン、トルコ、イギリス、アメリカ(都市部のみ)で展開されているそうです。テイクアウトも充実していますが、今回はイートインしてきました!

この記事の続きを見る


宝物館で1番目の部屋に展示されている王冠、王笏、宝珠
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンを旅行する人々が必ずと言っていいほど訪れる観光ポイントはホーフブルク。歴代ハプスブルク家当主の住居カイザーアパートメントや食器博物館、礼拝堂、宝物館、スペイン馬術学校、図書館などが翼でつながっている場所だ。大公や皇帝が住んでいたカイザーアパートメント(皇帝の住居)は必見で、銀食器博物館と共通チケットで見学できる。もう一つ、是非訪れて頂きたいのが礼拝堂の隣にある宝物館だ。宝物館は礼拝堂の左隣の建物で、スイス門をくぐった中庭に入口がある。名前の通り、宝石類や王冠などハプスブルク家の遺産が豊富に展示されており、ここを訪れるとハプスブルクの繁栄を知ることができる。館内に入って最初に目にするのがあの、オーストリア皇帝の冠と王笏、そして宝珠だ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。スイス旅行 安くに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介