page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「スウェーデン 民族衣装 特徴」の見どころ情報

スウェーデン 民族衣装 特徴に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「スウェーデン 民族衣装 特徴」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


カラフルな民族衣装とケープ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ダーラナ 
ハレの日に装う服の刺繍、日々の暮らしに彩をそえる編み物のパターンなど、ダーラナ地方を訪れると、長くその土地に受け継がれてきた特徴あるデザインにオーッと目を引かれることがままある。夏至祭などで用いる衣装はエリアごとにパターンがあって、見識ある地元の方ならどちらのものかすぐにわかるという。そんな伝統に彩られたダーラナ地方のほぼ真ん中あたりにあるムーラ。例年3月に行われる、ノルディックスキーで最高90キロメートルを走りぬくクロスカントリーの大会、ヴァーサロペットのゴール地点としてご存知の方もおられるかもしれない。

この記事の続きを見る


博物館展示の一部。19世紀の歴史を今に伝える箱のペンティングもこの地方では可憐な装い
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ダーラナ 
スウェーデンの中部にあるダーラナ地方は今も伝統工芸の息づくエリア。夏至祭ともなれば町や村の広場に設けられた夏至祭のポールの周りを、鮮やかな刺繍の民族衣装に身を包んだ人々がバイオリンが奏でる軽やかな音色に舞い踊り、見ているだけでも華やかな気分に包まれる。また2015年2月には、この地方のファールンで国際スキー連盟のノルディックスキー世界選手権が予定されるなど、寒い時期でもアウトドアスポーツが盛んな地域ではあるものの、暗い冬場には薪がはぜる音を聞きながら暖炉の傍らで読書や編み物、刺繍をしたりと、家の中ですごす時間が長くなる。ダーラナ地方にも、そんな手仕事にいそしむ人が多いのか、質の高い工芸品に出会うことができる。

この記事の続きを見る


カラフルな民族衣装に身を包んだサーメの人たち。結婚式でのひとコマ
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
16世紀、北ヨーロッパに国境がひかれスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ロシアなどに分割される以前から、北のこの地を故郷として生活を営んできた人々がいる。「サーミ(SAMI)民族」。彼らの基本的な生活スタイルはトナカイを放牧しながらあちらこちら移動するというタイプ。そのため、国境が決められ、条約が制定されたときには、サーミの人たちの生活様式や文化を守るような配慮がされたという。Ajtteでは、厳しい自然環境の中、長い歴史を生きてきた彼らの文化をたくさんの資料とともに展示している。

この記事の続きを見る


「スウェーデン 民族衣装」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

窓辺にもキュートなミッドサマーのデコレーション。夏至祭で夏の到来に感謝し、長期のサマーバカンスが始まる、というスウェーデン人も多いとか
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ダーラナ 
スウェーデンで夏を彩るお祭りといえば、ミッドサマーを祝う「夏至祭」だ。夏至祭の日は、いわゆる一年でもっとも昼間の長くなる夏至当日ではなく、6月19から26日の間でいちばん夏至の日に近い土曜日に定められていて、今年は6月23日が夏至祭〈スウェーデンでは休日)、22日が夏至前夜のミッドサマーアフトンとなる。夏至祭のイベントは洗礼者ヨハネの祝日という宗教的な意味合いと、一年でいちばん昼間の長いことを祝う伝統行事が組み合わされたものだという。そして夏至の夜には人間界と自然界の境界線がぼやけ、スーパーナチュラルな力が身近に感じられるという話もあって、夏至の夜、結婚を願う女性が7種類ほどの草花を枕の下において寝ると、恋がかなえられるとか、その晩夢に見たひとがその後人生を共にする相手だという話も聞こえてくる。

この記事の続きを見る


つかの間の夏を惜しむかのように咲き乱れる野花。こちらのお盆は朝のトーストをのせるのにピッタリなサイズ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ダーラナ 
ストックホルムの北西に位置するダーラナ地方。古くから伝わる民族衣装や代表的なおみやげ品のひとつ木彫りの馬、ダーラへストが有名だ。そびえるような高い山はないけれど、なだらかな丘は夏ともなれば濃い緑で覆われ、シリアン湖はボートや釣りなど水遊びを楽しむ人でにぎわっている。テキスタイルの店、’Jobs'ではこの地方の豊かな自然をモチーフにしたデザインを今でも店のとなりにある工房で手作業でプリントしている。創業は1944年。Peer Jobs氏がシリアン湖の南にあるLeksand郊外でプリントを始められた。ストックホルムの老舗デパート、NKで展覧会が開かれ、チャーミングな花柄に人々は魅了され、たちまち虜になったという。

この記事の続きを見る


有名建築家の設計によるゾーン美術館。入り口すぐのところにはポストカードや画集などを扱う売店は外光が射しこみオープンな雰囲気
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ダーラナ 
シリアン湖を中心とする豊かな自然。そしてカラフルな民族衣装など伝統文化もしっかりと今に伝える、ダーラナ地方。ストックホルムから350キロほど北西に位置するこの地方の見所はいろいろで、アンダース・ゾーンの美術館もそのひとつ。ダーラナ地方出身のゾーンは今年生誕150年を迎えるスウェーデンを代表する画家として知られている。1800年代後半から90年代にかけて、主に肖像画家として多数の作品を残したゾーン。繊細な筆捌きで、モデルの内面までも映し出すかのようなポートレートは国内外の著名人をモデルにしている。レンブラントの影響か、微妙な陰影を表現したエッジングの技術もすばらしくアメリカのルーズベルトをモデルにした作品が残っている。

この記事の続きを見る


高いものでは20メートル以上にもなり、白樺の葉、マーガレットやレンゲなど夏の野の花々で飾りつけるのが一般的だ
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/エステルスンド ストックホルム 
年中行事の中でも夏の一番人気は、なんといっても「夏至祭(ミッドサマー)」だ。秋の収穫を祈るためのお祭りでもあり、2009年は夏至の前日の金曜日、6月19日に各地で盛大に開催される。ご存知のように、夏至とは一年でもっとも昼間の時間が長くなる日。北極圏では、太陽が地平線より下に沈むことなくまた上りだす「白夜」。夕方のような気分でいても気がつけば夜10時、ということも珍しくなく、一晩中パーティーが続く(?!)ことになるわけ。お祭りのメインイベントは、ミッドサマーポール(メイポールとも呼ばれる)を広場に立てること。その周りを伝統的なフォークソングにあわせ踊ったり、ゲームをしたりして大人も子どもも大はしゃぎ。

この記事の続きを見る


印刷の現場はこんな具合。丁寧な手作業が続く
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム エステルスンド 
ストックホルムから北北西600キロほどにある町、Krokom(クローコム)に、オリジナルデザインの柄をオーガニックコットンに手作業で染め付けている会社がある。1946年の創業で人気のある伝統の柄を大切にしながら、さらに、現代にマッチしたユニークで大胆な手書き風の新デザインを発表しており、若者から年配者まで幅広い年齢層に親しまれている。「コットンの布やインキも環境に配慮したものを使っていますし、一色ごとに心を込めて丁寧に色を重ねています」、と話してくださったのは印刷の担当者。なるほど、味のあるデザインはもちろん、商品の質にも定評があるのも納得できるというもの。

この記事の続きを見る


「スウェーデン 特徴」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

アートとハンドクラフトのコレクションが並ぶ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
1975年に誕生した「吹くと練る」という名前のスポット「Blas and Knada」は、現在のロケーション、セードラマルムのガムラスタン側のホルンスガータンに移転した。最寄りの地下鉄スルッセン駅は、ストックホルムの中央駅からガムラスターン経由で到着する、セーデルマルムの玄関口として、また地下鉄駅やバスターミナルを擁する交通の要として利用されてきた。整備されてから75年が経過。設備の老朽化、また人口増加に伴う住宅整備、道路の渋滞解消など様々な理由もあって、100年後も人々に愛される公共エリアとして生まれ変わるため、2020年の完成を目指して現在大工事中。それでも、車道や歩道は状況に応じて整えられているので、駅から「Blas and Knada」までは歩いて5分ほど。

この記事の続きを見る


小高い丘の上のホテルからの眺望。電線など眺めを遮るもののない自然の風景はまるで絵画のよう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ダーラナ 
スウェーデンの中西部に位置するダーラナ地方にあるシリアン湖。その周りに、レクサンド、ムーラやレットヴィークなど、特徴ある町が点在している。テルベリはレクサンドから車で北へ20分ほど。70号線から少し入ったところに位置する村。湖に向かってなだらかな丘が続き、丘の上からは深い緑に彩られた森ときらめく湖面の景色を臨み、まるで絵を眺めているよう。散歩コースや湖での水遊びなど、自然とのふれあいはもちろん、職人の実演を見学し、文化に親しむことができる場所もあるエリアだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。スウェーデン 民族衣装 特徴に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介