page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ストラスブール 旅費」の見どころ情報

ストラスブール 旅費に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ストラスブール 旅費」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果27

1 2 3 末尾 次へ


アルザス地方で聖ニコラスを祝う様子。コッブに入っているのは聖ニコラスの形のチョコレート。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/ストラスブール 
フランスのロレーヌ、アルザス地方では12月になるとすぐにクリスマスのイベントが始まります。この地方ではサンタクロースが登場する前は、子供たちへの贈り物は大抵12月6日に聖ニコラスよりされるものだったので、今でもフランスのロレーヌ、アルザス地方を始め、ドイツやオランダでも聖ニコラスのお祝いがあります。聖ニコラスは、慈善活動を行った聖人といわれています。聖ニコラスは1年間良い行いをした子供には香辛料入りのビスケットやくるみ、みかんを届けてくれます。しかし、行いが悪い子供は聖ニコラウスのお供である「Pere Fouettard」という人が体罰をする、という言い伝えがあり、子供たちはPere Fouettardを恐れています。

この記事の続きを見る


王室の庭にサンモーリス修道院跡、城壁跡、スパイ博物館などがある
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回は、パリから北におよそ40キロのところにあるSenlis(サンリス)のご紹介です。パリの北駅から出る電車に乗り、30分ほどでシャンティ駅で下車。そこからバスに乗り換え30分ほど揺られると到着です。待ち時間を含めても片道1時間半で行けます。フランスには城壁の残る街がありますが、サンリスも例外ではありません。ガロ・ロマン時代、3世紀に造られた4メートルの城壁と30の塔の一部が現在でも残っています。987年にユーグ・カペーが国王となり、アンリ4世(在位:1589年から1610年)まで、王が滞在した街として栄えました。街に着いたらまず観光局に行きましょう。主な見どころが記された3つのコース記載の地図がもらえます。コースAはノートルダム大聖堂や王室の庭、博物館などを含む1.5km 、Bはサンピエール教会やサンヴァンサン大修道院などを含む2.1km、Cは15世紀から18世紀に建てられた市庁舎や、1865年に発見された闘技場(※4月から10月の第一日曜日、観光局15時集合のガイドツアーで訪問可能)を含む3.8kmで、各要所がおさえられています。

この記事の続きを見る


クリスマスのイルミネーションを見ていると寒さが和らぎます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
クリスマスシーズンはヨーロッパではどこも賑やかになります。特にアドベントが始まると、ヨーロッパ各地でクリスマス市が開かれ、小さい小屋が立ち並びます。ヨーロッパの中でもドイツとフランスのアルザス地方はクリスマス市が有名です。クリスマス市では主にクリスマスツリーの飾りやロウソク、防寒具などを販売し、町によってはその地方の名物を販売する店もあります。食べ物の屋台も人気で、チーズの断面を温め、溶けたチーズをパンやジャガイモに載せていただく「ラクレット」、また塩漬けキャベツに豚スネや様々なソーセージを入れて煮込んだ「シュークルート」が特に行列ができます。飲み物としてはホットワインが有名です。赤ワインに、シナモン、八角、オレンジピールなどの香辛料と、砂糖やシロップを加えて火にかけたもので、寒い冬にはぴったり。芯から温まります。アルコールを飲めない人にはホットアップルジュースがオススメ。ほんのり甘い香りが漂い幸せな気持ちに。

この記事の続きを見る


ダイデスハイマーホーフ・1階レストラン「聖アーバン」の入口 (参考までに・地下レストランは別の入口があります)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ルードヴィッヒスハーフェン 
11月9日はドイツにとって歴史的な記念日。1989年のこの日、東西ドイツの国境検問所が解放され、旧東西の往来が自由にできるようになりました。そして翌日11月10日、ベルリンの壁が崩壊され東西分断の歴史に幕を閉じたのです。この壁崩壊における立役者だったのは当時のドイツ首相ヘルムート・コール氏。同氏がいなければ東西統一は実現しなかったとまで言われています。こうして1990年10月3日は東西ドイツ統一の日と制定されました。2017年6月16日に87歳で死去された同氏の葬儀は、欧州議会のあるフランス・ストラスブールで欧州連合葬が執り行われて大きな注目を集めました。今回はコール氏がかつて国賓や重鎮をもてなしたダイデスハイムで要人たちと食したザウマーゲンとレストランを紹介します。

この記事の続きを見る


マラーストラナ地区の上に聳える巨大なプラハ城と、左手の聖ミクラーシュ教会
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドレスデン 
ドイツを周遊するジャーマンレイルパスは通用日連続タイプと、有効期間1カ月の間に通用日数分を選択するフレキシータイプの2種類があり、それぞれ3日、4日、5日、7日、10日、15日、と通用日数も6種類ある。フレキシータイプは連続タイプとさほど料金が変わらない上に、一つの町に長く滞在する場合は移動日だけパスを使えばよいので、非常に利用価値が高い。ドイツは鉄道王国として知られている。時間の正確さ、乗り継ぎの良さ、車内の快適さ、全ての平均点で世界一ではないだろうか。そのドイツを旅するジャーマンレイルパスで、なんと、プラハまで乗ることが可能になった。ドイツの人気都市ドレスデンから僅か2時間少々でプラハに到着。場合によってはドレスデンからの日帰りも可能なプラハだ。

この記事の続きを見る


フランス南部クレアヴォー・ダヴェイロンで作られたワイン各種
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
2017年11月30日から12月4日、パリのPorte de Versaillesの展示会場で第39回Salon des Vins des Vignerons Independants(ワイン見本市)が開かれました。毎年100000人が訪れる大人気のイベントです。パリだけでなく、リヨン、ストラスブール、ランス、リール、ボルドー、レンヌ、ニースなどでも開催されています。多くの人が訪れるそのワケは、フランスの各地域から集まったブドウ生産者から直に彼ら自慢の商品を購入できること。作り手の顔が見えるのは魅力です。そしておそらくこれが最大の理由ですが、会場に入ると入場チケット半券と引き換えにグラスをもらえ、各スタンドをまわって試飲できるのです。皆、実際に買わなくても注いでもらっては、あーでもないこーでもないと商品について質問したりお喋りしています。

この記事の続きを見る


ストラスブール大聖堂の前にあるカフェ・クリスティアン
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/ストラスブール 
フランスでもアルザス地方というと、ドイツ的な印象を受ける方が多いのではないでしょうか。確かにアルザス地方は歴史的に見ると、常にドイツと領有権を争って戦争をしていました。この辺りはドイツだったりフランスだったり、と常に揺れ動いていましたが、第二次世界大戦後はフランスとなり、それ以来変わっていません。アルザス地方の中心都市はストラスブールです。町の東端にライン川が流れており、川の向こうはもうドイツ。本当にドイツはすぐそこにあります。そんなわけで街並みもドイツ的な所が見受けられますがカフェに関しては、しっかりフランスです。中心部には有名なパティスリーが何軒かあり、お菓子の名前は全部フランス語。見た目もパリにあるような素敵なものばかりです。

この記事の続きを見る


オーナーのEstherさん。フランスでのリタイア後は沖縄でシャンブル・ドット(民宿)をしたいとのこと
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
近年、パリでは日本のお弁当がブームです。とりわけ健康志向が高く、オーガニックな生活スタイルを好む人に人気で、持ち帰りはもちろん、イートイン可のBENTOレストランが続々と出店しています。今回ご紹介するのは駅のホームから営業を開始した『KOEDO』。オーナーはアルザス地方ストラスブール出身のEstherさん。17歳の頃に大阪にホームステイし神戸女学院に1年留学、フランスでは日本企業に3年勤めた経験もあり、日本語はペラペラです。さらに非営利団体などで日仏イベントコーディネートの仕事を手がけ、故郷ストラスブールでは焼き鳥、ウイスキーなどの日本食スタンドを出店し、たい焼きはなんと1万個を売ったことも。日本では東京国際フォーラムや池袋でバレンタインイベントを開催するなど日仏のかけ橋となる活動をしています。

この記事の続きを見る


尖塔が一本しかないのが特徴
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/ストラスブール 
フランス東部のアルザス地方にあるストラスブール。街のシンボルでもあるストラスブール大聖堂は着工開始から去年、千年という月日がたちました。142メートルある大聖堂は中世では一番高いものでした。66メートル階段を上がるとたどりつく展望台からは世界遺産になっている旧市街を一望できます。大聖堂内にある美しいバラ窓や世界最大のひとつである天文時計も必見です。夏季は夜、誰でも見られる無料のプロジェクトマッピングのショーがあり幻想的。ウェブサイト:http://www.cathedrale-strasbourg.fr

この記事の続きを見る


町も美術館も素晴らしい〜フランスのコルマールで怪獣の絵を見る
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/コルマール 
フランスのアルザス地方をご存知ですか? フランス北東部、ライン川をはさんでドイツと国境を接する一帯です。面白いもので、建物や食文化、雰囲気がどことなくドイツに似てくるのです。大陸を旅していると、民族や文化のグラデーションのような移り変わりが楽しいですね。ライン川の西側南北にそびえるのがヴォージュ山脈、その麓で栽培されているのがアルザスワインとなるブドウです。もっとも大きな町は、欧州議会のあるストラスブール。ドイツのシュツットガルトやフランクフルトもさほど遠くありません。ストラスブールが「街道の町」と呼ばれる所以です。ドイツの主要都市と、パリとの中継地になるのです。パリまで高速鉄道TGVで2時間半の距離です。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ストラスブール 旅費に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介