page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ストーレー パリ最古 パティスリー」の見どころ情報

ストーレー パリ最古 パティスリーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ストーレー パリ最古 パティスリー」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


賑やかなモントルグイユ通り マルシェ(市場)になっているので、楽しくてグルメな通りです
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ルーブル美術館の裏手、パリ1区から2区にかけてモントルグイユ通りがあります。賑やかで親しみ安い市場が並ぶこの通り、お料理・お菓子の道具専門店やお菓子材料のお店もあり、お菓子好きにはたまらないはず。そして、この通りの51番地には、パリ最古のケーキ屋さんのメゾン・ストーレー(Stohrer)があります。創業は1730年。約280年の歴史を誇る老舗パティスリーです。フランス王ルイ15世に嫁いだポーランドのマリー・レクチンスカのお抱え菓子職人、ニコラ・ストーレーが開いたお店なのです。ということは…、そう!!ここのケーキのルーツはまさに宮廷で出されていたもの。そんな高貴なお菓子を求めて、ぜひこちらのストーレーを訪れてみてください。

この記事の続きを見る


「パリ最古」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

6月はバラ園は色とりどりのバラと香りが漂う
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
まずはパリ5区のオーステルリッツ駅すぐそばにあるJardin des Plantes(パリ植物園)から。なんと開園は1633年です。目の前には色彩豊かな花壇が広がり、両脇にはプラタナスの木々が続きます。並木沿いのベンチは、読書、昼寝、友達とおしゃべり、お昼時はランチする人々で埋まっていきます。広い敷地内には、良質の企画展を開催する博物館、植物学校、研究室、温室、小さな動物園(1794年開園)、ラビリンス(迷路)などがあり、年間を通じて訪れる人の絶えない場所です。あらゆる植物や樹木を目にすることができますが、とても立派な日本のシロタエ桜が入って中央右あたりにありますので、ぜひあいさつしていきましょう。

この記事の続きを見る


ランチやおやつも楽しめるマルシェ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ3区・北マレ地区にある『Marche des Enfants Rouges』パリ最古の屋根付き常設市場です。ここが他のマルシェと大きく異なる点は、イートインできる食堂やテイクアウトできるお惣菜屋さんがたくさんあるところ。イタリア・モロッコ・メキシコなど多国籍料理がテラス席で食べられるのです。ランチタイムは大賑わい。ゆっくり食事を楽しみたい方は、少し時間をずらして行きましょう。沢山ある中でも、ぜひ食べていただきたいのが『クレープ』です!

この記事の続きを見る


ファラフェルとフームスやマッシュルームなどがセットになったプレート
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリのマレ地区は、おしゃれな見所が数多く存在するパリっ子にも観光客にも人気の地域です。たくさんの顔を持つマレ地区ですが、ユダヤ人居住区としても有名です。パリでは「イスラエル料理で有名なファラフェルを食べるならマレ地区で」と言われています。中でもロジエ通りには、たくさんのファラフェル料理店が並んでいて、店頭では店員さんが熱心に声かけをしてくれて、どこに入るか迷ってしまうほどでした。

この記事の続きを見る


「パティスリー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

プロアの名物といえば火鉢で焼いたHIBACHI
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
グアムで美味しいお店を尋ねたとき、誰もが答えるのが『PROA(プロア)』です。アメリカ本土で修行したシェフが作るフュージョンチャモロ料理は見た目も味も素晴らしく、幾度となく数々のアワードを受賞。タモンにある1号店は常に行列で、オンシースンは予約すら困難というグアム1の人気店といっても過言ではありません。そこでオススメなのがハガニアにある2号店。こちらはタモン店よりも広く、観光客が少ないため予約も取りやすく、ゆったりと食事ができるのが魅力。今回はそのハガニア店をご紹介します!

この記事の続きを見る


高級住宅地の人気パティスリー 「BECHU」(ベシュ)の伝統的なスイーツ各種
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ16区、高級住宅の立ち並ぶビクトル・ユゴー大通りに、地元マダム御用達のパン・ケーキ屋さんであり、観光客や買い物客にも人気のサロン・ド・テがあります。ビクトル・ユゴー大通りにステュディオを借りて、朝食にクロワッサン、ランチにバゲットサンド、おやつにケーキ・・・と日常的に利用したいようなお勧めのお店。広々としたテラス席や店内にも予想外に広い客席があり、パンを買いに来たついでにゆっくりとお茶を楽しめます。

この記事の続きを見る


数々の美しいケーキが並ぶシュクレ・カカオのショーケース
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリ20区、庶民的な雰囲気の漂う界隈に地元密着型のケーキ屋さんシュクレ・カカオがあります。こちらのパティスリーは日本でも数々のメディアに取り上げられる有名店。そのケーキの美しさと美味しさに魅せられて、研修に入る日本人パティシエもいるほどです。店内に入ると、美しく華やかに並ぶケーキには心奪われます。観光ではあまり行かないエリアにありますが、パティスリー巡りが好きな方なら、わざわざでも足をのばして行く価値があります。

この記事の続きを見る


グリーンの壁が目印のパティスリー カドール。ルーブル美術館のすぐ脇にあります
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
バカンスも明けた、秋のパリ。気温も涼しくなり、スイーツが恋しい季節になりました。今日はパリの中心地1区にあるパティスリー、カドールをご紹介致します。ルーブル美術館に見学に出かけた際には、ぜひ立ち寄っていただきたいクラシックなお菓子がそろっているパティスリーです。カドールは映画のロケにも使われたり、上品な地元お買い物客や観光客に人気のお店。セーヌ川沿いから一本入った角地に位置し、淡いグリーンの壁が目印です。日曜日もやっており、朝食やランチのメニューもあるので気軽に入ってみてくださいね。

この記事の続きを見る


アルザス地方ストラスブールの老舗パティスリー クリスチャンの素朴なケーキ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/ストラスブール 
ストラスブールは12月のマルシェ・ド・ノエルMarche de Noelで世界的に有名ですが、街全体を散策するには、春から夏にかけての温かいシーズンがオススメ。ストラスブール大学には2週間の夏期講座などがあり、夏休みを利用したフランス語学留学などにも適した地方都市です。さらに、おすすめしたい理由が、この土地には美味しいものが本当にたくさんあるのです。星付きレストランに加え、シュークルートやタルト・フランべの郷土料理はもちろん、クグロフやパン・デピスなどの郷土菓子のショップも多く、現地まで赴く価値ありです。そこで、今日はストラスブールの老舗パティスリー クリスチャンをご紹介致します。ちょっとくらいのカロリーは気にしない大らかな気持ちでお出かけくださいね。

この記事の続きを見る


夏のパリで食べる宇治金時は最高の美味しさ♪
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ジリジリと焼け付くようなパリの夏。街へ出ても、バカンスで休業中のお店が目立つなか、16区の人気パティスリーへカキ氷を食べに行きませんか? 店頭に掲げられた“氷”の文字がなんだかとても懐かしく感じます。ここはヤマザキパンのパリ研究所としてオープンした本格フランス菓子のパティスリー“YAMAZAKI”。ショーケースにはクラシックなケーキから、和の要素を生かした創作菓子など、色とりどりのケーキが並んでいます。そんな本格パティスリーで、夏の時期限定でカキ氷のメニューが登場します。ブローニュの森やマルモッタン美術館も近いので、お散歩ついでにぜひお立ち寄り下さい。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ストーレー パリ最古 パティスリーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介