page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ストーンヘンジ」の見どころ情報

ストーンヘンジに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ストーン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


どこからでもタクシーで直ぐ行ける
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
ビーチリゾート地として日本人旅行者に人気が高まっているベトナム中部のダナン。市街地の教会や市場散策に加え、タクシーで直ぐのところに雄大なミーケービーチが広がっているとあって、南国バカンスに最適な観光エリアです。「ティンティンスパ」は、市街地とビーチの中間地点に位置し、どこからでもタクシーで10分圏内のところにある人気のスパ&マッサージ店。傍にはかつて交易が栄えたハン川が流れています。ティンティンスパが流行っている大きな理由の1つが、「無料でうけられるサービスが盛りだくさん!」というものがあります。

この記事の続きを見る


NYで人気急上昇中のコーヒーチェーン
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
今回ご紹介するカフェスポットは、ここ数年間でニューヨーカーからの人気急上昇中のBLUESTONE LANE (ブルーストーン・レーン)です。BLUESTONE LANEは、オーストラリア・メルボルン出身のオーナーがニューヨークで2013年に1号店をオープンして以来、現在はNYを中心に22店舗を展開している人気急上昇コーヒーチェーン店です。メルボルン・スタイルのカフェとは、上質なコーヒーと人々の交流の場を提供してくれるライフスタイル空間を兼ね備えたスタイルの事を指すそうです。NYでもメルボルン・カフェスタイルを基盤にどの店舗デザインにもどこか暖かい国を感じることのできる色合いに統一されているのが印象的です。BLUESTONE LANEは、タイルメーカーとコラボもしているそうで、各店舗で使用されているタイルやデザインが違うのを見つけていくのも面白い発見ですね。NYの新名所ハドソンヤードのモールにもBLUESTONE LANEの店舗があったので、そこへ行ってきました。ここでは深緑で長方形のタイルが使用されていました。

この記事の続きを見る


ケアンズスピリチュアルセンターならお気に入りが見つかる!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
ケアンズスピリチュアルセンターは、ケアンズの街の中心から徒歩15分ほどあるのでまさに「隠れ家的」存在でありながら、いつ行っても賑わっていて、こんなにヒーリングやリーディングをしてほしい人がいるんだ!とびっくりします。しかも、占いが好きそうな女子だけでなく、男性も結構いますし、年齢層も20代から60代、70代くらいまで様々です。この日は、年に1、2回開かれるオープンデイでしたので、様々なヒーリングの出店が見られたり実際に15ドルでヒーリングやリーディングをしてもらえるとあってますます賑わっていました。

この記事の続きを見る


カスタムメイドのパワーストーン・ブレスレット
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
ワイキキにある大人気のパワーストーンのお店、「ピュア・ストーン・ショップ」。テレビなど多くのメディアで紹介された有名店です。特筆すべきなのは、ここのオーナーのキャサリンの不思議な力!キャサリンさんが、お客さんのエネルギーを視て、その人のエネルギーの状態にあったパワーストーンを組み合わせて、ブレスレットを作ってくれます。

この記事の続きを見る


Lo:yly(ロウリュ)とはフィンランド語で蒸気のこと。熱々のサウナストーンにひしゃくで水を投げて身体全体で浴びる蒸気、これがサウナの肝心かなめ。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
近年日本の銭湯やスパでもおなじみのサウナは、フィンランド語のSaunaから来ているとおり、フィンランド発祥の木製箱状の入浴施設です。フィンランドでは古来、サウナで出産をし、遺体を清める風習がありました。近代化が進んだ今では、サウナは戸建てのみならずアパートの部屋にも普及し、職場やフェリーにまで設置されており、「人集まるところにサウナあり」とまで言われるど、サウナは人々のライフスタイルに入り込んでいます。そんなサウナのことだから、ホテルにもついているはずと気を許して、来てみたら付いてなかった!なんてことも良くある話ですが、フィンランド人にしてみたら「サウナに入らないなんて何しにフィンランドに来たの!?」というぐらいショッキングな事件です。フィンランドに来たらサウナ、これは肝に銘じておきましょう。

この記事の続きを見る


まずはスパでリラックス
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
パッケージに含まれているスパは、プルマン・ケアンズインターナショナルホテル内にあるVIE SPAでトリートメントを受けます。フロントに向かって左手奥にある階段を上って行くと、VIE SPAがあります。スパが先でも、ハイティーが先でも、どちらでもいいのですが、マッサージは満腹時じゃない方がいいかなと思い、まずはスパに行くことしました。コースは、「オーガニック・ラディアンス・フェイシャル」「ヴィー・マッサージ」「ホットストーン・マッサージ」「ヴィー・スクラブ&ヴィシーシャワー」の4種類。どれも60分のトリートメントです。悩みに悩んで、フェイシャルを選びました。

この記事の続きを見る


あの有名人もやってくる? アメリカ屈指のパワースポット、セドナで心癒されよう(その3)
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/セドナ 
「アメリカ屈指のパワースポット、セドナで心癒されよう(その2)」からの続きです。さて、セドナにやってくる人、とくに日本人旅行者の一番の目的は「スピリチュアルセッション」のようです。ヒーラーとのセッションを通じて、癒しを得たり、パワーを得たりするのですが、その方法はトークだったり、パワーストーンを使ったり、音楽を使ったりと人によって異なります。日本語を話すヒーラーたちもいますし、また日本語通訳をつけることもできます。セッションはネットで直接申し込めるほか、旅行会社を通じての申し込みも可能です。セッションを受けた人の体験談などもネット上に書き込まれているので、参考にしてみるといいでしょうね。

この記事の続きを見る


フォレストパーク内を流れる小川
  • テーマ:
  • トレッキング・登山
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ポートランド 
オレゴン州ポートランドの「フォレストパーク(Forest Park)」は、市の北西部に位置する長さ13km、総面積2千ヘクタールにもなる広大な森林公園です。市内にあるとは思えないほど木々が生い茂る園内には112種類の鳥類と62種の動物が棲息していると言われています。そんな森林の中をぬうように、全長113Kmに及ぶ数々のトレイルがあります。最長の「ワイルドウッド・トレイル(Wildwood Trail)」は、森林公園の全長をカバーし、48kmにもわたります。

この記事の続きを見る


ダコタ・ハウスの向かい、セントラルパークの一画に造られたストロベリー・フィールズにある「IMAGINE」の記念碑
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
「NYの高級アパート、ダコタ・ハウス」その3からの続きです。さて、このダコタ・ハウスはその古めかしい姿と、向かいがセントラルパークというロケーションから、古くから映画のロケーションに使われていました。もっとも有名なのは、1968年のホラー映画のクラシック『ローズマリーの赤ちゃん』でしょうか? 主人公となるミア・ファロー演じるローズマリーが住んでいるのはこのアパートということになっています。内部もここでロケしたということですが、室内はスタジオ撮影かもしれません。あとは2001年のトム・クルーズ主演映画『バニラ・スカイ』で、主人公のトムが住んでいるのもこのアパートという設定になっています。これは音楽雑誌「ローリングストーン」のライターをしていたこともあるキャメロン・クロウ監督のこだわりでしょうね。映画の主題歌もポール・マッカートニーの新曲でした。

この記事の続きを見る


ニアス島ボトヒリ村(中央の石は、成人式用のストーンジャンプ。この石を飛び越えることで大人の社会に迎え入れられる伝統儀式がある)
  • テーマ:
  • サーフィン
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/メダン(インドネシア) 
サーファーたちの間で、憧れの地と言えば、真っ先に頭に浮かぶのがハワイのオアフ島北部のノースショアでしょう。あるいはインドネシアのバリ島が、日本人にはお馴染みかもしれません。ベテラン・サーファーになれば、この2カ所くらいは行ったことがある人も多いのですが、「聖地」と言われつつ、なかなか行けないのがニアス島です。右から左に完全な形できれいに崩れる波は、ハワイ以上との評価もあるほどですが、いかんせん行きにくいのです。まずはシンガポールまで飛んで、シンガポールからインドネシアはスマトラ島のメダン、そしてプロペラ機で、インド洋に浮かぶ、ニアス島に行くのです。さらにかつては、空港から波の立つソラケビーチまでは、悪路を改造トラックで約5時間も走らなければなりませんでした。着けばそこは、サーファーズ・パラダイスです。一戸建ての高床式バンガローは安く、目の前で美しい波が1日中上がっているのです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ストーンヘンジに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介