page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「スペイン ビール」の見どころ情報

スペイン ビールに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「スペイン ビール」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果54

1 2 3 4 5 末尾 次へ


パロネラパークに行くには?
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
パロネラパークまでは、レンタカーなどを手配して車を運転して行くか、ケアンズ発着のオプショナルツアーに参加するか、になります。車で行く場合は、1号線のブルースハイウェイを南に下り、イニスフェイルを通過したら、オールドブルースハイウェイを右折し、メナクリークに向かいます。道順は簡単ですが、右折するところにあるパロネラパークの看板が小さいので、見逃さないように注意です。オプショナルツアーは、昼間に行きたいか、夜のライトアップが見たいかによって色々あるので、下記手配会社などのサイトを参考にして、各社の工程表をチェックして検討してみましょう。http://www.navitour.com.au/australia/cairns/par/

この記事の続きを見る


https://sagradafamilia.org/en/
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
カタルーニャ語で聖家族を意味するサグラダファミリアには、天才建築家アントニ・ガウディの作品を一目見ようと世界中から人が集まります。夏のピークシーズンには当日券はすぐに売り切れるため、事前のオンライン予約をしましょう。チケットの種類は入場券のみと、入場券と塔にのぼるエレベーターチケットから選択。塔は誕生ファサードと受難ファサードのどちらかを選ぶことができ、上りはエレベーター、下りは400段の階段のみ。大きな荷物はロッカーに預けます。塔の上からはバルセロナの街並みが一望でき、途中にあるバルコニーに出て記念写真パチリ。入場券とエレベーターチケットには時間が記載されているので遅れないように。自然をこよなく愛したガウディは教会の内部を森のようにデザインしました。緑、青、オレンジ、赤、黄色のステンドグラスが美しく、いつまでもその空間にいたい気持ちになります。ファサードの彫刻も見ごたえがあり、時間に余裕を持って行きたいところです。

この記事の続きを見る


ビリニュスの旧市街を歩く地元の少女たち。お店は旧市街の路地にあります。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/リトアニア/ビリニュス 
19世紀のリトアニアで凄腕料理人として名をとどろかせた女性シェフの料理がいただけるレストランが、首都ビリニュス旧市街にあり人気を博しています。その名は「ミコロ 4」。ヴィンセンティナ・ザワツカ(Vincetyna Zawadzka)さんは、1824年、印刷所を営む家の娘としてリトアニアの首都ビリニュスに生まれました。彼女は大きな貴族の屋敷で料理人として勤め、主人を満足させるためにフランス、イタリア、ポーランドなどいろいろな国の宮殿へ行き食事をして、そこで食べた素材やレシピをリトアニア人の口に合うようにアレンジ。自分でも料理を大いに楽しみ、そのレシピ本「リトアニアの料理人」が1858年に出版されました。ちなみに、1800年代はリトアニアはロシア領でしたが、彼女は教養もありポーランド語を話したのでヨーロッパ中を旅してさまざまなことを学べたそうです。

この記事の続きを見る


バルセロナのTRES TOMBSのパレード 多くの馬車が参加し、参加者も仮装しているひとも!
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペインでは各地で年間を通して祭りや伝統行事が行われ、それぞれの文化、伝統が今でも伝えられています。大都市バルセロナでも例外ではなく、年間の主要なイベントしては、東方三博士のパレード、カーニバル、サンジョルディー、夏の始まりを祝うサン・ジョアン、メルセ祭りそしてクリスマスと季節ごとに大きなイベントがあり、町も賑わいます。今回ご紹介するのはREYES MAGOS(東方三博士)のパレードも終わり、冬休みも終わり、町が落ちついたときにある、伝統行事TRES TOMBSをご紹介します。

この記事の続きを見る


世界最古のサーファー像と言っても過言ではない、ワンチャコビーチに立つモチェの漁師像
  • テーマ:
  • サーフィン
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/トルヒーヨ 
太平洋に面した長い海岸線のおかげで、絶好のサーフポイントがいくつもあるペルー。特にペルー北部の海岸エリアには、世界一長い波が楽しめるというチカマやパカスマヨなどサーファー垂涎のビーチが集中し、国際大会も頻繁に行われている。今回ご紹介するトルヒーヨ郊外の「HUANCHACO(ワンチャコ)」も、ペルー北部エリアを代表するサーフスポットの1つ。2000年前からトトラ舟(葦舟)を操り、波と戯れてきたモチェの人々の末裔が暮らすこの浜は、2013年にラテンアメリカ初、世界で5番目のWorld Surfing Reserves(世界サーフィン保護区)に選ばれたペルー・サーフィンの聖地だ。

この記事の続きを見る


グラシア通り近くにある人気店「セルベセリア・カタナラ」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペインに行ったら、名所旧跡の観光も大事ですが、やっぱり「食」も気になりますよね。私は人にスペインの魅力を説明するとき、真っ先にあげるのが観光名所ではなくて食べ物です。「スペインは食べ物が美味しいんだよね。そしてお酒に合うおつまみが充実しているんだ」というところから話します。酒呑みの発想ですね(笑)。さて、スペインには通常のレストランの他に、カフェとバーを兼ねたような「バル」がありますが、もう少し“呑みながら食べる”という比重が強い「セルベセリア Cervecceria」と名打った形態の店があります。「セルベッサ」はスペイン語で「ビール」のこと。メイン料理よりも、日本の居酒屋メニューのようなおつまみの種類が豊富です。私は、小皿を数品とってお酒を飲めば、「スペインに来てよかった」といつも思います。

この記事の続きを見る


フィンランドの旅の始まりを祝してベリーのスパークリングワインで乾杯!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
旅先で一日のハイポイントといったら、美味しい料理と一杯のお酒と美しい眺めではないでしょうか?ヘルシンキを代表する美しい眺めといえば白亜の大聖堂なので、大聖堂前のアレクサンダー通りのレストランは代表的なフィンランド料理をふるまう観光客のメッカです。そんな王道もいいのですが、いざ入ろうとすると混んでいそう、事前に予約が必要かも、観光客だらけな「いかにも」のお店なのかなと少したじろいでしまいませんか?そこで私がお勧めするのは、ヘルシンキ中央を代表するマンネルヘイム通り沿いの「カーリナ・バーリ・アンド・ケイッティオ」というバー・レストランです。ヘルシンキ最古のショッピングモールForumの1〜2階に入っているお店なのでちょっとひねりがないような、ちゃんと雰囲気があるお店なのかな?とう気がするのですが、ところがどっこい、とても心地よい穴場のお店なのです。週末などはにぎわっていかすが、平日のディナーならピークの18時前後を外せばすんなり入れてしまいます。ランチタイムも、週替わりのメニューが10ユーロ50セントからとリーズナブルなので、お勧めです。

この記事の続きを見る


LAUGAR
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/ビルバオ 
2010年、友達5人が集まって趣味で始めたビール造り。だんだんと親しい友達などから美味しいと評判になり、2014年に本格的に製造を開始。量よりも質を大切に、パワフルな味のビール作りをモットーにしているそう。ビール瓶のラベルがとってもお洒落で、お土産などにも最適です!電話:+34 946 798 292Web:http://www.laugarbrewery.com/en/

この記事の続きを見る


中心地に佇むアビラ。こぎれいな外観。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/グラナダ 
世界遺産のアルハンブラ宮殿がある、スペインのアンダルシア地方の都市グラナダ。古きイスラム文化の名残を感じさせる、歴史ある街であり、また、ビールを頼めば無料でタパス(おつまみ)がついてくる、気前のいい街のひとつです。スペインでは、すべての街でタパスが無料でついてくると思っている人も多いですが、多くの街では飲みものとは別に頼まなければいけないことが多いのです。グラナダのバルが立ち並ぶ通りから、さらに北へ進むとアセラ・デル・ダロ通りがあります。その通りから1本入った小道サン・イシドロ通りにあるのがバル「アビラ Avila」です。

この記事の続きを見る


市場の中央には、魚介コーナーがずらり。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/カディス 
スペインのアンダルシア地方の町カディスに来たら、絶対訪れたいスポットが中央市場です。旧市街のほぼ中央から南に位置し、カディス大聖堂や街を一望できるタビラの塔などが近くにあります。他の街の市場と違うのは、魚介類がとても豊富なこと。新鮮な野菜や肉もグラム単位で購入できますが、圧倒的に店舗数が多いのがシーフードです。どの魚屋もエビ、イカ、アサリ、シャケなど同じような種類の海を取り扱っていますが、微妙に値段が違うのがポイントです。なにより陽気な漁師さんとの会話が楽しいので、話してみても楽しいですね。市場は10分も歩けば一周できるほどコンパクトなつくり。まずは一通り市場を見てから、安くて新鮮な海鮮を入手するのがおすすめです。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。スペイン ビールに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介