page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「スペイン 動物 有名」の見どころ情報

スペイン 動物 有名に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「スペイン 動物 有名」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果23

1 2 3 末尾 次へ


バルセロナのTRES TOMBSのパレード 多くの馬車が参加し、参加者も仮装しているひとも!
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペインでは各地で年間を通して祭りや伝統行事が行われ、それぞれの文化、伝統が今でも伝えられています。大都市バルセロナでも例外ではなく、年間の主要なイベントしては、東方三博士のパレード、カーニバル、サンジョルディー、夏の始まりを祝うサン・ジョアン、メルセ祭りそしてクリスマスと季節ごとに大きなイベントがあり、町も賑わいます。今回ご紹介するのはREYES MAGOS(東方三博士)のパレードも終わり、冬休みも終わり、町が落ちついたときにある、伝統行事TRES TOMBSをご紹介します。

この記事の続きを見る


スペインでは街中に立派な闘牛場がある。これはアンダルシア地方のマラガの闘牛場
  • テーマ:
  • スポーツ観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
みなさんはスペインというと、真っ先に何をイメージしますか? ガウディ建築やアルハンブラ宮殿などの見所は、ある程度スペインを知っている人が浮かぶものでしょうが、たいていの人はフランメンコや闘牛かもしれませか。しかしこの二つとも発祥の地はスペインといっても南部のアンダルシア地方で、それがスペイン全国に広まったのですよね。日本で言えば九州伝統のものが全国展開したようなものでしょうか。さて、今回取り上げるのは、そのうちの「闘牛」のほう。それも闘牛そのものではなく、「闘牛場」について紹介してみたいと思います。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2018-02-23
楽器がうまくなりたい人にオススメの「シレーナス」、その後ろにあるのは「教会」だ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
ペルーは民芸品や工芸品の宝庫。中でも「ペルーにおけるフォークアートと民芸品の首都」と称されるのが、アンデスの街「Ayacucho(アヤクチョ)」だ。色鮮やかな刺繍を施した布製品や、箱庭祭壇ともいわれるレタブロ、アラバスターを使った石彫などが有名だが、焼き物も見逃せない。特にアヤクチョ郊外のキヌア村で作られる「CERAMICAS DE QUINUA(キヌア村の陶器)」は、ペルー国内でもつとに有名。アンデスらしい素朴なデザインと穏やかな色調が特徴で、カトリック由来のデザインから日用品まで幅広く、お土産にも最適。手作りならではのぬくもりを感じる陶器だ。

この記事の続きを見る


完璧に動物たちを手懐けている飼育員のおじさん
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バリャドリード 
スペインで最大の面積を持つカスティーリャ・イ・レオン州の州都、バリャドリード。ケルト人が居住していた古代からの歴史を持つこの町は、『ドン・キホーテ』で有名な作家セルバンテスや、航海者コロンブスが一時期住んでいたことでも知られ、今でも彼らの家が残されています。観光地としての知名度は必ずしも高くないため、歴史に興味にある方でないとじっくり観光する機会もないかもしれませんが、交通の要衝なので、立ち寄る機会がある方はいらっしゃるかもしれません。もしバリャドリードに訪れることがあればぜひ足を運んでみていただきたいのが、鉄道駅のほど近くにある大きな公園「カンポ・グランデ」です。一見ただの公園に見えるこのスポットは、実はたくさんの鳥たちが生息している興味深いスポットなのです。

この記事の続きを見る


街中の優雅な庭園
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダの首都、アムステルダム。カナルハウス(オランダ式の運河沿いの家々)の立ち並ぶ17世紀の環状運河地区は、2010年に世界遺産に登録されたことでも有名です。世界遺産地区内部には由緒ある建築が多々あり、公開されている所もあります。カナルハウスの間口が狭いのは、当時は間口の広さで課税額が決まっていたためです。わかりやすく言えば江戸時代の京都の町屋の間口税のようなシステムです。そのため間口が狭いが奥行きの広い家が立ち並ぶ、アムステルダムならではの独特な街並みが出来たわけです。そのため間口の広いカナルハウスは富豪のステータスでした。ウィレット・ ホルトハイセン博物館の建物もそのうちの一軒に挙げられます。

この記事の続きを見る


村の中心部にあるPLAZA
  • テーマ:
  • 観光地・名所
サラマンカから南西へ80キロ弱、自然公園に囲まれた美しい村LA ALBERCA(ラ・アルベルカ)。ここは1940年始めて歴史的文化財の村として登録されたそうで、その歴史は先史時代に遡る。ラ・アルベルカの名前の由来は、ヘブライ語のberekaにアラブ語の冠詞alのAl-Berekaが起源となり、”水の場所”という意味だそうである。人口1150名(2013年)のこの小さな村の魅力はなんといってもその街並みであろう。

この記事の続きを見る


ベネズエラ、ガイアナ、ブラジル国境地帯にある「ギアナ高地」とは?
  • テーマ:
  • 秘境
  • 行き先:
  • 中南米/ベネズエラ/カナイマ 
日本から遠い南米大陸。アジアやヨーロッパに比べて時間もお金もかかるので行く人はなかなか少なく、イメージが湧きにくいでしょう。その南米大陸の北のほうを赤道が通っていますが、その線よりも少し北、ベネズエラから東のガイアナ、南のブラジルにかけての国境地帯に、スペイン語で「マシーソ・グアヤネス」と呼ばれている「ギアナ高地」があります。このエリアは“熱帯”といっても、南にあるブラジルのアマゾンとは異なり、標高がもともと1000m近い高原に、そこからさらに「テプイ」と呼ばれる標高差1000m近いテーブルマウンテンが数百も点在している地域なのです。

この記事の続きを見る


入館無料の美術館・博物館が多い国はここ!
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/エジンバラ 
美術館や博物館好きの旅行者にお勧めしたい国イギリス。なぜなら、文化施設に関して入場料が無料の所が多いからです。ロンドンのナショナルギャラリー、エジンバラの国立美術館も基本的に常設展は無料で開放しています。比べて、フランスのルーブル美術館は通常12ユーロ(約1680円)、スペインのプラド美術館は14ユーロ(約1960円)かかります。二館とも文化推進の観点から、無料開放日や無料開放時間はあるものの、終日無料を実施しているイギリスは、何て太っ腹なんでしょう!

この記事の続きを見る


豪華列車で行く鉄道の旅 その3「スペイン・美食の北スペインとアンダルシアへ」
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/セビリア 
イベリア半島の80%を占める広大な国土を持つスペイン。雨が多く緑豊かな北部と、乾いた大地にオリーブ畑がどこまでも続く南部とでは、同じ国とは思えないほど町並みも人々も空気の感じも異なります。この全く違うふたつのスペインを行くクラシックで豪華な列車を、スペイン国鉄レンフェが運行しています。スペイン北部を7泊8日で巡る「トランス・カンタブリコ」と、南のアンダルシア地方を5泊6日で周遊する「アル・アンダルース」。世界遺産の有名な見どころを訪ね、地元のグルメとワインをたっぷり堪能できる、魅力あふれる鉄道の旅に出かけてみませんか?

この記事の続きを見る


動物たちが自然に近いかたちで生活しているPARC MOLLO。ピレネー山脈の大自然も体験できます。
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペインとフランスの国境にまたがるピレネー山脈。標高3404Mアネート山を代表に2000Mを越える険し山々もそびえ、冬は世界有数のスキー場として、夏は避暑地として年間を通して多くの人が訪れます。豊かな自然、壮大な景色、そして世界遺産ボイ渓谷のロマネスク様式聖堂などでも知られる歴史のある町も点在し、観光地としても奥深いのです。今回はスペイン側カタルーニア地方にある東ピレネー山脈、カンプロドン渓谷にある動物自然公園をご紹介いたします。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。スペイン 動物 有名に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介