page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「スペイン馬」の見どころ情報

スペイン馬に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「スペイン馬」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ラス・カデナス宮殿内に位置する馬術学校は、庭園を散歩するだけでも楽しい
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/ヘレス デ ラ フロンテラ 
ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ市内にスペイン王宮によって作られた馬術学校がある。その名は、LA FUNDACION REAL ESCUELA ANDAUZA DEL ARTE ECUESTRE(アンダルシア王立馬術学校)。1975年に創立された。その気品高い学校では、伝統的な手なずけ手法の馬術とVAQUERA(バケラ/カウボーイ)と呼ばれる手法の馬術を見ることができる。また、アンダルシア原産のスペイン馬の選馬もしている。

この記事の続きを見る


「スペイン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

観光客のみならず市民にも人気のグエル公園。モザイクのベンチからの絶景!ガウディの世界が広がる。世界遺産にも登録されている。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナ観光の面白さは、旧市街のゴシックエリアとまた対照的なモデルニズム建築が立ち並ぶ新市街と様々顔をもつところでしょう。モデルニズム建築の代表とも言えるアントニオ・ガウディの建築はバルセロナ市内に点在し、ユネスコ世界遺産にもアントニ・ガウディの作品群として登録されています。今回ご紹介するのはバルセロナ市民が大好きなグエル公園。現在コロナの影響で海外からの観光客が少ない時期でも、市民が憩いの場として利用している公園です。以前は無料だった公園は観光客が押し寄せ、現在ではガウディの建築が集中するエリアは有料となっています。

この記事の続きを見る


アメリカが感染者最多の国
  • テーマ:
  • エアライン・空港
新型コロナウイルス感染症の世界での状況も把握しておきたい。現在、感染者が多い国はアメリカ、インド、ブラジル、ロシア、フランスの順である(2020年12月)。重症者や死者の数が多かったり少なかったりするので、この順位だけで傾向を読み取ることはできない。ちなみに世界で人口の多い国は中国、インド、アメリカ、インドネシア、パキスタン、ブラジル、ナイジェリア、バングラデシュ、ロシア、メキシコ、日本の順である(日本は11位)。人口が多ければ感染者は多いだろうし、新興国では感染者の集計が難しい場合があると考えるべきかもしれない。また、発表される感染者数が信用できる数字かどうかという問題もあろう。しかし、海外旅行を趣味としていれば、感染者数の多い国にはそれなりの理由があることも気付くはずだ。

この記事の続きを見る


家庭料理を食べられるレストランGELIDA。赤いお豆の煮もの。(PINTAとよばれる)お肉の味が染み、ブラッドソーセージまではいっている!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
カタルーニア料理というとミシェラン星付きレストランを代表に洗練された小皿料理やタパス料理を想像する人が多いと思いますが、カタルーニア料理は素朴な家庭的な料理も多いのです。寒くなるこの季節に食べたくなる料理の一つが、お肉や豆などを野菜と一緒に煮込んだお料理です。長い間コトコトと煮込んだ料理は体の芯から温まり、ほっと安心できる料理なのです。スペイン全域にあるお料理ですが、それぞれの地域によっても入れる食材も異なります。

この記事の続きを見る


ペルーを代表する世界遺産のひとつ、ナスカとパルパの地上絵
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
南米有数の観光立国ペルー。国内には古代アンデス文明の遺跡や名所が数多く残されており、未だ手つかずの場所も少なくない。一方、植民地時代に建造された歴史地区をそぞろ歩けば、スペインの片田舎に迷い込んだような錯覚を覚えるだろう。海岸砂漠地帯、アンデス山岳地帯、アマゾン熱帯雨林地帯という変化に富んだ気候風土は多種多様な動植物相を育み、世界に17あるメガダイバーシティ―(超多様性)国家のひとつにも数えられている。そんな魅力あふれるペルーを12年の月日に渡ってご紹介してきたが、この度エイビーロードがサービスを終了することとなった。そこで今月・来月の2回はユネスコに登録されている国内12の世界遺産をご案内しつつ、拙文の幕を下ろしたいと思う。最後までご愛読いただければ幸いだ。

この記事の続きを見る


ハイド広場にある建物は、どれも素敵。シンプルだけど大きな中世の建物。ここが16世紀からずっとホテルだなんて、何百年もの歴史を考えると、感慨深いですね。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
このホテルが建つのは、ハイド広場の一角。ハイド広場は、もともとは街の外れにあり、草ぼうぼうの広場だったそうです。ハイド広場(Haidplatz)のハイドとは、古いドイツ語では、Heideと書くのですが、葦、藪、灌木などの意味があります。13世紀には、この広場を取り囲むように富豪商人たちが家を建て、そのうちの一つが16世紀からホテルとなりました。これが、ゴールデネス・クロイツです。隣国オーストリアの国王に至っては、代々ここのホテルを利用していますし、バイエルン王であるルートヴィヒ1世も皇太子の時代からここに何度も泊まっていると言います。神聖ローマ帝国の首都として機能していた時代には、帝国議会の会場がこのホテルから近かったこともあり、非常に便利が良く、頻繁に利用されていました。そんな特別な歴史を持つホテルです。

この記事の続きを見る


バルセロナ近郊の街にあるCastell
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペイン中心部に広がるカスティ−リャ地方の”カスティ−リャ”という言葉はラテン語で”城が多い”という言葉が由来になっているように、スペインには中世時代に多くのお城が建築されました。現在でも多くのお城が残っており、パラドール(国営ホテル)などのホテルや観光地となっています。お城巡りを目的にスペインを観光するのもお勧めです。もちろんカタルーニア地方も例外ではなく数多くの美しいお城が残っています。

この記事の続きを見る


町のプラザだけでなくショッピングモールにも、クリスマスツリーと一緒にキリスト誕生のシーンが再現されます。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
メキシコは国民の大半がカトリック教徒ということもあり、クリスマスは伝統的にそして盛大に祝われます。人々は11月からクリスマス・ディナ―のメニューを考え始め、店頭ではクリスマスグッズが並び、町のプラザ(町の中心部の公園)にはキリスト誕生の情景が再現されます。クリスマスはメキシコの人々にとって最大の祝祭で、子供からお年寄りまでが待ちに待った日、そして一年で最も盛り上がる日です。12月半ばになると、家庭でもキリスト誕生の場面を陶器などでできた人形や装飾品で飾るため、家の中のデコレーションも日本とは違った雰囲気になります。

この記事の続きを見る


カタルーニアロマネスク建築の代表 Eglesia
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
スペインとフランスの国境となるピレネー山脈。その中で2000メートル以上の険しい山の景色が広がるボイ渓谷(VALLE DE BOI)はバルセロナから280km北西に位置し、ロマネスク教会群があることしられています。冬はスキーリゾートそして夏には大自然が体験できる避暑地として年間を通して楽しむことができます。このエリアには11〜12世紀ごろに建てられたロマネスク様式の教会が多く残さされ、世界遺産として9つの中世のロマネスク建築の教会が登録されています。

この記事の続きを見る


パセオ・デ・グラシアに位置するCasa
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
サグラダ・ファミリアを代表に天才建築家ガウディの作品はバルセロナ市内に数多く点在し、バルセロナの街を彩ります。バルセロナのメインストリート、高級ブランドショップが立ち並ぶ、パセオ・デ・グラシアにあるCasa Batlloはその奇抜なそのデザイン、そしてきらきらと輝くカラフルな建物は多くの人を惹きつけます。その形から別名「あくびの家」、「骨の家」と呼ばれています。ガウディの傑作作品の一つとして現在では毎日行列が並ぶほどの人気の観光スポットです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。スペイン馬に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介