page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「スリランカ 2カ国周遊」の見どころ情報

スリランカ 2カ国周遊に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「スリランカ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


斬新さを競うモルディブにおいても初登場の島を縦断するプール
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/モルディブ 
2018年4月に誕生したフェアモント モルディブ。マーレから北へ約230キロ(水上飛行機で約55分)、シャビヤニ環礁に位置します。上にハーダール環礁、下にヌーヌ環礁に挟まれた環礁の中の、シルフェンフシという島になります。ちなみに、島の名前は、地元の言葉で“秘密の水の島”という意味。この島で目を見張るのは、島を東西に横切る長さ200メートルものプール! これはモルディブ最長です。東側はスパ、西側はレストランに近く、その間にはヤシが林立するエリアやキッズ向けの浅瀬も。ありそうでなかったインパクト大なプールです。

この記事の続きを見る


乗り継ぎとなったコロンボ国際空港の出発フロア
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/スリランカ/コロンボ 
ただいま、私はスリランカのコロンボ国際空港でこの記事を書いています(笑)。今回の旅の行き先はインドのチェンナイ。成田からスリランカ航空に乗り、コロンボ乗り継ぎで20時ぐらいにチェンナイに着くはずでした。もとからコロンボでの乗り継ぎ時間が45分しかなく心配だったのですが、成田空港に着いたらすでに1時間のディレイ表示が…。乗り継ぎ、無理ですね。チェックインカウンターで聞くと、すでにその次の乗り継ぎ便が用意されていましたが、それが0:40発の深夜便でチェンナイ到着は深夜2時。チェンナイでインド到着ビザを発給してもらい、市内のホテルに着いたらきっと4時。それから寝たら、起きるのはどう考えてもお昼になるでしょう。それがわかった時点で、腹をくくりました(笑)。

この記事の続きを見る


コロンボ空港で無料WiFiを使うには、インフオメーションにある読み取り機で、搭乗券のQRコードを読み込ます
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/スリランカ/コロンボ 
「スリランカのコロンボ国際空港で時間つぶし」前編からの続きです。成田発コロンボ行きの飛行機が1時間ディレイしたため、コロンボからの乗り継ぎ便が次の便に振り替えになったことは前編で書きましたね。コロンボ国際空港で私は結構な時間(約5時間)を潰さなくてはならず、まずは空港内のレストランやカフェをチェック。出国審査後の出発発ゲート前のスペースには、20軒ほどのショップの他に、カフェテリア風のスリランカ料理のレストラン、バーガーキングとピザハット、幾つかのカフェがありました。どこで食べても値段は同じくらいかかります。何か食事して、ドリンクを付けると10〜20ドルぐらいでしょうか。まあ、空港の食べ物の値段は世界共通ですね。クレジットカードと米ドルは使えるので、トランジットの人はわざわざ両替しなくても大丈夫です。

この記事の続きを見る


甘粛省東部の天水の麦積山石窟。甘粛省には莫高窟、平涼寺、麦積山など数多くの石窟がある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/蘭州(ランチョウ) 
某ガイドブックが選ぶ2017年「Best in Asia」が発表されました。このガイドブックは、旅行ガイドブックの出版社です。英語版ガイドブックの世界シェアでは、世界一位ともいわれています。そのガイドブックが選ぶ「Best in Asia」は、権威もあり、影響力も大です。2017年度の第一位は、中国の甘粛省! ちなみに第二位は、東京南部、六位が高松です。他には、インドのケララ北部、陝西省西安、マレーシアのマラッカ、スリランカのキャンディ周辺の丘陵地帯などがランクインしていました。

この記事の続きを見る


十字形テラスから大塔門へ。ここを抜けると第一回廊
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/アンコールワット 
「世界遺産アンコールワット徹底解説!」その2からの続きです。西参道を渡り切り、階段を上るとそこは広場のような「十字型テラス」になります。テラスの周囲はナーガの欄干が。階段にあるシンハ象などを鑑賞しつつさらに進むと、寺院入口である大塔門に出ます。塔門の下を抜けてまっすぐ進むと中央祠堂に向かう十字回廊に出ますが、ここはそのはやる気持ちを抑えて、まずは手前にある第一回廊を見て回りましょう。この回廊の長さは、東西215m、南北187m。その内側の壁面にあるレリーフ(浮き彫り)は、クメール美術の到達点のひとつとも言われ、アンコールワット観光のハイライトであることはまちがいないです。全部きちんと見ると大変ですが、ここはがんばってトライしてみましょう。ただし、ツアーでは代表的なレリーフしか見ないかもしれません。

この記事の続きを見る


旅の目的は、宿泊ホテル! スリランカのリゾートホテル
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/スリランカ/ゴール 
スリランカの旅行パンフレットを見ていると、「ジェフリー・バワのホテルに泊まる旅」というのを見かけることがあるでしょう。スリランカといえば、シギリヤロックに代表される古代遺跡や仏歯寺などの仏教の聖地、そしてセイロンティーの農園やハイティー、アーユルヴェーダなどが観光の目的としてみなさん浮かぶところだと思います。それに続いて雑誌で特集されたり、ツアーのテーマになったりするのが、「ジェフリー・バワ建築」なのです。彼の建築スタイルは「トロピカル建築」と呼ばれ、周囲の地形や景観とマッチしたリゾートホテルが有名で、“そこに泊まれる”のが大きな魅力になっています。

この記事の続きを見る


日帰りもOK! スリランカで本場のアーユルヴェーダが体験できるリゾート (その3)
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/スリランカ/ワドゥワ 
「スリランカで本場のアーユルヴェーダ体験(その2)」からの続きです。前回は「シッダレパ アーユルヴェーダ ヘルス リゾート」の日帰りプランをご紹介しましたが、こちらのリゾートではもちろん1泊からの短期滞在も可能です。宿泊プランの場合は、ブッフェスタイルの朝食が付き(夕食はオプション)、1泊あたり1回のドクターによる問診とアーユルヴェーダのトリートメントが宿泊料金に含まれます。また自由参加のヨガクラスは朝と夕の2回(日曜日は休み)あり、朝起きて朝食前にヨガクラスに参加して、すがすがしい1日をスタートさせることができます。このリゾートでは、希望者5名以上で開催されるアーユルヴェディック料理教室や自社ハーブ農園の見学などのツアーも日替わりで用意されていて、滞在中のアクティビティも充実しています。

この記事の続きを見る


黄金海岸(ゴールデン・ビーチ)を直走るスリランカ列車を体験
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/スリランカ/ワドゥワ 
「スリランカで本場のアーユルヴェーダ体験(その3)」からの続きです。最後に、「シッダレパ アーユルヴェーダ ヘルス リゾート」まで専用車や送迎を依頼しない場合の行き方をご紹介したいと思います。リゾートのある「ワッドゥワ(Wadduwa)」は、コロンボ市内から南へ40km弱、車で約1時間、国際空港からならば約80km、2時間の距離です。コロンボから比較的近いので、バスや鉄道でも簡単に訪れることができますよ。バスの場合、街の中心であるコロンボ・フォート駅近くのバスターミナルから出発します。その場合、南部の「ゴール(Galle)」や「マターラ(Matara)」行きのバスに乗り、ワッドゥワで途中下車になります。バスの種類は2種類、エアコンなしの大きな車体のバスと、インターシティと呼ばれるマイクロバスがあり、後者にはACが付いています。バスは頻繁に出ているので時間を気にせず出発できますよ。

この記事の続きを見る


郊外の道路で「シッダレパ・バーム」の広告看板を発見
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/スリランカ/ワドゥワ 
「スリランカで本場のアーユルヴェーダ体験(その1)」からの続きです。前回の記事でも紹介したように、アーユルヴェーダはスリランカ政府が国を挙げて取り組む観光事業のひとつです。スリランカには、外国人をターゲットにした本格的なアーユルヴェーダ・リゾートがいくつもありますが、アーユルヴェーダの治療の性質上、7日から1ヶ月の間、施設に滞在するプランがほとんどです。本格的な治療には、「浄化療法」という方法が用いられ、食事や生活の改善を含めて治療が行われます。スリランカ国内の多くのホテルでもアーユルヴェーダ・マッサージは受けられますが、それでは日本で受けるリラクゼーション目的のマッサージとそれほど違いがありません。せっかくなので本格的な施設で試してみたいですよね? そこで、おすすめしたいのが日帰り体験の受け入れプランのある本格施設「シッダレパ アーユルヴェーダ ヘルス リゾート」です。

この記事の続きを見る


本場スリランカのアーユルヴェーダ体験で日頃のストレスから解き放たれたいですね。
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/スリランカ/ワドゥワ 
美容に敏感な女性の間で今や知らない人はいないほど日本でも浸透している「アーユルヴェーダ」。今回は、本場スリランカの本格施設で日帰り体験から受けられる、本格「アーユルヴェーダ・リゾート」をご紹介したいと思います。まずは「アーユルヴェーダ」について。日本では、美容エステやオイルマッサージの手法として捉える方も多い「アーユルヴェーダ」ですが、本来はインド亜大陸(主に南インド・スリランカ)の伝承医学と考えられています。およそ5000年の歴史を持つ世界最古の医学とされていて、「中国医学」、アラブ・イスラムの医学の「ユナニ医学」と並ぶ世界3大伝統医学のひとつです。「アーユルヴェーダ(Ayurveda)」の語源は、サンスクリット語で《寿命、生気、生命》を意味する「アーユス(Ayuh)」と、《知識、科学》を意味する「ヴェーダ(Veda)」で、それらが合わさった複合語です。そのまま、「生命の科学」などとも言われます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。スリランカ 2カ国周遊に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介