page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ズビロフ城」の見どころ情報

ズビロフ城に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ズビロフ城」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


チェコのアートの巨匠ミュシャが滞在した城
  • テーマ:
  • 城・宮殿
チェコの有名な画家といえば、なんといってもアルフォンス・ミュシャでしょう。「ミュシャ」というのは、フランス読みでチェコでは「ムハ」といいます。フランスで女優サラ・ベルナールのポスターを描いて、一躍時の人となった人なので、ミュシャというほうが分かりやすいのですが、チェコの人々は愛情と尊敬をこめてムハと呼びます。ムハは故郷を愛した人で、プラハの市民会館の市長の間はまるごとムハの作品ですし、プラハ城内の聖ヴィート教会にはムハのステンドグラスがあります。地元のために尽くした人でもあるのですね。

この記事の続きを見る


プラハ国立美術館に展示されているミュシャの傑作「スラブ叙事詩」
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
アールヌーボーの画家、アルフォンス ミュシャは、日本でもよく知られています。ミュシャはチェコ人ですが、フランスの女優、サラ ベルナールのポスターを描くなど、パリでその才能が花開きました。ですが、ミャシャは故国チェコを忘れることはありませんでしたし、チェコのために作品を書いています。チェコスロバキア(当時)の紙幣のデザインもしていますし、プラハ市民会館の市長の間は、まるごとミュシャの作品です。そして、ミュシャの人生最大の仕事は、「スラブ叙事詩」の製作でした。これはとても大きな作品です。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

メキシコ、ユカタン半島にあるチチェンイッツァ遺跡
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/カンクン 
夏を迎え、そろそろ秋の連休と有休休暇を合わせて、海外の旅をプランしている方もいらっしゃるでしょう。個人旅行でバリバリ観光派という方におすすめしたいのが、現地で申し込む日帰りツアー、または半日ツアーに参加することです。小さい街で自分で徒歩や公共交通機関を使ってアクセスできる観光地なら問題ありませんが、自力でいくと余計時間とコストがかかってしまう世界遺産スポットなどもあります。そんな時は、現地発着のツアーを利用すると便利です。これらのツアーは、各旅行会社のHPなどから簡単に申し込めます。日本語ガイドや英語ガイドが案内するツアーなどがありますが、一般的に日本人ガイド、または日本語ガイド(日本語を話すガイド)がつくツアーのほうが料金は割高です。英語のヒアリングに自信がない人もいらっしゃるでしょう。また、内容的に英語ガイドでも問題ないツアーもありますから、状況に応じて選びましょう。

この記事の続きを見る


ゲッレールト温泉内にある大きな水泳プール
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ヨーロッパ有数の温泉大国ハンガリー、首都ブダペストには、100の源泉と50の温泉施設があるといいます。私のブダペスト訪問で一番印象に残っているのも、ここで温泉に入ったことです。ブダペスト市内の温泉で外国人観光客が多いのは、市民公園にあるセーチェニ温泉ですが、こちらに関しては別記事「ブダペストで最も広いセーチェニ温泉」にすでにまとめてあるので、今回はその次に外国人観光客が多いゲッレールト温泉を紹介しましょう。セーチェニ温泉がファミリーも来るような大衆的なアミューズメント施設なら、こちらはホテル併設なので少し大人の雰囲気でした。

この記事の続きを見る


敷地内の池の真ん中に建つFranzensburg
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンの郊外、約15キロほど南にあるラクセンブルグは、13世紀頃からこの地の領主が建てたお城がありましたが、14世紀にはハプスブルグ家の所有になりました。そして18世紀頃にはお城だけではなく、周辺も発展し、今でも美しい建物を見ることが出来ます。お城の内部はミュージアムになっていて、ガイドツアーのみで見学可能です。 Franzensburgはシーズン中の毎日11:00、12:00、14:00、15:00、High Tower and Above the Roofsはシーズン中の毎日13:00、16:00にガイドツアーを開催しています。ガイドツアーの料金は大人11ユーロ、6〜14歳(写真付きID持参の場合は18歳まで)の子供は7ユーロです。お城は池の真ん中にある島に建っているので、ロープ伝いに動く家のような形をしたフェリーで渡ります。料金は3歳以上は1人70セントで、運行時間は10:00〜19:00です。お城へはフェリーを使わず裏側にある橋を渡って行く事も可能です。

この記事の続きを見る


イギリスのホテルやレストランでのアフタヌーン・ティーは美味しい体験!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
コロナ禍で混乱していたイギリスでも、イングランドでは7月4日からパブやレストランが再びオープンし始め、8月中には飲食店を助けるのを目的とした政府の割引支援策(最高50%まで)も登場し、少しずつ回復の兆しを見せ始めています。3ヶ月以上の不要不急の外出禁止/ロックダウンを通して品薄になったものが小麦粉やイースト。ケーキやパンなどのベーキングの腕を競う「ブリティッシュ・ベイクオフ」など人気テレビ番組に影響を受けた国民が、コロナ禍で自宅に篭ったのをキッカケに、パンや焼き菓子などを焼いておうちカフェを楽しんでいたようです。

この記事の続きを見る


カンクンのウォーターパーク「VENTURA
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
メキシコから、新型コロナウイルスの現状を数か月に渡りお伝えしていますが、メキシコでは現在も感染者数が増加傾向にあります。8月6日時点でのメキシコの新型コロナウイルスの死亡者数合計は49,698人。本日の新規感染者は6千人強。ここ最近は、新規感染者は6千人〜9千人をジグザグと行き来している状態です。日本人にも人気の観光地カンクンやプラヤ・デル・カルメンの位置するキンタナ・ロー州は現在の感染者数は3000人ほどいます。中でもカンクンやプラヤ・デル・カルメンで感染者が多い傾向にあります。

この記事の続きを見る


フィンランド独立100周年を祝う国家プロジェクトのひとつとして「国家から国民への誕生日プレゼント」に建てられた17,250平方メートルの図書館。フィンランドの建築事務所ALA
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
フィンランド観光といえば、美しい建築や斬新なデザインと豊かなライフスタイルを一か所に凝縮したようなスポットに訪れてみたくありませんか?しかも気分はヘルシンキ市民とばかりに、のんびり一日中入り浸っていられそうな空間で、入場は無料!そんな夢のような場所がヘルシンキにあります。その名もOodi(オーディ)図書館。北欧らしい木材を大胆に使用した流線型のフォルムのエントランスからは、まるでコンサートホールのような荘厳さが感じられます。それでいて老若男女に観光客のグループまで、すいすい気軽にガラス扉の中に入って行くので、気兼ねなくぶらりと入れてしまいます。1階にはイベント用スペース・会議用スペース・シネマの他、おしゃれなカフェ・レストランスペースもあるので、まずは腹ごしらえしてからゆっくり館内を周ってみてもいいでしょう。

この記事の続きを見る


北ゾーン近くにある「プラサットチュレイ」と呼ばれるレンガ造の遺跡。バンヤンツリーの根が全面に力強く絡みついた寺院は、大自然と一体となって生き続ける遺跡のあり方を見せてくれます。
  • テーマ:
  • 世界遺産
アンコール遺跡、プレアヴィヒアに続き、カンボジアで3番目にユネスコの世界遺産に登録された(2017年)サンボープレイクック遺跡。カンボジア中部のコンポントム州に位置する遺跡は、アンコール王朝より前に栄えた真臘時代(6〜8世紀頃)の都イシャナプラの跡地とされる場所です。かつて10万人以上もの人々が居住していたと推定される約30平方キロメートルの敷地のうち、世界遺産として登録されたのは寺院エリア。さながら自然公園のような広大な森の中に寺院跡が点在する一帯は、ゆっくりと散策しながら遺跡巡りをしたい方にぴったりです。石造建築が目立つアンコール遺跡群とは一味異なり、レンガ造の建造物が多く見られるのも魅力の一つでしょう。

この記事の続きを見る


秋になると、ハンガリー大平原南部に広がる畑ではパプリカの収穫が始まる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/カロチャ 
ハンガリー料理はパプリカの粉をふんだん使うことで知られている。そのため、どの料理も全体に赤っぽい。名物料理として名高いグヤーシュ・スープやハラースレー・スープなどは両方とも赤いスープで、どちらか見分けがつかない。パプリカチキンなど、肉料理には必ず使われ、ロールキャベツにもたっぷりパプリカパウダーが使われている。パプリカパウダーというと、彩のために出来上がった料理の上に振り掛けるだけ、という使い方しか浮かばない。しかしハンガリーでは料理を作るとき、この粉を初めに入れる。最初に肉をバターで炒めるときに、一緒に加えるのだ。後から加えてはいけないとのこと。同じじゃないか、と思うがハンガリーの人々に言わせると、パプリカパウダーは最初に入れないとうま味が引き出せないのだそうだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ズビロフ城に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介