page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「セルビア 修道院」の見どころ情報

セルビア 修道院に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「セルビア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


外側はサクッとして、中はしっとり
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ボスニア・ヘルツェゴビナ/サラエボ 
サラエボの街歩きでお腹が減ったら、ブレクを食べてみませんか?ブレクは、パイ生地でひき肉、チーズなどの具を包んで焼いた料理。オスマン帝国発祥で、バルカン半島の国々でよく食べられています。国によって、形や味に違いがあるそう。私は隣の国、セルビアで何度か食べましたが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都、サラエボでもブレク専門店を見つけました。ショッピングモール、BBI CenterのすぐそばにあるForinoというお店です。中の具が選べるので、じゃがいもを選択。アツアツのブレクはボリュームがあり、2KM(日本円で120円ほど)でお腹いっぱいになりました。店は気軽に入れるカジュアルな雰囲気。1人で黙々と食べては、忙しそうに出ていく人が多かったです。ブレクは現地の人の朝食であり、昼食でもおやつでもあります。年中食べられていて、注文すればすぐに出てくる、まさに地元のファストフード。サラエボに来たら一度は試したい一品です。※1KM=約61.6円。2020年2月時点

この記事の続きを見る


町から町へ、長距離バスで移動しよう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
ベオグラードからセルビア国内や国外へ、陸路で移動するのに利用する長距離バスターミナル。旅行者ならここから次の町へ向かう方も多いと思いますので、その模様をお届けします。ベオグラード・バスターミナルは旧鉄道駅の近くにあり、町の中心から歩いていけないこともありません。ただし中心部、テラジエあたりからだとけっこうな坂を下っていくことになります。私は徒歩で行きました。下りなのでまあいいのですが、何段もの階段を降りていくので、スーツケースがあるとちょっと大変です。

この記事の続きを見る


丘の上から望むゼムンの町
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
セルビアの首都、ベオグラード中心部の見どころを楽しんだら、サヴァ川の西岸にある地区、ゼムンに行ってみませんか?ここは18世紀から20世紀初めまでハプスブルク帝国下にあり、西欧的な雰囲気が濃いエリア。レンガ色の屋根がびっしり並ぶ風景が美しく、散歩にぴったりの観光スポットとなっています。私と友人はベオグラード中心部、ゼレニ・ヴェナツからバスで行きました。20〜30分くらいなのですぐです。川を渡ってしばらく進み、街なかに入ってきたら郵便局前で下車するとちょうどいいです。

この記事の続きを見る


半世紀以上の歴史を誇るメーカー
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
セルビアの首都・ベオグラードの繁華街、クネズ・ミハイロ通りに大きめのキッチン用品店を見つけました。そのときはたまたま閉まっていましたが、友人と2人「なんかいいね〜」とガラス越しに中をのぞいていたら、通りがかったマダムに声をかけられました。「これはセルビアのブランドで、とても人気があるんですよ。お土産にもいいと思いますよ」。Metalacというブランド、それまで知りませんでした。しかもセルビア発の会社とは!親切なマダムのおかげで、俄然、興味がわいてきました。

この記事の続きを見る


公園からの眺め。見晴らしがいい!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
セルビアの首都、ベオグラードでぜひ行きたい場所の一つがカレメグダン公園。市内のメインストリート、クネズ・ミハイロ通りを北へ進んだ先にあります。入口付近には土産物店が並んでいて、にぎやかでした。道はきれいに整備され、広大な敷地には緑がいっぱい。ここはツーリストの必見スポットであるばかりでなく、町の人々にとってくつろぎの場でもあります。犬を連れて散歩する人や、ジョギングする人などを見かけました。

この記事の続きを見る


古くからの歴史をもつ市場
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
ゼレニ・ヴェナツは、セルビアの首都・ベオグラードの中心地にある地区。繁華街のクネズ・ミハイロ通りやテラジエからすぐなので、観光客でも行きやすいエリアです。ここには1847年からつづく、市内でも古い市場があります。ほどよい規模なので、街歩きのついでにちょっと見てまわるのにぴったり。朝から昼間の時間帯に行くと、活気があってより楽しめます。地元の人たちに混じって、市場をのぞいてみましょう。

この記事の続きを見る


車が通らないので、ゆったりと歩けます
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
セルビアの首都・ベオグラードの歴史は紀元前までさかのぼり、ヨーロッパ最古の都市の一つ。近年は旧ユーゴスラビアの首都でもあったこの町は、経済的にも文化的にも、現在のセルビアの中心となっています。バルカン半島屈指の都会として栄えるそんなベオグラードで、いちばんにぎわっている通りといえばクネズ・ミハイロ通り。歩行者専用の遊歩道になっており、道幅が広いので歩きやすく、とても華やか。市民の憩いの場でもあり、この町を初めて訪れた観光客なら、ぜひ足を運びたい通りです。

この記事の続きを見る


聖サヴァ教会の地下礼拝堂は息をのむ美しさ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
ベオグラード、この地名を聞いてもピンと来ない、一体どんなところ?という方もいるかもしれません。また真っ先に戦争を思い浮かべる方もいるでしょう。ベオグラードはバルカン半島の国、セルビアの首都。旧ユーゴスラビア地域で最大の都市です。過去2度の世界大戦、また近年ではユーゴ紛争など、数々の争いの舞台となってきました。しかし現在は復興を遂げ、平和を取り戻しています。そんなベオグラード、訪れてみたら、海外旅行の行き先としておすすめしたい理由がいろいろ見つかりました。今回はその魅力をお伝えしたいと思います。

この記事の続きを見る


ワルシャワを拠点に100都市に就航しているポーランド航空。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/ワルシャワ 
今年で90周年を迎えたポーランド航空(以下LOTと略)。ヨーロッパのキャリアとしては4番目に古い歴史ある航空会社です。就航は世界100都市。2016年より、成田空港からポーランドの首都ワルシャワまでの直行便を就航させており、他都市への乗り継ぎのアクセスもよく、たとえば人気の中欧都市プラハへは所要13時間と他キャリアに比べて最短で到着します。ワルシャワ空港内もコンパクトなために、乗り継ぎもスムーズでコスパが良いと近年ヨーロッパ旅行の足として人気が高まっています。今年の利用者の数で平均すると、乗客の3割がワルシャワ行きが目的で、7割は他国への経由便として使っているそう。2019年前半期の行き先の上位は、ワルシャワ、プラハ、ウィーン、ブダペストが占めており、なんと搭乗率は約9割という人気のエアラインなのです。

この記事の続きを見る


ベオグラードの中心地に堂々とそびえ立つ
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/セルビア/ベオグラード 
「ホテル モスクワ」は、セルビアの首都・ベオグラードある老舗ホテルです。20世紀初頭に、セセッション様式と呼ばれる建築スタイルで建てられました。100年以上の歴史をもちながら、客室、カフェ、レストラン、宴会場、会議室、スパと、近代的な設備を加えて改築されており、快適に過ごせます。場所も町の中心にあり、どこへ行くにも便利。ベオグラードの繁華街に建っているので、町のランドマーク的存在となっています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。セルビア 修道院に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介