page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「センターラ ラスフシ」の見どころ情報

センターラ ラスフシに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

インドビザの取得方法はよく変わる?
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
日本人がインドに入国する場合、必ずビザが必要です。私が初めてインドに行き始めてからもう20年経ちましたが、その間、ビザの取得状況はコロコロと変わっていきました。なのでガイドブックに書いてあったとしても、常に最新の情報はネットでチェックしておく必要があります。たとえばアライバルビザを当てにして出発空港に行ったら、いつの間にかそれが無くなっていて、出発空港でチェックインさせてもらえなかったという人も過去にはいました。また、日本でのインドビザ申請場所も、何度も変わっています。今回紹介するのは2018年3月1日現在のものです。2年ほど前に変わったので、しばらくは変わらないことを期待しますが。。。

この記事の続きを見る


あてがないなら、いろいろなタイプのレストランが入っているショッピングモールへ。これはプラザ・スラバヤ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/スラバヤ(インドネシア) 
インドネシア第2の都市、スラバヤ。人口は300万人で、首都ジャカルタが日本で言えば東京だとしたら、ここは大阪にあたる町でしょうか。日本国総領事館もあり、住んでいる日本人の数は、駐在員とその家族を含めると、常時700〜800人くらいといいます。日本人会や日本食スーパーもあります。とはいえ、私は現地に住んでいる日本人とはまったく関係のない、いつもただの通りすがりの旅人。しかしそれでもかれこれ10回は訪問しているでしょう。今回はそんな、現地に知り合いのいない旅行者向けの、スラバヤのおすすめ食事スポットを少しご紹介したいと思います。

この記事の続きを見る


ゴシック様式の建築がひと際目を引く「聖ローレンツ教会」
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ニュルンベルク 
フランクフルト、ミュンヘン、シュツットガルトと移動してきたドイツ編。今回は同じ南部の町・ニュルンベルクを取り上げることにする。ニュルンベルクといえば、2006年ドイツワールドカップの日本対クロアチア戦が行われた場所でもある。35度を超える猛暑の中での勝負は、両者ともにコンディションが悪く、スコアレスドローに終わっている。加地亮(G大阪)のクロスに反応した柳沢敦(京都)が決定的シュートを打ちながら枠を外したシーンは、今も多くの人々の脳裏に焼きついているはずだ。日本のサッカーファンにとって苦い記憶の残る町ではあるが、未来のためにもその足跡はしっかりと辿っておくべきではないだろうか。

この記事の続きを見る


夏には中東から避暑に、冬は厳しい寒さを逃れてロシアから来るお金持ちにも人気のショッピングエリア。ここ数年で色々なお店が増えました。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
海外に行ったら免税もあるし、ブランドショッピングを楽しむ方も多いのではないでしょうか。ショッピングと言うと、パリやロンドン、ミラノなどを想像する方も多いかも知れませんが、ウィーンはそんなお買い物を楽しみたい方にもピッタリの街です。決して大きくはない旧市街の一角、シュテファン寺院から王宮までの間、歩いて5分ほどの間にたくさんのブランドショップが集中しています。ここ数年で色んなブランドショップも増え、世界の一流ブランドと言われるものはほとんど揃っています。

この記事の続きを見る


街中で見かけるSALEの広告。最大70%引きは見逃せません
  • テーマ:
  • バーゲン
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンのセール、年々早くなっているような気もするのですが、「中間セール」という名で今期もすでに始まっています。今は30〜50%引き。こちらの人もクリスマスのプレゼントを探し始める時期です。その後はクリスマスセール、そして冬のセールと続き2月頃までやっています。ウィーンのセールは最大70%引き。信じられないような値引き額です。もちろん全部が70%引きになる訳ではありませんが、かわいい洋服、小物、食器、コスメなどなどお得な値段でお買い物が楽しめます。

この記事の続きを見る


燻製職人こだわりのサーモン
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/デンハーグ 
今では最もポピュラーな魚のうちの一つとなったサーモン。日本でもお馴染みで、サーモン好きの方も多くみかけますよね。サーモンがやはりポピュラーなヨーロッパ。オランダでもスーパーの魚のコーナーを覗けば、サーモンが主流ともいえます。サーモンと言えばオランダの主要都市デンハーグに、実にユニークなお店があります。お店の名前は「Zalmhuis (ザームハウス)」、英訳すると「salmon house」、直訳すると「鮭の家」となりますが、その名の通りスモークサーモン専門店です。しかしこのZalmhuisのサーモンは一味違うのです。

この記事の続きを見る


何よりも印象的なのは描かれたストリートアートのリアリティとマレーシアらしい色使い。「Old
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ペナン島(マレーシア) 
マレーシア屈指のビーチリゾートといえばペナン島。マレー半島とは橋でつながっていて、首都クアラルンプールからは空路だけでなくバス、車などでも約5-6時間ほどで陸路でのアクセスも可能です。2008年にマラッカ(Melaka)と共に世界遺産に登録されて以来、旧市街ともいえるジョージ・タウン(George Town)の歴史的な街並みに注目されています。また近年ではアートの街としても知られていて、特に2012年に開催されたイベントでアーティストのアーネスト・ザカレビッチ(Ernest Zacharevic)氏が描いたことから始まったストリートアートは今や観光の目玉となっています。

この記事の続きを見る


http://xline.xdubai.com/
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アラブ首長国連邦/ドバイ 
世界一が一番多いドバイの街では、なんと鳥のように空を飛ぶ体験ができるエックスライン(XLINE)も世界一の長さ!ビルの屋上からショッピングモールまでの1キロの距離を、時速80キロのスピードで、上空170メートルの高さを飛ぶ姿は、鳥というよりはまるで英雄スーパーマンのよう。このスリリングな体験に参加できるのは、12歳から65歳の体重が50キロから100キロまで、身長が130cm以上のクレイジーな人たち。料金は1人で参加するソロライドは一回650AED、友達や家族と一緒に2人で同時に参加するダブルトラブルは2人で1200AEDです。予約は事前にオンラインでしておいた方が希望の時間にできるのでベターですが、当日でも空いていたらできます。ドバイマリーナモール内にあるブースでチェックインをし、ヘルメットとハーネスのチェック完了後、スタート地点までバスで移動します。道路の状況にもよりますが、チェックインから終了までかかる時間は約1時間強です。

この記事の続きを見る


さまざまな料理が味わえる定食ミールス
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/バンガロール 
2020年3月29日、JALの成田ーバンガロール間の直行便が就航します。2019年10月には、ANAが成田から南インドの都市チェンナイに直行便の就航をスタートし、これで成田から南インドへの直行便は2都市になりました。成田ーバンガロール便は毎日運航され、所要時間は約9時間になります。成田を夕方6時台に出発し、バンガロールに日付が変わった後の深夜0時台の到着です。バンガロール発は深夜2時台、成田到着は午後2時台です。日本とインドの時差は3時間半で日本が進んでいます。

この記事の続きを見る


シャタブディエクスプレス外観(見た目は古いです)
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
インドの電車のファーストクラスに乗ったことはありますか?筆者は「シャタブディエクスプレス」という特急列車を長年利用し、たいていファーストクラスの席を取っています。「シャタブディエクスプレス」は、ニューデリー発ならばアグラ方面、ジャイプール方面、ハリドワール方面の3路線が旅行者の私たちが使いやすいルートです。すべての車両にエアコンがついていて、そのうちの車両がファーストクラスの車両になります。今回は、一度乗ると快適でやめられないファーストクラスの魅力をお伝えします。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。センターラ ラスフシに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介