page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タイ カオサン通り マッサージ」の見どころ情報

タイ カオサン通り マッサージに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タイ カオサン通り マッサージ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


夜毎に賑わうカオサン通り
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
バンコクの西部、チャオプラヤー川に近い一帯にあるのがカオサン通りです。300メートルほどの通りにゲストハウスやカフェ、レストラン、コンビニ、マッサージ店、土産物などがひしめき合うように集まっています。ここに安宿ができて、海外からのバックパッカーが集まり始めたのは、1980年代のこと。当時はまだ、中心部に近いラマ4世通りにあるマレーシアホテル界隈に安宿があり、バックパッカーの多くはそちらに集まっていました。カオサン通りにゲストハウスが増えていくと、レストランなどもでき、80年代後半には町の基礎ができていました。ですから、レオナルド・デカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台となった頃には、すでに「バックパッカーの聖地」と呼ばれていたような気がします。映画の冒頭は、デカプリオがカオサン通りを歩く場面から始まります。この通りに集まった若者たちの息遣いが聞こえてくるようです。

この記事の続きを見る


「タイ マッサージ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

スンネの街中の広場。木々の中に座り人びとを見守るセルマの姿がある
  • テーマ:
  • 物語のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/カールスタード 
ノーベル文学賞をスウェーデン人として、また女性として初めて受賞した作家といえば、セルマ・ラーゲルレーヴ女史だ。妖精の魔法で小さく変身させられたニルス少年がガチョウの背中に乗って、スウェーデンを旅するお話、「ニルスのふしぎな旅」の作者としてご存知の方もおられることだろう。南部のスコーネ地方から北極圏のラップランドまでガチョウやガンの群れと旅をしながら様々な体験を経て成長する少年ニルスとスウェーデンの豊かな自然などが描かれている物語だ。1900年代初頭、国民学校の読本として執筆されたものだという。1858年、ストックホルムの西、ノルウェー寄りに位置するヴェルムランド地方に生まれた彼女は女学校の教師を務めた後専業作家となり、人間と物事の本質を洞察する鋭い文章で多くの小説を出版、のちには女性の解放運動や参政権獲得にも参画するなど作家以外の活動にも身を投じた。

この記事の続きを見る


豊富なスパメニュー
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
York Street Spaでは豊富なスパメニューを提供しています。ヘアケア、スキンケア、ネイル(マニキュア・ぺデイキュア)、マッサージ、脱毛に男性用メニューまで様々なメニューが揃っています。追加出来るオプションや、ラグジュアリーなパッケージメニューもあり。予定や目的に合わせて、ヘアやネイルを整えたり、マッサージでリラックスしたり、またパーティーや特別なイベントの為にヘアメイクをしてもらったりと、色々使えるのも嬉しいサロンです。またオタワではこのようなスパサロンは月曜日休みの所が多いようですが、このサロンは毎日営業している数少ない場所でもあります。毎日開いていて営業時間も長いのは、限られた時間で行動しなければいけない旅行者にも優しいですね。

この記事の続きを見る


アスクレピオンの参道「聖なる道」からはアクロポリスの丘が美しく望める
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/ベルガマ 
「ここへ入院した患者は絶対に死なない、必ず良くなって退院する」。そんな病院があったならどんなに良いか。夢の世界でしかあり得ないであろう。しかし大昔には実際にあったのだ。それは古代ギリシャのペルガモン、現在のトルコのベルガマにあった。ベルガマは古代都市ペルガモンの遺跡で知られている。有名なのはアクロポリスの丘だが、郊外にあるアスクレピオンが非常に面白い。アスクレピオンとはギリシャ神話に登場する医学の神アスクレピオスの神託を授かる場所で、今で言えば総合治療施設のようなもの。ギリシャのエピダウロスやコス島にもあった。現在そちらも遺跡になっている。紀元前4世紀頃、ひとりのペルガモン人がエピダウロスの近くで怪我をしてアスクレピオンへ行き、治療を受けて戻ってきた。その人が故郷にもアスクレピオンを、とエピダウロスを模範に建設したのだそうだ。この施設はローマ時代になっても存続し、4世紀ころまで、つまり800年近くも機能していた。

この記事の続きを見る


チェンマイには古いお寺も多い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/チェンマイ 
チェンマイは、かつてランナータイ王国の首都として栄えたタイ北部の美しい古都です。その当時の城壁の名残は今もみられ、堀に囲まれた内側は旧市街と呼ばれています。チェンマイはそんなに大きな都市ではありませんが、旧市街を中心に、かなりの数の仏教寺院が点在しており、その数は100以上と言われます。観光で数日訪れただけでは全部回りきれる数ではありませんが、古の王国時代の面影を求めて、のんびりとお寺巡りするのもいいのではないでしょうか。

この記事の続きを見る


ヴェリ・ベイ温泉の中心となるメインのプール
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
温泉町のある国はヨーロッパに色々あるが、首都が温泉地という国は珍しい。ハンガリーの首都ブダペストは世界有数の温泉町で、古代ローマ時代から温泉が湧き出ていたという。20世紀初頭に建設されたアールヌーヴォー様式のゲッレールト温泉やネオ・バロック様式のセーチェーニ温泉は観光名所になっているので温泉に入らずとも美しい建物を見学するためにやってくる人は多い。ブダペストにはホテルの中に温泉が湧き出る温泉ホテルもあり、それ以外にも新しいスパ温泉が建設されている。しかしブダペストならではの特別な温泉は、なんと言ってもトルコ風建物の温泉であろう。ドナウ川に沿ってブダ側にルダーシュ温泉とキラーイ温泉があり、いずれも16世紀後半にトルコ人によって建設された古い建物だ。そしてもう一つ、同じブダ側に近年再オープンしたヴェリ・ベイ温泉がある。

この記事の続きを見る


絶妙な力加減で疲れた足をグイグイと指圧。終わったときにはむくんだ足がほっそり!
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
リバーサイドに高級ホテルが立ち並ぶBTSサパーンタクシン駅。ナイトマーケットの「アジアティーク」や川の反対側にできた巨大ショッピングモール「アイコンサイアム」に行く無料ボートの乗り場でもあり、チャオプラヤエクスプレスの始発駅ともあって連日多くの人で賑わう場所です。この近くにあるジャルンクルン通りは知る人ぞ知るマッサージの穴場ストリート。高級ホテルでは1時間1000バーツ超えも当たり前なフットマッサージが300バーツ程度で受けられる激安マッサージエリアなのです。今回はその中でもローカルの支持が圧倒的に高い「Enjoy Massage(エンジョイマッサージ)」をご紹介します。

この記事の続きを見る


何とも珍しいAntik
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/パムッカレ 
世界遺産に登録されているPamukkale パムッカレ(都市遺跡ヒエラポリスも含む)は、誰もが一度は写真などで目にしたことがある、真っ白な石灰棚が印象的なトルコの一大観光地です。パムッカレの”パムック”とはトルコ語で”綿”、”カレ”とは”城”の意味。「綿の城」とは、何ともロマンチックな名称ですね。そんなパムッカレを久しぶりに訪れました。イスタンブールからは日帰り、また周遊ツアーでも1泊だけで通過してしまうことが多いパムッカレですが、私はあえて2泊3日ののんびり旅プランを練ってみました。これがなかなか良かったので、パムッカレ行きを検討されている方々へご紹介します!

この記事の続きを見る


アジア旅行デビューの行き先としても、バンコクはおすすめ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
旅に求めるものは人それぞれ。それによってオススメする行き先は異なりますが、プチプラ大好き女子の旅行先としてオススメするなら、私のイチオシはタイの首都バンコクです。日本からもそう遠くなく行きやすく、ひとり旅でもグループ旅行でも楽しめます。短期旅行の場合、事前にビザの取得の必要もなく、市内移動の交通機関も充実、宿もピンからキリまで選択の幅が広く、値段の割にクオリティが高いのが魅力です。アジアデビューの旅先としてもオススメですし、何度行っても楽しめる奥深さもあります。

この記事の続きを見る


2階にあるロマンチックなピンクの部屋。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ラ・ヴィレット公園の近くに流れるパリ19区、ウルク運河。この近辺は再開発の後、映画館やレストラン、カフェ、バーなどが立ち並び、夏にはパリプラージュと言うイベントも開催されています。 運河沿いには小さな公園もあり子供の遊具、卓球台はもちろん、フランスで有名なペタンクをしている人もいて、憩いの場所として親しまれています。そんな運河沿いに一軒家があります。その名前は「 Le pavillon des canaux」。19世紀に建てられた一軒家がそのまま数年放置されていたものを改築し、レストラン、カフェ、バーに生まれ変わりました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タイ カオサン通り マッサージに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介