page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タイ バンコク 帽子」の見どころ情報

タイ バンコク 帽子に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タイ バンコク 帽子」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果12

1 2 末尾 次へ


常夏のバンコクだが、暑季、雨季、乾季の3つの季節がある
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイの首都、バンコクの気候は、年間を通して平均最高気温が30度を超える熱帯性気候です。一年中夏といえますが、暑季、雨季、乾季の3つのシーズンに分かれています。暑季は3月後半から5月まで、その後、6月から10月までは雨季となり、11月から3月前半までが乾季となります。

この記事の続きを見る


独特なオレンジ色のタイティー、ぜひお試しあれ!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
一年のほとんどが夏のタイ。35度を超える日も多く、遺跡観光や、市場巡りなど炎天下の観光では、水分補給が大切です。脱水症や熱中症を予防するためにも、観光の合間、合間に水分補給を忘れずに。ちなみに、一度にたくさん飲むよりも、こまめに少しずつ飲む方法の方が効果的です。

この記事の続きを見る


遺跡公園の中にあるワット・チェディー・チェット・テーオ。蓮の花をかたどった仏塔が印象的
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • アジア/タイ/スコータイ 
タイ北部の中央、バンコクとチェンマイのちょうど中間あたりに位置するスコータイは、タイを代表する遺跡です。タイ北部を周遊するツアーには、よく含まれています。しかし実はスコータイ遺跡周辺には、同時期の魅力的な遺跡がほかにもあるんですよね。そこで今回はそんな遺跡が見られる、シー・サッチャナーライ遺跡公園を紹介します。スコータイ市街から北に50kmの場所にあるこの遺跡は、規模的にもスコータイ遺跡にひけを取らないんですよ。

この記事の続きを見る


境内の中は多くの建物がひしめき合っていて、全体像がちょっとわかりにくい
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
「ワット・プラケオへ行こう!」その1からの続きです。服装とセキュリティーチェックが終わり、次はチケットブースへ進みます。外国人の入場料金は500バーツ(約1700円、2016年現在)。タイの観光地の入場料の中では、かなり高めです。チケットチェックの列はタイ人と外国人に分かれていることがあり、ここで日本語のパンフレットももらえます。中に入ると、正面に本堂(入り口は反対側)、左側に大小の仏塔やお堂があります。ここは順路に従って左側へ。ラーマーヤナの物語の絵が描かれた回廊を通って行くと、金色に輝くスリランカ様式の仏塔が正面に見えてきます。これはアユタヤにあるワット・プラシーサンペットを模して建てた、ワット・プラシー・ラタナー・チェディです。鐘を伏せたような形です、中には仏舎利(仏陀の遺骨)が収められているとのことです。

この記事の続きを見る


海外旅行で楽しい市場比較 昔ながらの買い物風景があるタイの市場(その1)
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今ではスーパーマーケットも、コンビニエンスストアもたくさんあるタイですが、少し路地の奥に入ると、昔ながらの市場もあります。早朝から昼ぐらいまでやっているところもあれば、日が暮れるころに夜だけの市が立つところもあり、それぞれに特徴があります。ガイドブックにも載っていないような町では、市場はその町の規模を知るにもいい場所です。観光地めぐりに飽きたら、買い物客に交じりながら普段着の生活を知るのも楽しいでしょう。

この記事の続きを見る


リゾート気分満点のフリルキャミは1枚150バーツ(約384円)と激安!! 縫製もしっかりしていて日本で買えばゼロが一つ多くてもおかしくないクオリティーです。まとめ買いすれば値引きしてくれることも♪
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今回ご紹介する『Platinum Fashion Mall(プラチナム・ファッションモール)』は洋服をはじめ、バッグにアクセ、靴からランジェリーまでファッション小物ならなんでも揃う巨大ファッションビルです。12階建てのビルがZONE1とZONE2に分かれていて、その中に収容された店舗は約2000店!! どの店も流行最先端のアイテムを扱っているので、ここに来ればバンコクの「今」が丸わかり! 日本でも十分使えるアイテムたちばかりなのでお土産探しはもちろん、現地で着る服に困ったらぜひ訪れたいスポットです。

この記事の続きを見る


ワンピもデニムのショーパンもみ〜んなたったの100バーツ(約280円)!! この値段、他のショッピングエリアじゃなかなか出会えません!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
BTS Mo Chit(モーチット)駅、または地下鉄MRT Chatuchak Park(チャットチャック公園)駅といえば、週末だけに開かれる巨大市場、ウィークエンドマーケットの最寄り駅。正直、それ以外は大きな見所もないので、週末のバンコク滞在がない人にとってはあまり興味のない場所だったのですが、そこに週末以外にも買い物ができて、さらに掘り出し物率が高いショッピングゾーンがあるってご存知でしたか? それが今回ご紹介する「Under Ground Shop(アンダーグラウンドショップ)」。地下鉄チャットチャック公園駅直結のショッピングゾーンです☆

この記事の続きを見る


BTS
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
バンコクの中でも一番のトレンドエリア、Siam(サイアム)。ここは大型ショッピングセンターから、小さなセレクトショップがずらりと並ぶショッピングゾーン。東京で言えば原宿、渋谷のような場所で、つねにオシャレな人たちでにぎわっている場所なのです。つねに昼間からにぎわっている場所なのですが、一番混むのはなんと夜9時以降!! もちろんお店は閉まっているのに、なぜ…? それは、夜になると露店があちこちにOPEN.気づけば大通り一帯が即席ナイトマーケットになるのでした!

この記事の続きを見る


ノーマルなストローハットがたった50バーツ(約150円)、カラフルなリゾートハットは80バーツ(約240円)と激安の「マットショップ」。日差しの強いバンコクで活躍してくれること確実!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今回は週末だけに開かれる巨大市場、ウィークエンドマーケット(通称チャットチャック) の中で見つけた、おすすめショップ2つをご紹介! チャットチャックには何千というお店がありますが、人気のないショップはあっという間に消えていくシビアな世界。その代わり続々とNEWショップがOPENしているので毎週目が離せないのです! まず1店舗めは帽子屋さん「MAT SHOP(マットショップ」です。手作りのストローハットを扱うお店なのですが、特筆すべきはなんといっても驚きの値段!!

この記事の続きを見る


ここのパッタイには細かく刻まれた豆腐入り。それがさらに甘さを引き出して、気づけばペロリ♪ このボリュームで30バーツは安すぎ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイの麺料理といえばバーミー(汁入り麺)とパッタイ(焼きそば)。安くて、早くて、おいしいと三拍子揃った人気メニューで、街角の屋台からフードコート、ちゃんとしたレストランまでどこでも食べることができます。今回ご紹介するのは週末に開かれる巨大市場、チャットチャックの中にあるお店。それこそチャットチャック内にも無数の麺料理屋があるにも関わらず、ここは常に大混雑。ということはおいしいに決まってる!ということで、早速食べてみました!

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タイ バンコク 帽子に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介