page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タイ ベトナム 2カ国周遊」の見どころ情報

タイ ベトナム 2カ国周遊に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タイ ベトナム」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


看板メニューの「Xocolatl」
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
こちらの店名にもなっている、カカオを使ったドリンクです。ココアやチョコレートなどに加工する前のベトナム産のカカオを使っており、自然な甘みと濃厚なカカオの味が暑い日にもぴったり。

この記事の続きを見る


名実ともにハノイの中心に位置する
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
ハノイ旅行者の多くが宿泊するホテルは、このホアンキエム湖や北部に広がる旧市街の周辺エリアとなります。今回紹介するホアンキエム湖は、名実ともにハノイ観光の拠点となる場所。徒歩圏内に主要観光スポットが建つほか、カップルや子連れファミリーの散歩スポットとしても最適です。ハノイには十数の湖があり、その中でも旅行者に知られているのはタイ湖とホアンキエム湖の2つ。タイ湖はハノイ市最大面積を誇る湖で、近年観光開発が進み、インターコンチネンタルやパンパシフィックといった高級ホテルも並ぶようになりました。一方ホアンキエム湖はベトナム現地の人にとっても憩いのスポットとして人気で、朝から夜まで人々が行き交うのどかな風景を見ることができます。

この記事の続きを見る


メキシコ、ユカタン半島にあるチチェンイッツァ遺跡
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/カンクン 
夏を迎え、そろそろ秋の連休と有休休暇を合わせて、海外の旅をプランしている方もいらっしゃるでしょう。個人旅行でバリバリ観光派という方におすすめしたいのが、現地で申し込む日帰りツアー、または半日ツアーに参加することです。小さい街で自分で徒歩や公共交通機関を使ってアクセスできる観光地なら問題ありませんが、自力でいくと余計時間とコストがかかってしまう世界遺産スポットなどもあります。そんな時は、現地発着のツアーを利用すると便利です。これらのツアーは、各旅行会社のHPなどから簡単に申し込めます。日本語ガイドや英語ガイドが案内するツアーなどがありますが、一般的に日本人ガイド、または日本語ガイド(日本語を話すガイド)がつくツアーのほうが料金は割高です。英語のヒアリングに自信がない人もいらっしゃるでしょう。また、内容的に英語ガイドでも問題ないツアーもありますから、状況に応じて選びましょう。

この記事の続きを見る


ダラット駅プラットフォームにて
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダラット 
ダラット市場からタクシーで15分ほど走ったスアンフーン湖の東側に位置するダラット駅では、観光スポットにもなっている蒸気機関車に乗ることができます。ここにあるソ連製のSLは、日本の鉄道マニアや歴史好きからも注目されていて、「このSLに乗るために遥々ダラットまでやってきた」という外国人も少なくありません。ちなみに隣にはもう1つ日本製の蒸気機関車も並んでいるのですが、こちらは現在では動くことはなく、展示物として写真撮影のみ楽しめます。

この記事の続きを見る


ハネムーンでダナンを選ぶ日本人も多くなってきた
  • テーマ:
  • 海外ウェディング
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
ベトナムの中部地方ダナンは、近年日本人に注目されているビーチリゾート地。一昔前までは、ダナンよりもここから車で行ける、ホイアンやミーソン遺跡といった世界遺産観光がメインで、ダナンは中継地点でしかありませんでした。しかし、昨今ダナンの観光開発が進み、市街地及びビーチエリアには続々と4つ星、5つ星のリゾートホテルが開業するようになり、世界中から注目されることとなりました。そんなダナンは、日本人の間では南国バカンスを満喫できるだけではなく、新婚旅行のハネムーン先としても人気が高まっています。

この記事の続きを見る


マハーボディー寺院(大菩提寺)には世界各地から巡礼者が集まる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/インド/ブッダガヤ 
「4大仏跡」のひとつで、仏教徒にとってもっとも有名な巡礼地がインドのブッダガヤです。ここは長い修行を経たゴータマ・シッダールタが覚りを開いて、「目覚めたもの(=ブッダ)」となった場所。世界遺産でもあるマハーボディー寺院(大菩提寺)には世界各地から仏教徒が訪れるほか、多くの観光客が訪れています。私はブッダガヤをだいたい5年おきぐらいに3回訪れていますが、人の数はその度に倍々に増えているように感じます。今回は私が2019年2月に訪れたブッダガヤの最新情報をお届けしますね。

この記事の続きを見る


ハノイ発の子供服ブランド「Copenhagen
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホイアン 
お店の方にお話を伺うと、こちらはハノイ発の子供服ブランドで、ハノイ在住のデンマーク人夫妻がデザインされているそう。3人の子供を連れ、ハノイに家族で住み始めた時に子供に着せたい良いデザインや高品質の子供服が見つからなかったことから、2010年にハノイをベースに発足したブランドだそう。

この記事の続きを見る


ブンタウの海水浴場「バックビーチ」
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ブンタウ 
ここでご紹介する「ブンタウ」は、ホーチミンから車でおよそ2時間弱で行くことができるビーチエリア。港町の素朴な風情が漂う町のため、リゾートとは少し違うかもしれませんが、それでも旅行者にとっては日帰りで行けるプチリゾート地として有名です。どの旅行会社でも日帰りのツアーも催行していますし、長距離バスに乗ってノンストップで行くことも可能。一泊するとナイトマーケットを楽しむことができますが、主要観光スポットは日中にすべて回ることができるので、日帰りでも十分楽しめます。

この記事の続きを見る


味付けはワンランク上
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
ベトナム旅行では、普段現地の人が食べている屋台料理だったり、食堂料理なども食べてみたいですね。旅行者が行くような小奇麗なレストランでは扱わない料理も多数ありますし、本当のベトナム料理を知る上でも貴重な体験となるはずです。しかし、アジア旅行に慣れていない方であれば、お腹を壊してしまったり、食中毒の不安から避けてしまう人も多いことでしょう。しかし、高級レストランの料理も屋台が起源であることもあるように、いわゆる大衆料理は鉄板でおいしいです。そこで、今回は下町グルメを中心に取り揃えられた清潔なレストランをご紹介します。

この記事の続きを見る


リゾート中央、はるか先の海まで続く印象的なインフィニティプール
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホイアン 
ベトナム中部、ダナンの海岸線の中でもホイアン寄りのハーミービーチにたたずむフォーシーズンズ リゾート ザ ナムハイ。このロケーションが絶妙で、ホイアンへは車で約15分、ミーソン遺跡へは約1時間15分、フエへは約3時間。ベトナムの歴史に触れられる3つの世界遺産をめぐることができます。リゾートは、ビーチに面した広大な敷地に展開。100メートルくらいありそうな、海へと続く3段のインフィニティプールを中央に、U字型にレイアウトされたヴィラ群が砂浜と並行して並んだつくりになっています。これはベトナムの風水“フォントゥイ”をベースにしたレイアウト。ビジネス街から離れた場所でもあり、静かに海辺の時間を心穏やかに過ごせるのです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タイ ベトナム 2カ国周遊に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介