page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タイ 目玉焼き」の見どころ情報

タイ 目玉焼きに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タイ 目玉焼き」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ウェルカムドリンクの名物ポルトワインとおつまみ
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポルトガル/ポルト 
前回に引き続き、ポルトの記事をお届けします。快適な旅をするにあたって、宿泊先は重要なポイントではないでしょうか。あれこれ不満の残るホテルはできれば避けたいもの。今回は筆者が泊まって大満足、文句なしだったExmo. Hotelの紹介です。インファンテ・ドンテンエンヒーケ通り、ツーリストインフォメーションの隣、ドウロ川まで100メートル、ドンルイス1世橋まで400メートルの位置にあります。オープンは2019年5月。明るい黄土色の外壁のエントランスを入ると、すぐに小さな受付があり、フレンドリーなスタッフが出迎えてくれます。ウェルカムドリンクで、ポルト名物のポルトワインがいただけますよ。受付の横はテーブルと椅子が並び、奥はバーのようになっているので、ただ道を歩いているとホテルというよりカフェバーと思うかもしれません。そんな気軽に入れる雰囲気のホテルなので、格式ばった伝統的な高級ホテルを好む人には向かないかもしれません。地下にはリラックスルームとでもいうのでしょうか。ポルトの観光ガイドブックをはじめ、多数の書籍や雑誌が陳列された本棚、ソファ、椅子などが置いてあり、くつろげるスペースがあります。

この記事の続きを見る


ドンルイス1世橋の上からの眺め。ここからさらに旅に出たくなる
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポルトガル/ポルト 
普段は在住国フランスの現地ガイド記事を担当していますが、今回はポルトガル北部にある第二の都市、ポルトを観光客目線でリポートしたいと思います。ポルトガルといえばフランシスコ・ザビエル、鉄砲、クリスティアーノ・ロナウド、カステラ、エッグタルト、南蛮漬けぐらいのキーワードしかなかったのですが、実際に訪れたポルトの街が気に入りました。風情ある街並み。漂うのんびりとした雰囲気。日本人の口に合いやすいお米やシーフード料理。高低差があり坂が多いですが、観光しやすい大きさでよくオーガナイズされていると思います。訪れたのは7月中旬。空港と街の中心部のアクセスは、タクシー利用で、渋滞もなく20分ほどで到着。運転手さんは流暢な英語を話します。ホテルスタッフも滑らかな英語を話し、フランス語、スペイン語もOK。カタコトではなく、きっちり会話として成立します。相手側の言語に切り替えて話してくれるのにはびっくりです。ホテルやレストラン、カフェなどのサービス業従事者になぜそんなにマルチリンガルなのか、しかも上手なのか聞くと「学校で習うので」とシンプルなお答え。続いて「でも日本語は話せないよ」と謙遜します。

この記事の続きを見る


天気のいい日はテラスで!
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
デンマーク旅行中、朝食にもランチにもおすすめなのがカフェやレストランのブランチ。ちょっと遅めに起きて、宿の近くのカフェまで散歩して、コペンハーゲンに住む人に混じっておいしいひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか? 乳製品やベーコンなどがおいしいデンマーク、実はブランチ向きな土地のよう。ちょっと足をのばして、心地よいお店を探してみませんか?時間を気にせず、カロリーも気にせず、デンマークのおいしいご飯をたっぷりめしあがれ!

この記事の続きを見る


カフェ風の明るく清潔なお店
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
ここタイではガパオライスは庶民的なタイ料理の代表格として、屋台や食堂でよく食べられています。そういったローカル色が強い場所で汗をかきながら食べるガパオライスは「タイらしさ」が感じられて非常に美味しいものですが、旅行者のなかには屋台や食堂はなんだか不安、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回ご紹介する「Moo Moo Noodle」はそういった方におすすめのタイ料理店です。一見するとカフェのような店構えで、衛生面も言葉の心配は一切必要ありません。

この記事の続きを見る


オルベーラの村の中の坂道
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マラガ 
前編からの続きです。パットが外国に別荘を買うなんて、すごいなあと感心していたのですが、別荘そのものは、普通の人らしく、こじんまりとしたものでした。3階建てで、1階にはキッチンと狭いリビング、2階と3階もひと部屋ずつで、大人3人ぎゅう詰めになる程度の広さの屋上が付いていました。中庭があり、それを囲むように、同じような家が4軒あります。さてお値段ですが、パットが買った当時で日本円にして450万円ほどでした。それが直近の相場では、300万円を切ってしまったとぼやきます。町中の不動産屋の広告を覗いてみると、200万円くらいから手に入るようです。光熱費などは、管理してくれる不動産屋さんがあるそうで、スペイン国外の人でも不便のないようなサービスが受けられるようになっています。

この記事の続きを見る


タイの食べ物ファーストフード編。マクドナルドのご飯メニューを食べてみた
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイのマクドナルドは24時間営業です。ハンバーガーやポテト等は、基本的に世界共通メニューです。タイには牛肉を食べない人(女性に多い)がいることもあり、ポークバーガーがあるのも特徴です。その他に屋台メニューの定番、「カーオ・ガパオ・ガイ(鶏肉のバジル炒めとご飯)」、「ガパオ・ヌア(牛肉のバジル炒め)、ガパオ・ムー(豚肉のバジル炒め)」のバリエーションがあります。ドリンクとのセットで69バーツ(約250円)、トッピングの目玉焼きが10バーツ(約35円)です。

この記事の続きを見る


スクンヴィットSoi18をまっすぐ行くと右手にいえる立派なホテルはしっかりベルボーイがお出迎え。広々とした部屋はモダンなインテリアで統一され、アメニティも完備。ネットも無料で使えます!
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今回ご紹介するのはBTS NANA(ナナ)駅から徒歩5分という好立地に建つ「PRESIDENT PALACE HOTEL(プレジデント パレス ホテル)です。NANAといえばバンコクの中でも1、2を争う歓楽街。バーやインターナショナルレストランも多く、夜になると道を埋めるように屋台が立ち並び、夜遊びやお買い物には困ることがありません。ただ歓楽街だけに女のコが安心して泊まれるホテルが少ないのが残念だと思っていたのですが、見つけちゃいました!! セキュリティーもホスピタリティーも文句ナシの4つ星ホテルです☆

この記事の続きを見る


「タイ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

突然始まるダンスタイムに観客は大喜び。見事な肉体美を披露しながらタイミュージックに合わせて踊る姿は必見!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
1枚目の写真に驚かれた方、ごめんなさい。こちら、バンコク名物のオカマバーではなく、れっきとした貝レストランの店員さんでございます。面積やや小さめなお衣装からのぞくのは見事に割れたシックスパック。その鍛え抜かれたボディを惜しげなく披露し、クネクネ踊るのはこの店のオーナー、ディーさんです。今、バンコクで一番の穴場と言っても過言ではないのがここ『Stanee Mee Hoi(サタニー ミー ホイ)』。バンコク郊外にあるナイトマーケットにある貝レストランです。オーナーをはじめ、ダンサーを務めるのはすべてスタッフの男性。いたってノーマルな上、お客様を喜ばせるサービスは完璧! もちろん貝の味も◎とあって連日大賑わいのお店なのです。

この記事の続きを見る


この日の気温は1度。百獣の王もさすがに寒そう
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
今回は、リニューアルオープンして5年を迎えたParc Zoologique de Parisを紹介します。この動物園はパリ東部の12区にあり、メトロやバス、トラムなど公共交通機関でアクセスも簡単です。東京で言えば上野動物園といったところでしょうか。ひょっこり見える岩山が目印です。園の面積は14ヘクタールあり、パタゴニア、アフリカ、ヨーロッパ、アマゾニアギニア、マダガスカルの5つのゾーンに195種、約2000の動物が棲み分けられています。面積に関しては、上野動物園とほぼ同じ広さです。順路もシンプルでわかりやすく、高低差はなくほぼ平らで、車椅子利用の身障者も問題なく訪問できるつくりになっています。最初に言ってしまうと、ゾウとパンダはいません。では、パリ動物園各ゾーンで筆者のおすすめ動物を紹介していきます。

この記事の続きを見る


熱帯のマレーシアでは米は三期作のため、年に3回ほどこのような青稲が水田にたなびく風景を見ることができる
  • テーマ:
  • 癒し
クアラルンプールから北へ車で1時間半、100kmほどの距離に位置するセキンチャン(Sekinchan)。地名の由来は中国語の方言の一つ潮州語で「農業に適した土地」を意味するのだそう。その名が示すように華人も多く住むマラッカ海峡に面した村でのんびりとした雰囲気が漂います。マレーシア随一の米どころでもあり、時期によっては果てしなく続く青稲の絶景をのぞむことができます。眺めているとここはまぎれもなくマレーシアなのにどこか日本の原風景を見ているような感覚になります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タイ 目玉焼きに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介