page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タイ空港」の見どころ情報

タイ空港に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タイ空港」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


デリー空港
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
初めてのインドでデリー空港での入国の際、知っておくとラクになる基本的なことを紹介します。スタートが幸先良いと旅の流れもスムーズにいきやすいものです。ポイントを押さえて楽しい旅行にしてくださいね! さて、まずは入国審査です。ここでは入国カードの提出が必要になっており、入国カードは大抵機内で配られますので、記入しておいてください。記入欄にホテルの住所と名前、電話番号を記入するところがありますが、ここは必ず記入して提出するようにしてくださいね。入国カードを機内でもらえなかった場合は、並ぶ前のカウンターに置いてある場合が多いので、必ず手に入れてから並んでください。持っていなくて最初から並びなおした人を筆者は何回も見ています。

この記事の続きを見る


プエルト・イグアスのバスターミナル
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/アルゼンチン/イグアス 
「世界遺産のイグアスの滝。アルゼンチン側はこうなっている/アクセスとホテル&レストラン編」その1からの続きです。空港からプエルト・イグアスの町までは、タクシーで25分、運賃は日本円に直すと2500〜2800円ほど。市内行きのバスもありますが1時間おきで、こちらは日本円にするとひとり800〜1000円。なので人数がいるなら、タクシーが楽ですね。空港からイグアスの滝入口のビジターセンターまで、タクシーでは約20分です。

この記事の続きを見る


中華風の朝食セット、99香港ドル(約1400円)
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
「香港『ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ』はマニアじゃなくても虜になるホテルです」その2からの続きです。レストランは3軒あり、朝食時にキャラクターと写真が撮れるサービス(キャラクターダイニング)のあるレストランは大混雑します。私は“キャラダイ”よりも早く食べられる方がよかったので、「チャートルーム・カフェ」というカジュアルダイニングで朝食にしました。空いていて落ち着けましたよ。しかも味も分量もなかなかのものなんです。レストランの写真付きメニューって、実物とかけ離れていたりしますよね。けれどもここは、実物の方が写真より大きくておいしそうなんです。さすが食の都・香港ですね。他のレストランも、写真で見るだけでもいかにもおいしそうです!

この記事の続きを見る


オランダ広場。バスターミナルからのローカルバスは、ここで停車します。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/マラッカ 
東南アジアのハブ空港として利用者も多い、マレーシアのクアラルンプール国際空港(KLIA)。格安旅行に欠かせないエアアジアを利用すると、ここにあるKLIA2(LCC専用ターミナル)からマレーシア国内外へ乗り継ぐ方も多いのではないでしょうか。もしあなたが初クアラルンプール(以下KL)なら、素直に市内観光をするのが王道かとは思いますが、今回は、市内に出ずに空港発着で楽む、世界遺産の古都マラッカへの日帰り観光を紹介したいと思います。乗り継ぎ便が複数選べる場合、なるべくトランジット時間の短い便を選びがちですが、あえて乗り継ぎ時間の長いフライトを選んで(12時間あると安心)、プラスワンの観光を旅程に組み込んでみましょう! KL観光が一番の目的の場合でも、マレーシア周遊旅行を計画中の方でも、初日(もしくは最終日)の空港利用の際にマラッカへ直行することで、時間もお金も節約できます。是非、参考にしてみてくださいね。

この記事の続きを見る


地下鉄用の階段。ラッシュ時などは、人でごったがえすので移動は要注意
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
NYに到着してまず直面するのが、タクシー乗り場の長い行列。 赤ちゃんママも長旅でクタクタのはず。タクシーより割高ですが、赤ちゃんとの旅行では、日系の手配車をオススメします。専用車か、相乗り車かを指定してください。値段の相場は専用車は約185ドル/1台(約20860円)、相乗り車が約85ドル/1名(約9590円)。相乗り車は一見割安ですが、2名からの申し込みが基本なため、1名のみでの申し込みの場合、倍額になる可能性があるので要注意。また、他の相乗り客を待つため、やや待たされる可能性があります。一方専用車は、高額ではあるものの、待ち時間ゼロで快適。トータルコストを計算して、専用車と相乗り車を上手に使い分けましょう。 日系手配車の一例はコチラ http://www.veltra.com/jp/north_america/new_york/ctg/2119:2119/

この記事の続きを見る


ニユーオーリンズ・ジャズフェスは観客の年齢層も高く、後ろでのんびり見ている人たちも
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューオーリンズ 
その2のフェス期間中のホテル選びの続きです。空港前のホテルやモーテルからは、タクシーを呼んでもらって市内や会場に出ます。市内〜空港間のタクシー料金は決まっているので、チップ込みで42ドル(約4700円)ぐらい。往復すると1万円近くなってしまいますが、宿泊代にプラスしても市内のホテルよりも安いという計算です。市内のホテルに泊まっても、結局は空港まで行くことになるのですから。また、安くすませたいという“節約派”は、空港そばから市内(会場)へバスで行くという方法もあります。本数は少ないですが、市内へのバスがあり(所要約45分)、途中で降りてあとはタクシーを利用。あらかじめグーグルマップなどでルート検索しておくといいでしょう。面倒ですが、ひとり10ドル以内で行けるはずです。

この記事の続きを見る


シドニーへ行ったら外せない。絶対に訪れたい観光地はどこ?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
オーストラリアの中では、最も人口が多い都市「シドニー」。その空の玄関口であるシドニー空港(別名キングスフォード・スミス空港)は、国内航空路線のターミナル空港としての役割も果たしています。とはいえ、国際線と国内線のターミナルは約2km離れているので、この間を歩いて移動するなんて考えないでください。専用バスか、シティレールで移動しましょう。シドニー空港から市内へ移動する際は、エアポート・リンクを利用するのが、安いうえに早いです。荷物が多い場合はタクシーを使いましょう。

この記事の続きを見る


空港でのトランジットの時間も退屈知らず!空港施設やサービスを有効利用しよう!【アジア編】
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
最近は、国内旅行と変わらない予算で海外旅行ができる時代です。しかし旅程を調べると格安ツアーは、直行便ではなく乗り継ぎ便を使って旅費を安く提供している場合も多いのです。このように別の空港で飛行機を乗り換えることを「トランジット」といいます。「空港での乗り継ぎ時間が長くて退屈してしまった」。そんな経験はありませんか? ここでは知っておくと便利な、空港での様々な施設やサービス、おすすめの過ごし方を紹介しましょう。

この記事の続きを見る


東直門の「機場快線」の駅、7月19日に開通したばかりです
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
7月19日、北京首都国際空港と市内の中心部を結ぶ空港直通ラインの地下鉄が開通しました。リニアモーターシステムを採用したこの地下鉄ラインは、中国語では「機場線」と呼ばれています。市内の始発駅、「東直門」から北京の国際空港までは、所要時間、約20分。料金は片道、25元(約375円)東直門からの始発は朝6時、以降、約15分〜20分おきに出発しています。このラインは、東直門―三元橋―T3―T2の4つが停車駅です。「T3」はターミナル3で、今年の2月末にオープンしたばかりの首都国際航空の第3ターミナルのこと。「T2」は首都国際航空の第2ターミナルのこと。最終は、第2ターミナル、23:10発です。この間の時間なら、市内への移動、または市内からの移動がだいぶ便利になりました。

この記事の続きを見る


建設中から話題となっていた大屋根のデザインは、自然光をとりいれるための仕掛け。光をたっぷり受ける空間は明るく気持ちが良い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
見知らぬ国に降り立って空港内に足を踏み入れたとき、匂いや空気の違いで、その国の第一印象を体感する場所が空港です。だからこそ、旅のはじまりは素敵な空港に迎えられたいもの。今年に入ってオープンしたばかりのチャンギ国際空港の第3ターミナルは、光と緑にあふれた解放的で快適な空間で、旅の高揚感を盛り上げてくれます。天井の高いコンコースの屋根「バタフライルーフ」は、自然光を自動制御する反射板を据えつけたユニークなシステムで、空間内に自然光を取り込みます。そしてトロピカルな植栽を植え付けた300メートルもの「グリーンウオール」も併せ、室内にいながらシンガポールらしさと日の移ろいを感じることができます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タイ空港に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介