page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タイ」の見どころ情報

タイに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タイ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果9687

1 2 3 4 5 末尾 次へ


シュテファン寺院の二つの塔。右が高い南塔
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ヨーロッパのたいていの町には、その町を代表する教会があります。ロンドンならウエストミンスター寺院、パリならノートルダム寺院、ミラノなら大聖堂のように町のシンボルでもあるものですね。オーストリアの首都、ウィーンではそれに当たるのがシュテファン寺院になります。同じキリスト教会でも、「教会」と「寺院」、「大聖堂」などといくつか名称が異なるのは、日本語にした時の翻訳の問題で、「教会」はキリスト教の祈りを捧げる礼拝所の建物全般、「寺院」はカソリックや正教会の司教座が置かれた教会のこと(英語ではカテドラル)、「大聖堂」はそのうちの大きなものを指しています。シュテファン寺院はもちろんウィーン大司教区の司教座聖堂です。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • おケイコ
ボリウッドと呼ばれるインド映画には、たいてい踊りのシーンがあるのはインド好きの方ならご存知ですね。最近は映画館やNetflixなどでも、インド映画を気軽に見られるようになったので、インドに特段興味がない方でもこの踊りのシーンのことをご存知の方も増えてきました。2020年11月18日にTBSの「王様のブランチ」では、最新トレンドとしてインド映画の音楽に合わせて踊る 「ボリウッドフィットネス」が紹介されました。ボリウッド女子のAyakaさんとChiさんの二人が「BOLLYQUE(ボリーク)」というユニットで活動し、ボリウッドフィットネスをYouTubeで発信したりオンラインレッスンもされています。今回は、楽しくフィットネスが出来る「BOLLYQUE(ボリーク)」のチャンネルをご紹介いたします。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
インド在住歴3年のゆりさんは、現地採用のOLとして平日は就業し、休日にはインドの今を発信するYouTuberです。インドでOLをするようになったきっかけは、旦那さまがインドで起業するので、現地に一緒に行こうというものだったそうです。今では、インドの今を発信するYouTuberとして、名を知られるようになり、日本のテレビ番組にも時々出演されています。最近では、2020年11月にTBSの「世界比べてみたら」で、インドならではのマクドナルドのメニューについて、食レポをされていました。

この記事の続きを見る


Doritosとは
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
Doritos(ドリトス)は、元々アメリカで発売されたスナックメーカーでその歴史は1966年から始まっています。本土アメリカではメジャーのスナックで、どのスーパーやコンビニ、デリに行っても置いてあるスナックです。ドリトスのチップスは、全てがトルティーヤチップスで、とうもろこし粉でできています。

この記事の続きを見る


ガーデンズバイザベイ
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
今回はガーデンズバイザベイへ行ってきました。シンガポールのかの有名なホテル、マリーナベイサンズホテルのすぐそばに位置している巨大植物園です。大人気観光地です。

この記事の続きを見る


マリーナベイサンズホテル
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
今回は誰もが憧れる!?シンガポールの超有名ホテル、マリーナベイサンズホテルへ宿泊してきました。下から見上げると迫力がすごいです。

この記事の続きを見る


観光地としてはずせない王宮はライトアップされた夜がおすすめ。人も少なく幻想的な雰囲気を体感できます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
これまでにタイを訪れた数、ざっと30、いや50回は超えているかもしれません。そんな話をすると必ず「よく飽きないね?」と聞かれるのですが、答えは決まって「まったく飽きない!」。タイは何度行っても新しい発見がある場所。今回はこれから初めてタイを訪れる人にもわかりやすいように、タイの魅力をずらっとお紹介したいと思います♪ まずは首都バンコク。日々進化する華やかな大都会の賑わいの中に、厳かな仏教文化がしっかりと根付いているバンコクは古今の歴史と文化が見事に調和した街。三島由紀夫の『暁の寺』のモデルとなったエメラルド寺院や眩い宝飾で彩られた王宮。街のいたるところにロマンを感じさせる遺跡が残っています。

この記事の続きを見る


チャーミングな黄色の建物が目印、トーレコーヴのビーチ
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/マルメ 
朝、起きぬけに海に飛び込んで波に揺られながらそろそろと目を覚ます。こんな贅沢な一日のスタートはいかが?トーレコーヴでは朝一番、海に行くときには、いつのころからか水着の上にバスローブを羽織るスタイルがお約束となっている。家の目の前の海にジャッポーンとひたる気分で、ちょっと離れたところからも、三々五々、リラックスムードで海へのそぞろ歩きがトーレコーヴでの定番だ。スウェーデン南部のスコーネ地方の西海岸に位置するトーレコーヴ。このあたりは国内でも暖かめの気候が特徴で、海に向ってなだらかな丘や平野が広がっており、森の深い北部に比べて明るく開放的に感じられる。夏ともなれば地元の人はもちろん、夏休みをのんびり過ごそうと、ストックホルムなどからサマーハウスにやってくる人々や、海外からの観光客がひなびた海水浴スポットを訪れる。トーレコーヴならではの環境が大好きだから、訪問客は、地元生活者の日常を土足で邪魔せず、街の魅力をおすそ分けしていただきながら、ストレスフリーの時間を過ごすのだ。

この記事の続きを見る


観光客のみならず市民にも人気のグエル公園。モザイクのベンチからの絶景!ガウディの世界が広がる。世界遺産にも登録されている。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナ観光の面白さは、旧市街のゴシックエリアとまた対照的なモデルニズム建築が立ち並ぶ新市街と様々顔をもつところでしょう。モデルニズム建築の代表とも言えるアントニオ・ガウディの建築はバルセロナ市内に点在し、ユネスコ世界遺産にもアントニ・ガウディの作品群として登録されています。今回ご紹介するのはバルセロナ市民が大好きなグエル公園。現在コロナの影響で海外からの観光客が少ない時期でも、市民が憩いの場として利用している公園です。以前は無料だった公園は観光客が押し寄せ、現在ではガウディの建築が集中するエリアは有料となっています。

この記事の続きを見る


2013年から再開された修復を終え足場が完全に撤去された『アヤ・ソフィア』は、今こそ見頃だ。24年間に渡って視界を遮っていた大掛かりな足場後から、天井部分の熾天使(してんし)の顔がはっきり見てとれる。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
筆者が初めてトルコを訪れた1997年、夢に思い描いていたイスタンブールで最も鮮烈な印象を受けたのが、ここ『アヤ・ソフィア』でした。千五百年近い歳月を経て今もその荘厳な姿を今に伝える『アヤ・ソフィア』は、ギリシャ語「聖なる英知=ハギヤ・ソフィア」のトルコ語読み名称です。当時キリスト教世界最大の聖堂であった『アヤ・ソフィア』は537年、まだこの地がビザンティン帝国の領土だった頃、ユスティニアヌス1世が“ニカの乱”で焼失した旧聖堂を再建し完成させたものです。その後1千年近くギリシャ正教の総本山としてあり続けた『アヤ・ソフィア』も、1453年にオスマントルコ帝国がビザンティン帝国の帝都コンスタンティノープル(=イスタンブール)を陥落させたことで、今度はイスラム教のモスクとして再利用されるという数奇な運命を辿ります。さらに500年近い時が過ぎ、1923年にこの地にトルコ共和国が誕生してから9年後、ムスタファ・ケマル・アタテュルク初代共和国大統領はモスクだった『アヤ・ソフィア』を博物館として公開する決定を下しました。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タイに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介