page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タバコ お土産」の見どころ情報

タバコ お土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タバコ お土産」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


T字路にある、白っぽい建物。北側から見た所。1970年代後半から加速した、レーゲンスブルクの建物の大幅改築。その中でも一番最後に改築されたという。一見シンプルで平凡な建物のようですが、実は大切な重要文化財です。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
ここ、レーゲンスブルクでも最も重要な役割を果たした家系、というのがいくつかありますが、その一つが「ツァント」という貴族です。13世紀に建てられたこの家は、ロマネスク様式に後期ゴシック様式がふんだんに取り込まれたもの。1771年に、公爵一家トゥルン・ウント・タクシスが買い取り、図書室、古文書館として使用していたものを、1812年に売却。それを買い取ったのが、ベアナルド兄弟です。そして、その建物を改築せずそのまま嗅ぎタバコの工場にしたのだとか。嗅ぎタバコを製造する際に、6.5トンもの重さの樽がいくつ置かれていましたが、一つの部屋に複数の樽が置かれても底が抜けない。それはまさにゴシックの天井が、重さを分散させているからなんだそうです。ツァントの家だけでは手狭なので、隣にあったインゴルシュテッターの家を買い足して、1998年まで嗅ぎタバコの工場がありました。2008年、100ほどあった部屋のうち、3部屋をそのまま残し、嗅ぎタバコ博物館として公開するようになったのです。

この記事の続きを見る


レトロな建物は、観光地の新天地などでよく見かける、上海独特の様式。ここで毛沢東はどのような日々を過ごしたのだろうか。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
レンガ造りの家が立ち並ぶ、ちょっとレトロな雰囲気の茂名北路を歩いて行くと、威海路と交差するあたりに白いアーチの門があり、奥にはレンガ造りの小さな家があります。この周辺ではあまりめずらしくないたたずまいですが、実はここ、中国で最も有名と言っても過言ではないあの人が、短い間ですが住んでいた家として有名なんです。その人とは、死ぬまで中華人民共和国の最高指導者だった毛沢東です。彼が上海で数カ月過ごした家を、私たちも見学することができるんです。

この記事の続きを見る


中にツタンカーメンの仮面が彫られたピラミッド。大中小があります。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/カイロ 
ショッピングセンターや空港に、有名な「スワロフスキー」と似た、キラキラ光ったクリスタル・ガラス(高品質の無色透明のガラス)の製品が置かれているのが見られます。よく見ると、マークが、「スワロフスキー」の有名な白鳥ではなく、ハトのような鳥が羽根を広げたものがデザインされています。これは、エジプトの「スワロフスキー」と呼ばれる、クリスタル・ガラスのメーカー、「アスフール」のお店です。アスフールは、スワロフスキーで働いていた人がエジプトで独立して、1961年に創立しました。日本ではスワロフスキーほどは知られていませんが、そのクリスタル・ガラスの亜鉛の含有量は高く、光沢は素晴しく、その品質は世界中に認められ、様々な国に輸出されています。

この記事の続きを見る


種類の豊富な「KARELIA」銘柄のタバコの一つと、「ASSOS」銘柄の2種類。どちらもギリシャを代表するタバコ銘柄です!
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
ぺロポンネソス半島南部の町カラマタのカレリアス家が1888年に始めた、小さなファミリー・ビジネス。最初は、地元で細々とタバコを売る小さな会社でした。これが現代のギリシャでは誰もが知る、タバコ銘柄「KARELIA」の始まり で、今ではギリシャで一番大きなタバコ生産会社であり、東西ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、中東、極東など世界65カ国へ輸出という、ギリシャ産タバコで一番の輸出量を誇っています。1976年にはR.J.Reynolds社より、ギリシャ国内の「Winston」, 「Camel」の公式な生産会社として認定されました。実は、このR.J.Reynoldsインターナショナルを後に買収したのが日本たばこ産業のJTインターナショナルで、2000年に「KARELIA」がJTインターナショナルとの契約を解除するまで長年の関係が続いていました。

この記事の続きを見る


便利なロケーションなので、考古学博物館のあるダウンタウンへは、車で約5分〜10分で行けます
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エジプト/カイロ 
グランド・ハイアット・カイロは、カイロの中心部に近い、ローダ島の北端に位置します。そのため、41階建てのタワーの方は全てのお部屋からナイル川を望むことができ、特に夜は、色が変化するようライトアップされたカイロタワーが見えて、キレイでロマンティックです! お部屋は落ち着いた雰囲気で、快適で高級感あふれています。最上階にある、駐在者にも人気の展望回転レストランでは、360度変わっていく景色を眺めながら、フランス料理が頂けます。イスラム国のエジプトとはいえ、カイロの3つ星以上のホテルは、アルコールを販売しているのがほとんどですが、ここでは展望回転レストランとルームサービス、ハードロックカフェでのみの提供となりますので、ご注意ください。

この記事の続きを見る


小さな赤ちゃんや子連れでも安心して楽しめるカフェ、ル・プセット・カフェ(le
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリのカフェ……ってtabac(タバコ売り場)が併設してあって、バーっぽくて大人のイメージが強いのですが、今日は小さな子連れでも思いっきり楽しめるカフェをご紹介したいと思います。子連れでの旅行中でもこういうカフェがあるのを知っていると安心して旅行できます。ベビー用品やかわいいおもちゃ、子供心をくすぐるキッズスペースなど、参考になることもたくさん。オーナーマダムご自身も二人の子を持つママさんなので、ベビーカーのスペースや、清潔さなど赤ちゃんや子供のための気配りが隅々まで行き届いています。子連れママも、将来のママも、妊婦さんも、お孫さんへのお土産をお探しのマダムも必見のル・プセット・カフェ(le pousette cafe)、ぜひチェックしてみて下さい。

この記事の続きを見る


どっしりと大きな水タバコの道具、これでゆっくりと楽しむ水タバコは至福のひととき
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
最近、日本でも喫煙者は形見の狭い思いをされていることが多いようです。ここトルコも、この5月より、公共施設(病院や学校、市役所に県庁、ショッピングモールなど)の屋内では、全面禁煙になったばかり。でも、トルコは実は禁煙大国でもあるんです。町のカフェや公園ではプカプカ吸っている人をよく見かけますし、私の周りにも喫煙者は多いです。そこで、今回は、喫煙者にお薦めのちょっと変わったタバコを紹介します。『水タバコ』というものです。トルコ語ではナルギレ(nargile)といいます。何やら、ちょっと見慣れない物が登場していますけれど、これが、水タバコを吸う道具なんですよ。

この記事の続きを見る


コレクターも相当いるといわれるマンボのTシャツ。タバコが「私は好きな人を全員殺しちゃったよ」と嘆いているタバコのTシャツは、いかにもマンボらしいブラックジョーク
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
オーストラリアのサーフ系ブランドとして人気のMambo(マンボ)。オーストラリアらしい派手な色使いとユニークなデザインで、オージーだけでなく世界中に熱烈なファンをもつブランドです。1984年の設立以来、政治や宗教、時事などを色濃く現したユニークなデザインを続々と発表。某国の大統領や将軍様をモチーフとしたものや、宗教団体のお偉い様を思わせるものなど、ひとつ間違えばちょっと危険なブラックジョークを交えたものも多数。普段使いで着こなすにはちょっと勇気がいりそうな奇抜なものもありますが、どうしても手に入れたくなる無視しがたいデザインばかりです。

この記事の続きを見る


この花瓶のような物がアラブの煙草シーシャです
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アラブ首長国連邦/ドバイ 
ドバイで街歩きをしていると、時にはぷ〜んと甘くフルティーな香りがします。振り返ると、たいていそこはレストランやカフェのテラス席。そしてそこには、ゆったりとシーシャ(水タバコ)を吸うアラブ人の姿! 日本でもお馴染の一般的な煙草や葉巻も普及してるドバイですが、アラブの煙草と言えば、やはりこのシーシャ(Shisha)です。シーシャは普通の紙で巻かれた煙草とは大きく違い、60cm以上はある花瓶のような物に長いチューブがついた特殊な道具を使って吸います。この道具の形からして、アラビアンムード満載です。

この記事の続きを見る


「タバコ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

一年を通して多くの観光客で賑わうシドニー、物価は東京より少し高いと感じる
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
観光地として人気の高いシドニーは、オーストラリア国内でも物価が高い街として有名です。そもそも面積の割に人口が少ないオーストラリアは人件費が日本に比べて随分と高く、一人当たりの年収も高くなるため、その分物価が高くなるのも当然かもしれません。特にシドニーは、オーストラリア国内でも土地の価格が高い街。それを反映して、ホテル代や家賃も他の都市よりも高めに設定されています。ここでは、そんなシドニー旅行を考えている人のための2019年5月現在のシドニーの物価についてご紹介します。ちなみにオーストラリアは、オーストラリアドルを使用、2019年4月現在で1ドル=約80円です。(以下ドルと表記されているものはオーストラリアドルとなります)

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タバコ お土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介