page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タヒチ」の見どころ情報

タヒチに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タヒチ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果19

1 2 末尾 次へ


地上の楽園タヒチは、楽園のままのようです。早く直行便が復活してほしいものです
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/タヒチ 
新型コロナウイルス感染症に関連して、タヒチは2020年7月15日から、空路で訪れるすべての国からの観光客を、条件付きで受け入れを開始。条件は、国際線出発前3日以内に実施されたRT-PCR検査の陰性証明があり、電子旅行情報システムで事前に行う健康情報登録受領書を提示。タヒチ滞在中は、到着日から4日後に自己検査を実施すること。現地ホテルのPRの方のお話によると、欧米のセレブなゲストはだいぶ戻ってきていて、滞在日程は長期の傾向があるそうです。今月はそんなタヒチのリゾート情報を。憧れの水上バンガローが実はお手頃、かつ、いい雰囲気のリゾートをご紹介します!

この記事の続きを見る


一生に一度は見てみたいモアイ像。エア
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/イースター島 
一生に一度は行ってみたい、イースター島。チリ領なので、南米から入るルートを思い浮かべがちです。北米諸都市で乗り継いで、サンチャゴから国内線で渡る場合、片道だけで計33時間30分。それが、タヒチ島のパペーテで乗り継げば、最短ルート。しかも不定期のチャーター便を利用すれば、日本―パペーテが約11時間。パペーテ―イースター島が約5時間の、計16時間で行くことができます。この不定期チャーター便が就航する際は、各旅行社でパッケージツアーが用意されますが、なんと4泊6日でOK。一大決心をしなくても、有給+週末で行けるかも。ちなみに、イースター島に到着時、パスポートを渡して滞在中は空港に保管されるルールなのにはびっくりしましたが、帰国時に返却されるのでご心配なく。

この記事の続きを見る


背後にボラボラ島の象徴オテマヌ山。水平線にサンセットが沈みます
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/タヒチ 
ハネムーナーの憧れであり、数年後のアニバーサリーに再訪するカップルが増えているタヒチ、ボラボラ島。数ある名作リゾートの中で今回ご紹介するのは、ボラボラ島の西南にある島、“モツ・トゥプア”の静かな入り江に展開するコンラッド ボラボラヌイです。2017年に土台からすべてリニューアルを行い、コンラッドにリブランドしたラグジュアリー・リゾートです。この島の他と違う点は、いろんな視点からラグーンを愛でられることでしょう。ボラボラ島最長の約1キロ続く白砂ビーチから、あるいは丘の上の高い位置から。角度によって海の色はガラリと印象が変わります。ちなみに、ヒルトップからラグーンを一望にできる立地のチャペルは、タヒチでもココだけ。加えて、水平線に沈むサンセットを眺められるのも、ココだけです。

この記事の続きを見る


窓側に座り、タヒチのボラボラ島上空から撮影した写真
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/タヒチ 
待ちに待ったバケーション、旅のスタートである機内の中から快適に過ごしたいですよね。ところで、機内の座席はどのあたりがいちばん快適なのでしょう。ここで触れるのはエコノミークラスについてです。皆さんは窓際(ウィンドゥシートWindow Seat)、通路側(アイルシートAisle Seat)の席、どちらを選んでいますか? エアチケットを予約した時にすでに座席は決められていますが、各航空会社のWEBサイトに入って自由に変更することができます。ある格安ホテルサイトの調査(2018年)ですと、日本人の場合、他国の旅行者に比べて通路側を選ぶ人がかなり多いようで、窓際と通路側の好みは半々、という結果のようです。

この記事の続きを見る


シンプルで機能的そしてかわいらしさも併せ持つ、北欧デザイン好きなら、見ているだけで、こころウキウキ
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
長い夏休みには、サマーハウスの木陰でハンモックに揺られたり、家の裏の森でベリーを摘んだりと、のんびり過ごすことが好きなスウェーデンの人びと。自然と共存し、次世代にその魅力とたのしみを受け継ごうと、自然環境のサステイナビリティにも敏感だ。この精神は、日々の暮らしの生活を彩るものに関しても反映されている。もちろんある程度の期間使える品を手ごろな値段で購入することもあるけれど、一方で、古い品をメンテナンスしながら大切に使い続けることにも長けているのだ。 有名デザイナーのヴィンテージ製品を扱うアンティークショップや、寄付された洋服や家具を販売する赤十字のセカンドハンドショップなどの店舗をはじめ、特に季節のよい週末には街の広場に蚤の市も登場し、道行く人が店先をひやかしている。アンティークショップと聞くと、値段も張るし、量販店に比べ、敷居が高い気がするけれど、ものによって、また商品の年代や質によっては、手ごろな価格の品を見つけることができる。

この記事の続きを見る


オリジナリティ溢れるマカロン
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
『マカロン・グルモン』はもともと南仏イエールで誕生したマカロン専門店です。シェフパティシエを務めているのは創設者であるYannick Lefort氏。彼の作り出す美しく伝統を大切にしながらも独創的なマカロンが評価を得て、2015年にパリ進出を果たしました。店内はカラフルで可愛いマカロンであふれ、ショーケースを眺めているだけでもワクワクします。パリには美味しいマカロンを売っているお店はたくさんありますが、『マカロン・グルモン』は専門店だけあってフレーバーの多さ・オリジナリティでは右に出るものはいないと評判です。

この記事の続きを見る


タヒチ島最大のプールはマナヴァ・タヒチのアイコン的存在。海の向こうにモーレア島を望みます
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/タヒチ 
タヒチへの旅行者はハネムーナーが主流ながら、サーフィンやダイビング、ファミリーやグループでの旅、ビジネストリップなど、幅広いニーズに応えられる貴重なリゾートホテルが、タヒチ島のマナヴァ・スイート・リゾート・タヒチ。タヒチからの帰国便は早朝出発のため、離島に滞在していても最終日はタヒチ島になります。そんなケースにも、やはりオススメ。立地はタヒチ島の西海岸。車で国際空港まで約5分、中心地のパペーテまで約10分。パペーテとカルフールへはリーズナブルなシャトルバスを運行しているので、最終日のお土産調達にも便利です。

この記事の続きを見る


モアイ像が並ぶイースター島での宿泊は、キャンプ場がおすすめ! あるいはツアーのほうがいいかもね
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • 中南米/チリ/イースター島 
イースター島と言えば、モアイ像で有名です。1988年、日本のテレビのクイズ番組で、前知事のセルジオ・ラブ氏が「クレーンがあればモアイ像を起こせるのに」と言った話が放映されたのをクレーン会社『TADANO』の社員が観ていました。そして「自社のクレーンで起こせたらいいのに」と思ったのが発端で、数年後にはそれが実現。イースター島にクレーンを運び入れて、発掘調査に協力することになったのです。以来TADANOでは、十年近くこの活動を続け、おかげで日本でイースター島のモアイ像が、より身近に感じられるようになったのではないでしょうか。イースター島は太平洋に浮かぶ島、チリのサンチアゴ、あるいはタヒチのパペーテから、いずれも飛行で5時間半ほどかかります。チリのサンチアゴまでは30時間、タヒチのパペーテまでは11時間強かかります。タヒチのほうが近いのですが、フライト本数が少ないために、最低でも13日間必要となります。

この記事の続きを見る


ココナッツオイルだけじゃない。今後のヒットはこの地から?!注目の南国、タヒチ島
  • テーマ:
  • ビューティー
トップモデルであるミランダ・カーが愛用していると噂になってから、今とりわけ20〜30代女性に話題のココナッツオイル。ダイエットやアンチエイジング効果だけでなくアルツハイマーの予防効果もあるとのことで、これからはより幅広い世代の人の関心を集めていくのではないでしょうか。そんな注目のココナッツオイルとは、ココヤシ(ヤシの木)の果実の種子の胚乳から採れる油のことです。南国の島・タヒチでは、そのココナッツオイルは今も昔も人々の暮らしの必需品です。

この記事の続きを見る


心と体が癒される、ハワイのパワースポットを訪れる
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ハワイ/ハワイ/オアフ島 
人気の旅行先であるハワイの空の玄関口であり、世界中から人が集まるワイキキがあるホノルル。この都市がある島は言わずと知れた「オアフ島」です。日本でも連日行列ができる人気のパンケーキを食べたり、憧れのブランド品を買ったり、ビーチでのんびりしたりといった楽しみがいっぱい!グルメもショッピングも楽しい島ですが、魅力はそれだけにとどまりません。オアフ島にはパワースポットと呼ばれる場所も多く、心のお疲れを癒すのにぴったりの島なのです。

この記事の続きを見る


1 2 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タヒチに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介