page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「タリン お土産」の見どころ情報

タリン お土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「タリン お土産」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


初夏のタリンは爽やかな気候
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エストニア/タリン 
私がバルト三国の一国であるエストニアの首都タリンに惹かれた理由は、たくさんあります。そのひとつは映画女優ナスターシャ・キンスキー級の美女に遭遇したことです。2016年12月、旧市街の中心ラエコヤ広場にほど近い「オルテハンザ」というレストランの前で、ピーナツ売り(1袋4ユーロ)をしている女性に釘付けになってしまいました。ちなみにこのオルテハンザ、中世の豪商の邸宅をそのまま利用していて、タリンが栄えた13〜15世紀の家屋の様子が伺えます。店内の灯りはロウソクだけ。料理も当時の文献をもとに再現して提供する貴重なお店です。彼女はこの店のスタッフでした。12月に通りかかったときはクリスマスマーケットの季節ということもあり、ピーナツ売り屋台は人だかりで遠くから眺めるのがやっとでした。

この記事の続きを見る


14世紀に建てられたヴィル門は歴史地区の玄関口
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エストニア/タリン 
「バルト三国ってどこ?」という方のために簡単な地理と歴史の説明から。東はロシア、西はポーランドに接し、北欧フィンランドの南のバルト海沿いに北からエストニア、ラトビア、リトアニアと小さな国が続きます。その地勢から様々な国の支配下に置かれましたが、1991年に旧ソ連から独立を回復しました。面積は3国合わせても日本の3分の1にも満たない小さな国々です。そんな国に私が初めて訪れたのは2016年12月、エストニアの首都タリン歴史地区(世界遺産)、夜のクリスマスマーケットでした。旧市街は城壁に囲まれており、13〜15世紀に建てられた建築が保存の良い状態で残っています。赤いとんがり屋根の塔をもつヴィル門を抜けて、市が開かれるラエコヤ広場へ。石畳を歩いて向かう数分の間ですが、目にするすべては古の中世ヨーロッパ! レストランの呼び込みスタッフも当時の衣装を身に纏っています。他のヨーロッパでは決して味わったことのない、得もいえぬタイムスリップ感を体感しました。

この記事の続きを見る


バルト三国は雑貨天国! お土産から自分用まで、楽しいショッピング
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ラトビア/リガ 
バルト三国を訪れてみると、事前には知らなかった雑貨天国でした。隣り合った小さな国同士でも文化が違うせいか、それぞれ特徴ある雑貨が見つかりました。共通点は、どの国でもチェーンスーパー「リミ(Rimi)」を見かけます。大きな店舗だと、日常雑貨類が格安で売られていました。折り畳むとりんごの形になるショッピングバックや、各国の主要観光建造物のミニチュアを購入。名産として琥珀が使用されたアクセサリーや雑貨が、どの国でもジュエリーショップにありました。

この記事の続きを見る


エストニアのタリンにある老舗薬局! 失恋を治す薬と長寿のためのワイン
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エストニア/タリン 
タリンの旧市街の観光の拠点は、ラエコヤ広場。この広場には中世に建てられた旧市庁舎やレストランやカフェが入った建物に囲まれ、いつも人々が多く行き交ってにぎやかな場所。その一角に面白いスポットがあると聞いて、行ってきました。それは1422年に創業され、現在でも営業しているエストニア最古の薬局なんです。その名も日本語訳するすると「市議会薬局」といい、旧市庁舎が現役の時代から、この薬局も人々に薬を販売していたことになります。

この記事の続きを見る


買い物をすませて、同ショップから出てきたリンジー・ローハン
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
コンセプトは「頭の先からつま先まで、すべてが揃うワンストップショップ」。ここは、セレブスタイリストのジェイ・ハーシュさんが経営する「Intuition(イントゥイション)」だ。「ボーイフレンドショーツは、先日、リンジー・ローハンが買っていったわ」「デニムレギンスのようなスラッシュジーンズは、二コール・リッチーのお気に入りね」。このように、店内はセレブが購入していったものばかりが勢ぞろいだ。そんなショップだから、セレブファッション好きなあなたにとっては、外せないショップ!

この記事の続きを見る


「タリン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ハイシーズン、ローシーズン、どちらも楽しみ方はいろいろです
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/アンコールワット 
海外旅行でハイシーズンやベストシーズンというと、訪れる国の気候が一番よい時期です。暑すぎず寒すぎず、雨も少なく観光にもっともふさわしい季節。ローシーズン(またはオフシーズン)とは、逆に雨季だったり、ヨーロッパなどなら1月後半から2月、もっとも寒い時期など、渡航者数が減る時期のこと。航空会社やホテルは、ハイシーズン、ローシーズンの料金をそれぞれ設けています。季節がよく、旅行者が増えるハイシーズンは当然料金が上がり、ローシーズンは反対に安く設定されています。またハイとローの間の、ミドルシーズンもあります。これはその中間の時期です。

この記事の続きを見る


マレーシアンフードストリートのロゴに使われているのは本物の自転車
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/ゲンティンハイランド 
クアラルンプールからバスや車で約1時間。標高1600mに位置するゲンティンハイランドはカジノやホテル、テーマパークやショッピングモールなどを有する高原リゾートとして知られています。数年前まではレトロな印象もあったのですが近年再開発が進み、アウトレットモールができたり、アクセスと観光を兼ねたロープウェイも新設さました。さらにテナント数100以上もあるショッピングセンターのスカイアベニュー(SkyAvenue)やインドアテーマパーク新たな魅力で話題となっています。

この記事の続きを見る


優雅なリゾートを感じさせるヨットハーバー
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エストニア/パルヌ 
「リゾート気分で過ごすパルヌの休日(前編)」からのつづきです。町の西側へ行くと、多くのボートが停泊しているヨットハーバーがあります。私はこのエリアにある「ヤフトクルビ Jahtklubi」というホテルに泊まりました。その名の通り、ヨットクラブをイメージしたホテルで、レストランのテーブルに海図や信号旗が書かれていたり、あちこちに海を感じさせるモチーフがあったりして面白かったです。パルヌらしい宿泊先としては、スパつきのホテルもおすすめです。パルヌでは、昔から泥を使った治療法が有名でした。その流れを汲んで、さまざまなエステを組み合わせたスパつきのホテルもありますから、よりリラックスしたいときはいいですね。リゾートらしくアパートメントタイプの宿泊施設も多く、暮らすように泊まってみるのも憧れますよね。

この記事の続きを見る


タリンから2時間で、バカンスモードに!
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エストニア/パルヌ 
バルト3国のひとつ、エストニア。首都タリンは見逃せない行先ですが、もう1カ所プラスするなら、タリンの南にあり、バルト海をのぞむリゾート地、パルヌはいかがでしょうか。ここは中世の時代から交易の要衝として栄えてきた都市で、現在は保養地として、特に夏には国内外から観光客が訪れます。タリンからは、バスで2時間ほどの距離です。実際に行ってみたら、一大リゾートというよりは郊外の美しい町という印象で、夏の盛りの7月下旬でも落ち着いて過ごせました。いわゆる観光ポイント的なところはすぐに見終わってしまうかもしれませんが、さすがは歴史のあるリゾート、町やビーチを散策してのんびりするのがぴったりです。

この記事の続きを見る


地味な外観からは想像できない美しいルハマー教会の内部
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エストニア/タリン 
「守り神ペコからの夢のお告げで政治の方針が決まる!?/エストニアのセト地方(前編)」からの続きです。神の代弁者であるソーツカは、日頃どんな活動をしているのでしょうか。ソーツカは、毎週2〜3回はある町や村のイベントに必ず参加し、名士の葬儀や結婚式にも出席します。なので、多忙を極め、仕事で忙しい人はソーツカはできないそうです。最近受けた啓示のひとつをソーツカのアールネさんに聞いてみました。この取材で一番聞きたかったことです。「セト地方は、ひとつの自治体としてやっていくほうがいい」という内容だったそうです。現在、セト地方はメレマエ、ミキタマエ、ヴァルスカの3つの地方自治体に分かれており、さらにミッソという自治体の中にもセトの一部が含まれます。ペコ神のメッセージを意識しながら少しずつ動いています、という話もうかがいました。なんと2018年からは1つの自治体になる、という噂も…。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。タリン お土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介