page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チェコ人」の見どころ情報

チェコ人に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「チェコ人」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果57

1 2 3 4 5 末尾 次へ


レストラン「ウ・カリハ」はピンク色の建物で、兵隊服姿のシュヴェイクの看板が目印
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコと言えばビール、ビールと言えばビアホールだ。プラハにはビアホールがたくさんあり、どこを訪れても特別な雰囲気がある。色々な場所をお薦めしたいが今回は、とびっきりのビアホールをご紹介しよう。新市街にある有名なビアレストラン「ウ・カリハ」だ。このレストランは20世紀初頭のユーモア作家、ヤロスラフ・ハシェク行きつけのパブだった所で、彼の代表作『善良な兵士シュヴェイク』に因んだ店として世界に知られている。そのためツアー客が多く、常に色々な国のグループがテーブルを囲んでいる。夜は混むので予約した方がよいが、昼間はまず大丈夫。直ぐ近くにドヴォルザーク記念館があるので、ドヴォルザークに関心がある人は記念館見学の後か先にウ・カリハに寄ってみては如何?

この記事の続きを見る


イヴァンチッツェの中心部にある聖母マリア被昇天教会は町のシンボル
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/ブルノ 
ミュシャの名前で知られているアルフォンス・ムハはチェコのモラヴィア地方出身の画家である。パリで長らく活躍していたためフランス風にミュシャと呼ばれ、フランス人と思われることもしばしば。しかし彼はれっきとしたチェコ人で、1860年にモラヴィアの小都市イヴァンチツェで生まれている。ブルノから21Km南に位置する人口約9000人の地方都市。小さいながらも歴史的な町で、16世紀にモラヴィア兄弟団というフス派の流れをくむプロテスタント信徒団体がここで設立された。19世紀になると産業が栄えるが、現在は小さな静かな町である。そんなイヴァンチッツェに時々観光客がやってくる。それはムハの生家が残っているからだ。ムハの父親は裁判所の下級官史だった。社会的地位は決して高くなく、貧しい生活の中で子供5人のうち3人を結核で亡くしている。

この記事の続きを見る


チェコのプラハでビール三昧! 実はドイツの上を行くチェコ
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
エルベ川に面したチェコの首都プラハは、かつて「黄金の都」と称えられたほどです。これは14世紀にボヘミア王カレル1世が神聖ローマ皇帝に就き、それに伴って首都もウィーンからプラハに移されたからでしょう。この町の持つ重厚さは、なるほど中央ヨーロッパを統治した権勢そのものなのですね。カレル橋から眺めるプラハ城、巨大な聖ビート大聖堂、美しい旧市街の町並み、ブルーのオルロイ天文時計は、そのまま腕時計にしても売れそうなくらい素敵なデザインですね。これほど街歩きがコンパクトにできる町も少ないのではないでしょうか。そしてやたらと目に飛び込んでくるのがパブの看板です。やけに店が多いような気がします。それもそれのはず、チェコ人は世界で一番ビールをよく飲む国民ともいわれているのです。しかも日本のビールの原型となったピルスナービールは、チェコで生まれたビールだったのです。

この記事の続きを見る


日本のビールはここから生まれた! チェコの本場ビール工場に行ってみる
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコと聞いて、何をイメージしますか? チェコには、22年連続ランキング世界1位に輝いていることがあります。それが「1人あたりのビール消費量」です(キリンビール大学レポート2014より)。なんと1人あたり年間225本の大びんビールを飲んでいる計算になるのです。日本人の4倍弱の量もあります。これほどですので、チェコの首都プラハに行くと、ビール居酒屋「ホスポダ」が充実しています。多くの店で取り扱っているビールが「ピルスナー・ウルケル」。喉越しがよく、ホップの苦みがほどよく効いたビールで、多くの日本人が「うまい!」と唸ることでしょう。これこそが、日本のビールの元祖とも言えるビールなのです。お店ではヨーロッパではめずらしく食事も充実していますので、夜毎ホスポダ通いになるかもしれませんね。居酒屋好きの人にとっては、意外と、意気投合できるお国柄なのです。

この記事の続きを見る


高さ22メートルのレストランタワー「タバル」からの眺め。水上コテージ群はカメの頭のイメージ。設計も、オーナー同様、チェコ人建築家が担当
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/モルディブ 
ヌーヌ環礁に2013年12月20日開業したウルトラ・ラグジュアリーなヴェラ プライベート アイランド。チェコ人の銀行家が妻に島をプレゼントしようと、10年間モルディブを旅した末に、ようやく出会ったのがこの島です。地元の言葉で“カメの島”という意味をもち、ちょうど水上コテージ群がカメの頭、直径500メートルの島が胴体のよう。リゾートの随所にカメの甲羅のモチーフや色使いが用いられているのもポイントです。2月には有名セレブもステイ。毎夕に行われるエイの餌付けを体験したそうです。

この記事の続きを見る


現地のことば。ヨーロッパのスラブ語圏ではどうなっているの
  • テーマ:
  • 語学
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
ペラペラとはとても言えないレベルなのですが、私はチェコ語とクロアチア語が少しわかります。このふたつの言語のテキストを並べてみるとよくわかるのですが、よく似ています。実際、私のチェコ人の友人にクロアチア語のテキストを見せたらスラスラと読み上げてくれました。もちろん友人はクロアチア語を習ったことはありません。ですが、意味もわかると言っていました。面白いですね。

この記事の続きを見る


チェコのアートの巨匠ミュシャが滞在した城
  • テーマ:
  • 城・宮殿
チェコの有名な画家といえば、なんといってもアルフォンス・ミュシャでしょう。「ミュシャ」というのは、フランス読みでチェコでは「ムハ」といいます。フランスで女優サラ・ベルナールのポスターを描いて、一躍時の人となった人なので、ミュシャというほうが分かりやすいのですが、チェコの人々は愛情と尊敬をこめてムハと呼びます。ムハは故郷を愛した人で、プラハの市民会館の市長の間はまるごとムハの作品ですし、プラハ城内の聖ヴィート教会にはムハのステンドグラスがあります。地元のために尽くした人でもあるのですね。

この記事の続きを見る


チェコの町ロケットで、文豪ゲーテがかわいい女の子に恋をした
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/カルロビバリ 
チェコの有名な温泉リゾート、カルロビバリの近くにロケットという小さな町があります。ここは、ドイツから続く古城街道にかかっていて、小さいながら古城が残っています。そして、ロケットはドイツの文豪ゲーテゆかりの町としても知られています。ゲーテ・ファンの皆さま、ドイツ国内だけではなく、チェコにも行かなくてはいけませんね。

この記事の続きを見る


チェコの「飲むパン」とは? ピルスナーを作るピルゼンのビール工場
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコでは、ビールのことを「飲むパン」といいます。パンもビールは、麦からできています。麦の種類が違うなどと細かいツッコミはなしということでお願いします。チェコでは朝から開いているビアホールがありますが、朝食がわりにビールを飲む人もいます。朝から晩までビールを飲む国民なので、ひとりあたりのビール消費量が世界一だといわれても当然のことなのです。そんなビール大国チェコで一番有名なビールの銘柄は、なんといってもピルスナー・ウルケルです。

この記事の続きを見る


ネズミにかじられちゃう? 旧東独の車トラバント
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ドレスデン 
ドイツの自動車というと、メルセデスベンツやBMWなどの高級車のイメージが強いですね。そんな高級車の正反対のような車が、かつてドイツにありました。名前をトラバントといいます。かつてドイツが東西に分かれていたとき、トラバントは東ドイツ国民の足でした。東ドイツで男の子が生まれると、トラバントを注文したといわれています。その男の子が成人したときに、ちょうどトラバントが配達されるのだとか。揶揄を含んでいるのだとは思いますが、東ドイツの実情をあらわした話だと思います。さて、そのトラバント、小型で可愛らしい形をしています。綺麗に手入れされたトラバントが、そのあたりに停まっていたら、レトロで可愛いもの好きの女の子に喜ばれそうな感じです。実際、今も多くのトラバントのファンがいます。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チェコ人に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介