page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「チェルビニア アオスタ 移動」の見どころ情報

チェルビニア アオスタ 移動に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「アオスタ 移動」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


フランスの中のベニス アヌシ−の春を告げるカ−にバルは、本場さながらの衣装を身にまとった方々が可愛らしい旧市街を大行進します。参加者が自分で用意した衣装は、とっても素敵でうっとりしちゃいます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ベネチア 
モンブランのお膝元シャモニ−は、スイスやイタリアからのアクセスも抜群に良い場所に位置しています。パリからは、時間帯にもよりますがパリリヨン駅よりフランスの中のベニスと称えられるアヌシ−、または美食の町リヨン乗換えで来るのが主流です。スイスのジョネ−ブ国際空港からは、バスに乗れば直通で来ることが可能。また、スイスのマルティ二からは、モンブランエキスプレスで直通で来る事も可能です。そして、イタリアのミラノ、北イタリア第二の都市トリノからは、SAT社のバスを使い、アオスタ、クールマイヨールで乗り換えて同日中に着くことも可能です。

この記事の続きを見る


「アオスタ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

元気いっぱい、愛嬌たっぷりの蒸気機関車640
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/シエナ フィレンツェ 
まん丸顔にまん丸目玉。ついでにお鼻もまあるくて、開き加減の口元からは「ハーイ!」と元気いっぱいの声が飛び出しそうな彼――愛嬌たっぷりの『きかんしゃトーマス』君。このトーマス君は子供たちに大人気ですよね。でもここトスカーナ州には、子供たちだけじゃなく大人にもファンがやまほどいる機関車くんたちが大活躍しています! 真黒のつやつやの車体も、直径1,5mほどもある車輪もとても頑丈そうで、昔も今も時速100km/hが可能。それでいてやっぱりこちらも愛嬌たっぷり。1905〜1921年に製造された機関車は、それに続く客車も当時使用していたものを整備して再利用。車両全体から歴史が、そしてちょっぴり哀愁も漂うムード満点の蒸気機関車なのです。

この記事の続きを見る


「移動」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ソフィアの町のなにげない通り
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ブルガリア/ソフィア 
ブルガリアの首都、ソフィア。初めて行くとなると、どの程度の都会なのか、物価や治安はどうなのか…わからないこともありますよね。ここでは実際に行って感じた、町や人々の印象をまとめてみたいと思います。訪れた感想をひと言でいうと、ソフィアはとてつもない歴史をもつ、のんびりした都会でした。紀元前から栄えていたという歴史の深さ、そのさまざまな痕跡が残ることに驚きつつ、首都としては静かで、ゆったり過ごせました。美しい街並みには緑も多く、利便性と安らぎを併せもった都市です。

この記事の続きを見る


少林寺の入場料100元(約1600円)には、塔林、少林寺武術館演武庁、十方禅院、達磨洞、初祖庵が含まれる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/少林寺 
少年僧が厳しい修行を経て、身に着けた技を次々と見せてくれるショーで知られる少林寺は、河南省登封の世界遺産です。少林寺は、495(北魏の大和19)年に創建された古刹ですが、建物や歴史よりも修行の厳しさのほうで知られているかもしれません。河南省は、中国の真ん中より東に位置し、登封は、古都洛陽にも近い位置にあります。少林寺を見に行く人は、洛陽の世界遺産「龍門石窟」とあわせて観光する人が多いように思えます。どれぐらい近いかと言えば、洛陽から少林寺周辺の観光だけなら日帰りオッケーの距離です。

この記事の続きを見る


デリー空港には計5ヶ所のプラザ・プレミアム・ラウンジがあります
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
デリーのインディラ・ガンディー国際空港に夜到着し、夜明かしすることになったあなた。どこでどうやって過ごしますか? 床やベンチで朝を待つ? 体力に自信のない方には向きません。空港付近にホテルもありますが、そもそもデリーでは、夜は空港の建物から外に出ない方がよいでしょう。少し値段は張っても安全で確実に休みたいのなら、ラウンジにある宿泊施設に泊まるのがおすすめです。インドの旅は体力温存が何よりも大事ですからね!

この記事の続きを見る


JPスーパーストアのエスカレーターを上がれば子供が喜ぶキッズゾーンが目の前に!かわいい雑貨満載でお土産探しにもぴったり!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
グアムの中心地、PLAZA HOTEL(プラザホテル)に併設している『JPスーパーストア』は最新アパレルからかわいい雑貨など、ハイセンスな品揃えが人気のショッピングスポットです。去年の夏に大幅リニューアルされフロアが一新。白を基調にしたトロピカルモダンの内装は清潔感にあふれ、見た目もスッキリ!商品もカテゴリーごとに分けられているので欲しいものがすぐに見つけられるようになりました。店内は大きくセレクトアイテムとグアムのお土産コーナーの2ブロックに分かれていますが、今回オススメするのはセレクトエリアの中のキッズゾーン。エスカレーター上がってすぐの場所に移動したキッズエリアの充実度は子供はもちろん、大人も夢中になるかわいさです!

この記事の続きを見る


分かりやすいオペラ座前からはバスに乗れるほか、ウォーキングツアーの集合場所にもなっています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
初めて行く場所で、あまり言葉も分からず、電車やトラムなど公共交通機関を利用するのがちょっと苦手という方にお勧めなのが、観光客向けに運行している乗り降り自由な観光バス。ウィーンは観光客が年間を通して訪れる都市なので、観光する時の移動手段も様々用意されていますが、代表的なものがこの黄色いHop on Hop off。2階建てのオープンエアのバスで、日本語を含むオーディオガイド付き。ウィーン市内に4つのバスルートがあり、有効期限を選べるほか、リング通りを走るトラムや、ドナウクルーズ、夜景が楽しめるバスツアー、空港までの移動もオプションで付けられたりと何かと便利なサービス満載の観光バスです。

この記事の続きを見る


ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


レイエ川沿いに建っている
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ゲント 
ベルギーの首都ブリュッセルから快速電車で30分のところに位置するゲントは、ブリュッセル滞在中に、日帰り小旅行で十分に楽しむ時間がある街。ブリュッセルとはまた雰囲気が違う中世の街を探検するには、駅からトラムで街中へ移動した後に歩き回ると便利です。まず立ち寄りたいのはフランドル伯のお城The Gravensteenです。軍事目的で建てられたため、お姫様が住むおとぎ話に出てくるようなお城というよりは、牢獄のような殺風景な魔物が住んでいそうな雰囲気。実際牢獄としても使われた時期もありギロチン台などもあります。オーディオガイドのナレーションが子どもにもわかりやすく、ストーリー性があっておもしろく、聞いていて飽きないのでおすすめです。お城の最上階からはゲントの街を一望できます。

この記事の続きを見る


重さ約37トンの吊り型式パイプオルガン。祭壇の左側手前、地上15mあたりに位置する。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
現在世界最大級の大きさの吊り型式パイプオルガンが置かれているのは、レーゲンスブルクの大聖堂。2009年に設置さられたこのオルガンは、4本の鉄の綱によって吊り下げられており、壁との間にも隙間があります。取り付けにあたっては、教会側が、大聖堂そのものに穴を開けたりすることを嫌ったため、吊り型式という形式で決着したのだそうです。吊り型式のパイプオルガンの中では世界最大級の大きさで、重さが約37トンもあります。パイプの数は5871本というから、すごいですね。元々、このゴシックの大聖堂にパイプオルガンを置く場所がなかったということ、またルートヴィッヒ1世などが、パイプオルガンを置くと、せっかくの大聖堂の造りを隠すこととなるからと設置を嫌ったということもあり、なかなか大きなパイプオルガンが設置されなかったのだそうです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。チェルビニア アオスタ 移動に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介